こたたかお



NUDO演劇部門代表
1986年うまれ
1999年 中学生の時にボンボン坂高校演劇部を読んでヒロインの真琴ちゃんに憧れて演劇部に入部。しかし肝心の真琴ちゃんは漫画の中にしかいなかった。中学二年生の冬、恋愛とは漫画の中の出来事なのだと確信する。
2002年 恋愛は空想でしかないという思想のもと、高校に入学する。「恋愛なんて俺に関係ないや」と、文学青年らしいニヒリズムに浸っているうちに天羽と一緒にNUDOを結成する。
2003年 天羽と毎日下ネタを喋っているうちに学校から隔離され、周囲に女性の気配が消える。
2004年 受験生なので勉強をする。イラク戦争やら自衛隊派遣やらで戦争反対ムードが日本に漂う。みんながイラク戦争反対に力を注いでいる時に、「受験」戦争反対に力を注ぐ。
2005年 大学に入学するも、友達ができずにNUDOを再開する。
同年10月、早稲田大学にて「ピノキオ」公演





よこたたかおの彼女いない略歴


「人生とは、彼女のいない時間のことである」byよこたたかお
「誰も不幸ではない物語(人生)を読みたいとは思わない」byよこたたかお
「演劇とは、(彼女のいない)人生のことである」byよこたたかお

という名言を残してきた、よこたたかおの彼女いない略歴。

1986年4月、出生。将来に希望を持ちながら誕生。

幼稚園、小学生となに一つ問題なく育つ。恋愛関係の話しがないので省略。

2000年5月、中学二年生。演劇部の先輩に憧れ始める。
2001年1月、中学二年生。好きだった同じクラスの女の子に年賀状のついでにラブレターを送ったら、それ以来口を利いてくれなくなった。
2001年3月、中学二年生。憧れていた演劇部の先輩が卒業をする際に告白をしようと思ったが、既に付き合っている男性がいるということを知って断念。
2001年7月、中学三年生。図書委員長になり、入会してきた後輩をかわいいと思うようになる。
2001年10月、中学三年生。かわいいと思っていた後輩に昼休み、図書室で告白をしたら「無理です」と一言だけ言われ、落ち込む。
2002年4月、高校一年生。高校に入学。入学当初、一週間くらいモテた気がするけど、隣の三浦君と政治の話に華を咲かせていたら、周りから女の子の臭気が消えていった。
2002年8月、高校一年生。好きな女の子ができる。
2003年1月、高校一年生。高校に入学して初めて告白をするが、沈没。
2003年1月、高校一年生。その勢いでNUDOを開始。と同時に同級生の女子からはキモいやつらだと有名になる。
2003年5月、高校二年生。一瞬後輩にモテるが、携帯のメールアドレスを教えるのを嫌がったら途端にモテなくなった。
2004年4月、高校三年生。受験勉強を始め、彼女を作らない正当性をアピール。
2005年4月、大学一年生。「もう恋はしない」
2005年7月、大学一年生。嘘です。きれいな子が同じ学部にいたので授業が終わったら声をかけようと思ったのだが、便意を催して授業を途中退出して、帰ってきたらすでに女の子がいなかったので諦める。

以上。よこたたかおの彼女いない略歴でした。