資料(全てPDFファイル)


( )内の数値は、ファイルのサイズを示しています。
:ファイルには、パスワードが設定されています。

<第58回定例会(2017/11/05・東京(一橋・学術総合センター)>
<第57回定例会(2017/06/23-24・横浜(横浜駅西口カンファレンスセンター)>
 ・案内(438kb)
 ・IWGT Ames subgroup活動進捗状況
  ・IWGT 2017 Flyer v5(0.3Mb)
  ・IWGT 2017紹介(0.1Mb)
   羽倉 昌志 会員(エーザイ株式会社)
 ・OECDガイダンスの紹介
  ・国内外の研究者の意見紹介(1.4Mb)
  ・コメント一覧(0.5Mb)
   加藤 雅之 会員(シミックファーマサイエンス株式会社)
・Fluctuation Ames Test(1.2Mb)
   須井 哉 会員(食品薬品安全センター秦野研究所)
・Ames試験/他試験種ガイドラインの比較(1.2Mb)
   加藤 雅之 会員(シミックファーマサイエンス株式会社)
<第56回定例会(2016/11/16・茨城(つくば・つくば国際会議場)>
 ・案内(128kb)
 ・教育講演
  「化学物質の変異原性を理解するための有機化学の基礎」(1.9Mb)
   望月 正隆 先生(東京理科大薬学部)
 ・「小型Ames試験に関する情報提供およびアンケートのお願い(アナウンス)」(215kb)
   杉山 圭一 会員(国立医薬品食品衛生研究所)
<第55回定例会(2016/07/08-09・品川(品川カンファレンスセンター)>
 ・案内(249kb)
<第54回定例会(2015/11/26・福岡(九州大学病院地区(馬出キャンパス))>
 ・案内(121kb)
<第53回定例会(2015/07/03・東京(用賀・国立医薬品食品衛生研究所)>
 ・案内(296kb)
 ・定例会資料(8.3Mb)
<第52回定例会(2014/12/03・東京(一橋・学術総合センター)>
 ・案内(183kb)
<第51回定例会(2014/06/06-07・東京(目黒・大橋会館)>
 ・案内(136kb)
 ・コロニーカウンターの機器及び関連ソフトの業者による説明と実演(50音順)
   ★家田貿易梶Cドットカウンター(2.4Mb)
   ★家田貿易梶C変異原支援ソフトウェア(2.1Mb)
   ★樺r田理化,Colony Counter R-400(906kb)
   ★潟Gスケーエレクトロニクス, コロニーカウンターPSF-2000(1.1Mb)
   ★絵SIクレオス, 自動コロニーカウンターProtoCOL3(1.3Mb)
   ★絵SIクレオス, ProtoCOL3の精度について(5.4Mb)
   ★三井造船システム技研, ソフト名:MITOX/遺伝毒性システム(8Mb)
 ・講演
  「Ames試験が遺伝子組換え実験非該当となる科学的根拠」(2.2Mb)
   杉山 圭一 会員(国立医薬品食品衛生研究所)
 ・教育講演
  「Ames陽性知見は、発がん性や遺伝毒性リスクを全て同じレベルで示唆するか?(2013 ECVAMワークショップ, 2013 ICEM, 2014 GTA報告)」(1.1Mb)
   森田 健 先生(国立医薬品食品衛生研究所)
<第50回定例会(2013/11/28・岡山(就実大学)>
 ・案内(180kb)
 ・教育講演
  「食品健康影響評価における最近の話題」(1.3Mb)
   山添 康 先生(内閣府 食品安全委員会)
 ・共同研究の提案
  「化学物質の合成に汎用される試薬、触媒及び溶媒のAmes試験に関する共同研究」(109kb)
   羽倉 昌志 会員(エーザイ株式会社)
<第49回定例会(2013/06/07・東京(用賀・国立医薬品食品衛生研究所))>
 ・案内(22kb)
 ・講演
  「労働安全衛生法 新規化学物質届出制度における変異原性試験について」(7.4Mb)
   大淵 和代 先生(厚生労働省 安全衛生部化学物質対策課)
 ・講演
  「食品香料のリスク評価 -国内外の動向について-」(188Mb)
   岡村 弘之 先生(長谷川香料株式会社)
 ・ガイドラインの最新動向
  「医薬品中に含まれる遺伝毒性不純物の安全性評価」(107Mb)
   本間 正充 先生(国立医薬品食品衛生研究所 変異遺伝部)
<第48回定例会(2012/11/28・静岡(東静岡・グランシップ)>
 ・案内(179kb)
 ・教育講演
  「化学発癌:発癌感受性とシトクロムP450」(2.6Mb)
   出川 雅邦 先生(静岡県立大学薬学部 衛生分子毒性学分野)
 ・技術に関する話題提供
  「コロニーカウンターと解析ソフトのご紹介」(5.4Mb)
   亀井範雄 氏(家田貿易株式会社 企画開発部)
 ・「Ames試験講習会(初級者コース)アンケート結果報告」(34kb)
   山田 雅巳 会員(国立医薬品食品衛生研究所)
<第47回定例会(2012/06/22-23・徳島(徳島・ホテルグランドパレス徳島)>
 ・案内(168kb)
 ・ICH最新情報
  「ICHS2(R1)への対応とICHM7の進捗状況について」(678kb)
   山田 雅巳 会員(国立医薬品食品衛生研究所)
 ・教育講演
  Umuテストとそのヒト型薬物代謝酵素遺伝子導入系への応用」(1.5Mb)
   小田 美光 先生(中国科学院生態環境中心)
<第46回定例会(2011/11/20・東京(一橋・学術総合センター))>
 ・案内(96kb)
 ・教育講演
  「改正化審法とスクリーニング・リスク評価」(878kb)
   大久保 貴之 専門官(厚生労働省 医薬食品局 審査管理課 化学物質安全対策室)
<第45回定例会(2011/06/24-25・静岡(浜松・カリアック))>
 ・案内(107kb)
<第44回定例会(2010/11/15・茨城(つくば・つくば国際会議場))>
 ・案内(96kb)
<第43回定例会(2010/06/11-12・東京(両国・パークホテル両国))>
 ・案内(112kb)
 ・BMS投稿箱質疑集(137kb)
 ・総会決定事項(84kb)
 ・研究紹介
  「High Throughput Fluctuation Ames Test Using 384-well Plate」(1.4Mb)
   須井 哉 会員(財団法人食品薬品安全センター)
<第42回定例会(2009/11/25・静岡(清水・静岡県立大学))>
 ・案内(311kb)
<第41回定例会(2009/06/26-27・大阪(新大阪・ホテル新大阪))>
 ・案内(134kb)
 ・講演
  「復帰突然変異試験ガイドラインの比較」(205kb)
   加藤 雅之 会員(株式会社 日本生物科学センター)
  「菌株の保存・管理方法」(1.8Mb)
   中川 恭好 先生(製品評価技術基盤機構 生物遺伝資源部門)
  「L-乾燥標品の取り扱い方」(1.1Mb)
   村松 由貴 先生(製品評価技術基盤機構 生物遺伝資源部門)
  「光(遺伝)毒性について」(442kb)
   羽倉 昌志 会員(エーザイ株式会社)
  「ハイ・スループットエームス試験-Fluctuation Ames Test-」(2.2Mb)
   須井 哉 会員(財団法人食品薬品安全センター)
  「umu testのprescreening法としての有用性について」(458kb)
   小田 美光 先生(近畿大学)
 ・報告
  「陰性対照、陽性対照および最大比活性値の分布(精度管理試験結果から)」(473kb)
   加藤 雅之 会員(株式会社 日本生物科学センター)
<第40回定例会(2008/08/29・東京(用賀・国立医薬品食品衛生研究所))>
 ・案内(107kb)
<第39回定例会(2007/11/28・福岡(小倉・北九州国際会議場))>
 ・案内(82kb)
 ・講演
  「光、特に長波長紫外線の生物影響について、遺伝毒性を中心とした話題提供」(2.3Mb)
   根岸 友惠 先生[岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(薬学系)]
<第38回定例会(2007/07/20-21・群馬(渋川・伊香保温泉きむら)>
 ・案内(103kb)
 ・教育講演
  「カルチャーコレクションであるNBRCの役割と実際の微生物管理」(864kb)
   中川 恭好 先生(製品評価技術基盤機構 生物遺伝資源部門)
<第37回定例会(2006/11/19・大阪(堺・大阪府立大学なんばサテライト教室)>
 ・案内(118kb)
 ・「Ames試験における感受性および精度に関する共同研究−精度管理試験の総括」(478kb)
   加藤 雅之 会員(株式会社 日本生物科学センター)
<第36回定例会(2006/07/28-29・神奈川(新横浜・マルコーイン・新横浜)>
 ・案内(75kb)
 ・招待講演
   「2 標本の 検定に基づくAmes 変異原性試験結果の陽性・陰性の判定」(119kb)
   高梨 啓和 先生(鹿児島大学工学部)
<第35回定例会(2005/11/15・東京(渋谷・青山学院大学))>
 ・案内(102kb)
 ・精度管理アンケート2005集計結果(48kb)
 ・「アッセイに使う菌株について理解を深める」(581kb)
  山田 雅巳 会員(国立医薬品食品衛生研究所)
<第34回定例会(2005/7/8-9・兵庫(神戸・ペアーレ神戸)>
 ・案内(102kb)
 ・「医薬品代謝物(ヒト主代謝物)の遺伝毒性試験」について(46kb)
  羽倉 昌志 会員(エーザイ株式会社)
 ・JEMS・BMSについて(24kb)
 ・Ames試験Q&A(zip形式で圧縮されています・501kb)
<第33回定例会(2004/11/30・長崎(長崎ブリックホール国際会議場))>
 ・案内(7kb)
<第32回定例会(2004/7/9-10・静岡(駿東・労働金庫研修所富士センター)>
 ・案内(7kb)
 ・質問集〜アンケートより〜(11kb)
 ・アンケート(59kb)
 ・共同研究〜タイトル〜(5kb)
  *:まとめ中
<第31回定例会(2003/11/25・三重(津・アスト津)>
 ・案内(27kb)
 ・JEMS・BMSについて(24kb)
 ・特別講演
   「環境化学物質のリスク評価のためには、現行遺伝毒性試験に何が欠けているか」(552kb)
  鈴木 孝昌 先生(国立医薬品食品衛生研究所)
 ・共同研究
  「ヒトS9を用いた共同研究」(63kb)
  「ニトロアレーン,芳香族アミン等の各種化合物に高感度を示すYG株を用いた共同研究」(222kb)
<第30回定例会(2003/07/11・京都(キャンパスプラザ京都)>
 ・案内(9kb)
 ・JEMS・BMSについて(24kb)
<第29回定例会(2002/11/26・東京(千代田・日本教育会館)>
 ・案内(7kb)
 ・特別講演要旨
  「Ames試験の今後のあり方を考える−試験法のハイ・スループット化」(6kb)
  園 明 先生
 ・共同研究
  「ヒトS9を用いた共同研究」(24kb)、
  「ニトロアレーン,芳香族アミン等の各種化合物に高感度を示すYG株を用いた共同研究」(40kb)
 ・JEMS・BMSについて(13kb)
<第28回定例会(2002/06/21・愛知(名古屋・名古屋市立大学薬学部薬友会館)>
 ・案内(10kb)
<第25, 26回定例会(2000/05/19・静岡, 2000/11/13・仙台)>
 ・定例会報告(7kb)
<第9回HAB協議会学術年会のシンポジウム要旨(2002/05/23)>(13kb)

:ファイルには、パスワードが設定されています。

現在、過去の定例会の資料を集めています。
資料をお持ちの方は、ぜひ、 こちらまでご連絡下さい。 よろしくお願い致します。