素材について


●皮革●

革は主に、牛革を使用しています。 一口に牛革といっても、なめし方で風合いはぜんぜん違ってきます。
当工房では手染めによる製品が多いので、染色、カービングに適した染色用の皮革『
タンロー』を
使います。


タンロー
にもソフトなものと、ハードなものがあります。 タンローの特徴として、経年変化によって色が
変わる、という性質があります。 たとえ染料で染めつけてあっても、素材の色の変化には影響されるので
使い込んでいくうちに、使う人の環境に沿った色の変化が楽しめます。

染色が必要ない製品には、
ヌメ革オイルレザーグローリーレザークラックレザーを使います。


ヌメ革は、植物から抽出するタンニン(渋)を使い、長い時間をかけて鞣した、組織が詰まった丈夫な
皮革です。 一般的には染色しない状態の生成りのものを
ヌメ革、と呼んでいますが染色したものもあります。
当工房では、生成りの物を仕入れて、ほとんどの製品はそのまま使いますが、染色して使う場合もあります。
経年、紫外線、使う人の皮脂等の要因で、生成のベージュから、最終的には薄い茶色まで、段階的に
変色していくのが
ヌメ革の特徴です。 これがいわゆる『味』になっていきます。 染色した場合も、薄い色の
場合、下地の変色の影響を受けるので、この『味』は損なわれません。


オイルレザー
は、タンニン鞣しの皮革に、文字通りオイルを浸透させた皮革です。 ヌメ皮よりも比較的
ソフトにしっとりとしています。 当工房では、オイル分がそれほど多くない、『多脂革』と呼ばれるものを使って
います。 色数は数色あり、表面の処理がそれほどきつくされていないので、使い込むほどに変化が現れ
『味』が出てきます。
また、サッと付いた程度のこすり傷ならば、ミンクオイル等で磨けばほとんど目立たなくなる、という特徴も
あります。 定期的にミンクオイル等を塗ってあげれば、ひび割れも起きにくく、長持ちします。


グローリーレザーは、クローム化合物で鞣した皮革で、ヌメ皮やオイルレザーよりも軽く、柔らかいけど
張りのある、小物からボストンバッグのような大きいものまで、オールマイティに使える革です。
色数も豊富で、表面処理がきつめにされているので、少々の水気や汚れには強い、扱いやすい革です。
反面、『味』が出にくい素材でもあります。 今現在、売られている皮革製品のほとんどは
グローリーレザー
の様な、クローム鞣しの革が使われています。


クラックレザーは、革の裏側(床)に、塗料で色をつけて、その塗料が割れることによって出来るヒビ(クラック)
をテクスチャーにした、ユニークな革です。 使っていくうちに塗料が徐々に剥がれていき、独特な『味』が出て
きます。 硬いものから柔らかいものまで、作るものによって、数種類を使い分けています。


その他に、
ベロアも当工房には欠かせない素材です。 ベロアは、皮の表面層の下の部分、『床(とこ)』と
呼ばれている部分を柔らかく仕上げた、袋物や小物に最適な素材です。
色数も豊富で、ポップな作品が出来上がります。

アトリエ銀へ ようこそ!
ホームいろいろカタログ素材・染料アトリエ銀とは?