撮影会レポート


5月27,28日(土,日)
猪苗代DX

無事終了しました。


●宿泊、撮影会場/ホテル リステル猪苗代
●モデル/香月 彩さん
●参加費/2万5000円 別に宿泊費が1泊2食付き税込み1万6800円,
●参加人数/12名

 猪苗代湖の北東、スキー場の麓にそびえる、リゾートホテル リステル猪苗代。予報では曇りのち雨でしたが、実際は日が差すほどいい天気に。そこで午前中の撮影は近くの渓流のそばの林の中で。ハンモックにのったり、せせらぎを背景にしたり。彩さんの衣装は、はじめはチロリアン風のトップスにGパン、そして淡い黄色のロングスカートでした。ホテルの和食レストランで昼食をとりましたが、一同にとる食事も、また楽しいものです、午後はホテルのプール周辺で。2ケ所のモミジをシチュエーションにし、そして青いプールを背景に。ここだけを切り取ると、まるで沖縄のようです。2時過ぎにチェックイン。そしていよいよ室内撮影です。
 カーテンを背景にしたり、ソファの袖に腰を掛けたり。撮影をしている彩さんの部屋は、客室としてはいちばん上の17階。遠くに猪苗代湖を臨む、すばらしい眺めです。途中、エレベーターホールでも撮影しました。こういったパブリックスペースでの撮影では、ホテルのスタッフの方に立ち会ってもらえたので安心です。室内で6時過ぎまで撮影し、7時からレストランでバイキングの夕食。その場でいろいろな調理をしており、焼き立てや作り立ての美味しいこと。料理でも評判のホテルですが、それを実感しました。口は食べたいのだけれど、胃袋がもう受け付けません。食後はホテルの売店で各自、飲み物を購入して、私達の部屋で懇親会。今回がババロアへの参加が2回目という人も、もう旧知の仲間といった感じです。懇親会もお開きとなったあと、露天風呂に行きましたが、猪苗代の夜景を見ながらの入浴も格別でした。
 二日目は午前9時から彩さんの部屋で撮影。ベッドに青いサテンを敷き、次は赤いサテンを敷いて黒いロングスカートを広げて。床に赤い布と白の透けた布を敷いたところの撮影では、彩さんの体を反ったポーズが絵になります。また背中を紐で結んだトップスでは、彩さんのポーズが一見古風な絵画のようです。そして今回初めて試みたのが、トレーナーの襟ぐりをカッターで切り裂き、見せヌーブラをちらりとのぞかせた
写真です。水着よりも何故かセクシー、これも女性写真のおもしろいところです。
 12時にチェックアウト、荷物を預けたり車に移して、昨日と同じ和食レストランで昼食。そして午後1時から3時までの2時間はホテルの会議室で撮影です。1万5000円の使用料が要りますが、壁や窓際がシチュエーションになり、そして広いのでゆったりと背景が設定でき、自由に動き回ることができます。吊るした背景は青い不織布、そして赤。ここでは三つの衣装で撮りましたが、銀色のサテンの布を巻くようにして後ろで結んだところ、これが何とも可愛らしくてセクシーな衣装に。赤い背景に赤いロングドレスでは、かがみこんだり、うつ伏せになったり。2時間がアッという間に過ぎました。 最後の1時間は、そのままの赤いロングドレスで、ホテルの応接コーナーと広い廊下で撮影。
 日曜日は前線の通過で荒れるという予報。にもかかわらず午前中から早くも晴れ間が…。との喜びもつかの間、予報通りに、それからはほぼ一日雨でした。という意味では会議室を予約しておいて正解でした。今回は前日に一人が体調不良でキャンセル、そして初日の昼にもう一人、急用で急きょ帰らざるを得ないことになってしまいました。でも運命には従わざるを得ません。その分、必ずや、いいことがあるというのが、私の信条です。

 

トップへもどる