自己紹介と、HOKUTENとは?


自己紹介

根子岳 パウダー滑降
Photo:根子岳 パウダー滑降   TELEMARKER:HOKUTEN




東京生まれの東京育ち。
父親が長野出身なので、小さい頃から長野には良く行っていた。
釣り自体はいつからやっていたかは不明で、連れて行かれて始めたのだけは確か。
小学校の頃には近所の池に毎週通っていた。バイブルは「釣りキチ三平」
始めての渓流釣りは中学に入ってから。それまでも飯能までは電車で行って清流釣りをしていたから、始めて行ったのはその上流の渓流。
9月の雨で震えながらも初めて一尾の山女魚を手にした記憶は、今も鮮明に覚えている。
その後、フライに嵌り、高速バスに乗って芦ノ湖に通う事になる・・・。

スキー自体も小学校の低学年だったか。万座温泉スキー場が始めてだったのは覚えている。
当時は20度の斜面も滑れないくらいだったが、面白かったのだろう。中学の時にサンケイのスキー教室に行った。
しかし、スキーは交通や道具もあって、本格的にやりだすのは社会人になってから・・・。

小学校の時は写真部だったが、高校の時に写真に興味を持ち始め、釣りで行動して写真を撮るスタイルだった。
ずっとアウトドア遊びばっかりだったが、高校の時までは登山はしておらず、写真に本格的に興味を持ち出してから登山を始めていく。

釣り・写真・登山が重なり合うのが、社会人になって道具を自力で買い揃えられるようになってから。
釣りで行けば釣りに集中して写真を撮っている時間が惜しくなる。釣りで行動するとどうしたって写真向けじゃないエリアに行く事もある。
釣りは釣りとして独立して楽しむようになり、登山と写真とが絡み合い始める。
その頃、スキーにも徐々に行き始め、スキー場からの景色を撮影したりしていたが、雪の山に魅せられ、冬山への挑戦も始めた。
と言っても、一応富士山の雪上訓練には参加したけど、雪山縦走とかそんなレベルではないけど・・・。

スキーと登山。まだこの頃は別々だった。
ある年、ASAMA2000の高峰温泉からクロスカントリーで池の平湿原コースがあるのを知る。
この後の経緯はテレマークの方で述べているが、この時が、「登山、写真、スキー(テレマーク)」がひとつになった瞬間だった。

以後はタマキスポーツで知り合った友人や、まだ少なかったからスキー場や山で知り合った方々と共に行動するようになる。

今のフィールド・スタイルは、夏は鮎釣り、冬がテレマークスキー、秋と春の一時期がフライフィッシングで、3連続で山中雷に遭ってからは夏山は登っていない。
いつか白馬三山縦走をしたいと目論んではいるけれど・・・、鮎釣りが楽しくてね・・・。


さて、今後はどの様に、何に出会って行くのだろうか・・・。



2006年1月 根子岳 アカギヘリ
photo:2006年1月 根子岳 アカギヘリ
↑ページトップへ