撮影会レポート


4月8,9日(土,日)
淡路DX

無事終了しました。


●宿泊、撮影会場/ウェスティンホテル淡路
●モデル/菅原尚子さん
●参加費/2万5000円 別に宿泊費が1泊朝食付き税込み1万5275円
●募集人数/13名

 関西のDX撮影会では恒例の会場となったウエスティンホテル淡路。その2階ロビーに10時には全員が集合。今回は初参加の方が2名いらっしゃいます。まずは夢舞台のレストラン街の赤い柱を背景にウォーミングアップ撮影。とはいっても尚子さんのかなり胸の開いた服にドキッ!。続いてコンクリートの中庭に降りる階段では、建物からの明るい反射光が大きな天然レフ板となり、それだけでいい光が。当日は結婚式が何組も行なわれ、その参列の人たちが遠目の見物です。日の当たる階段でも逆光で撮影し、お昼が近付いてきたのでいつものイタリアンレストランで昼食。そしてビール。
 午後は花一杯の夢舞台で、好天にも恵まれ、のどかで、気持ちのいい屋外撮影会です。4ケ所のシチュエーションで撮影しましたが、この時期の夢舞台は本当に花がきれいで、まさに写真撮影には夢のような舞台です。そしてホテルにチェックイン。
 最初の室内撮影は、明るいカーテンを背景に背中が紐のキャミソール。そして真っ赤なワンピースでは、二重にした布を背景にしたり、フロアスタンドのそばに立ったり。後半のアンニュイでセクシーな仕草、そしてソファに腰掛けての足上げポーズはババロアの真骨頂です。6時半頃記念写真を撮影して、初日の撮影会は終了。
 7時頃、全員がタクシーで近くの磯料理屋に移動して夕食。その帰りにコンビニに寄って各自が飲み物を購入。私たちの部屋での懇親会は11時ころまで続きました。
 二日目最初の撮影は、ベッドの上から背景にかけて青い布を掛け、黒いキュートなミニのドレスで。ときに明るく、ときに切なく、尚子さんのさまざまな表情は、後で写真を選ぶ楽しさになります。そしてフロアスタンドの横に立った姿は、まさに動く人形。均整のとれたスタイルと愛くるしい表情。そんな姿を、みんなでわいわいおしゃべりしながら撮影できるのが、ババロアDXの楽しいところです。次はチューブトップに着替えてベッドに。2枚の布を掛けていかにもベッドの中のように。ジーパンをはいていますが写真には写りません。
 客室内最後は白のトップスにエンジのミニスカートで元気な絵。12時にチェックアウトをしましたがレストラン街が異常な混み具合なので、ホテルのバンケットルーム前の金色の壁や大きな緞帳の前で。外光が入るところではそれも利用して、さまざまな背景と光で白の姫服で撮影。ここはウエスティンホテル淡路の名シチュエーションです。1時過ぎにレストラン街に行ったところ、ちょうど席が空いて全員が昼食にありつけました。
 それからの撮影は、場所をホテル正面、海側の公園の入り口まで歩いて移動、参加者の中本さんが乗ってきたピカピカの大型バイクを利用させてもらいました。バイクにまたがったり、その前にしゃがんだり。それを思い思いの撮影ポジションから撮影。最後は黒のニットのワンピースを石の壁で、そして芝に仰向けになって。4時半頃ホテルに戻って解散となりましたが、今回も、アッという間の二日間でした。そして尚子さんの挨拶も「メチャ!楽しかったです(^^)」。

 

トップへもどる