撮影会レポート

8月23,24日(水、木曜)
八ヶ岳DX

●撮影会場/ペンション・イメージハウス、八ヶ岳自然文化園
●モデル/かりなさん、菅原尚子さん
●参加費/2万9800円 ほかに4食付き宿泊費9500円

 前日の不安定な天気に比べれば、とりあえずは太陽が顔を出してひと安心。ただ太陽が雲に入ったり出たりで、その都度レフ板を銀レフにしたり白レフにしたり。参加者の八木さんがどうしても撮りたいと用意した、よしずのシチュエーションで尚子さんは浴衣姿。そのとき、
かりなさんは黒のボディコン風という対照的な衣装。いろいろとシチュエーションを変えましたが、参加者の真っ赤な車のところでは、これもいい絵になりました。そしてアッという間にお昼。
 ペンションで昼食をいただきましたが、このときすでに持ち込んだビールを‥‥。午後の撮影もペンションの庭で。尚子さんを撮ったり、かりなさんを撮ったり。参加者15人で二人のモデルが撮影できるのですから豪華です。途中で衣装を変えて4時過ぎまで庭で撮影し、そして室内撮影。これからは食堂横の部屋がスタジオになります。ここではモデルはひとり。そしてもう一人のモデルを各自持ち時間10分のマカロニ撮影。個人撮影のことをババロアではマカロニと言います。すると中には二人で20分、3人で30分というグループでの撮り方が出てきました。これはなかなかいいアイディアです。自分達で決めたシチュエーションで撮れるのですから、いい勉強にもなります。 かりなさんも尚子さんも、可愛く、そしてセクシーな衣装。これこそ、ほかのモデル撮影会ではまずあり得ない、ババロアならではの魅力です。
 そして午後7時頃からいよいよお待ちかねのべーべキュー。庭の冷蔵庫に運ばれた冷えた缶ビールやソフトドリンクで全員カンパーイ。すでに焼き上がった虹鱒をほおばり、骨付きソーセージ、そしてとり肉。二人のモデルも撮影会では絶対に見られない超〜変顔!まで飛び出ました。楽し〜ッ、おもしろ〜ィ。そしてトウモロコシ、牛肉・・・あ〜ぁ、もう食べられません。食後は食堂で懇親会。以前に撮影した、かりなさんや尚子さんの写真を持ってきて、気に入った写真を渡したり、サインをしてもらったり。そしてかりなさん尚子さんが退座したあとも、あんな話こんな話で盛り上がり、はや0時。
 ペンション・イメージハウスは無線LANが設置されており、持参したパソコンで常時インターネットにつながります。そこでCAPAオリジナルの自由雲台を私が持って行ったことで、その実物を見て、即申し込んだ人もいます。
 二日目は9時半頃から撮影開始。皆でかりなさんを撮影している時は尚子さんのマカロニ、尚子さんを皆で撮影している時は、かりなさんのマカロニ。午前中だけで衣装はそれぞれ3パターン。12時半頃まで撮影し、ペンションで昼食。それから八ヶ岳自然文化園に向かいました。
 丸い柱をシチュエーションに、二人のモデルを効率良く撮影します。そして林の中に移動して、かりなさんは新しい姫服。真っ白で清楚なその姿が緑の林の中では、まさにメルヘン。このとき尚子さんは大好評のサーモンピンクの衣装。ここでもマカロニは続きます。尚子さんも白い姫服に着替えてススキの前で。さすがに高原、やは秋の気配です。かりなさんの最後のマカロニが終わって最後にモデル二人のツーショット。そして全員で記念写真。終わったのは予定を約1時間も過ぎた午後5時過ぎ。というのも、これは電車で参加の人たちが乗る電車にあわせての時間延長でした。そしてワンボックスカーで参加された加藤さんが駅まで送ってくださいました。
 今回の八ヶ岳DXでは間際になったころにキャンセルが出て、一時は赤字を覚悟したのですが、幸い定員になりました。夏休みとはいえ、平日がネックになったかもしれません。でも参加された方には、素敵なモデルを二日間で実質約10時間も撮影していただきました。またバーベキューも楽しかったし、食堂のコーヒーも飲み放題でした。というわけで、今回もペンション・イメージハウスには、大変お世話になりました。

トップへもどる