撮影会レポート


4月21〜23日(土〜月曜)
沖縄DX
●モデル/菅原尚子さん
●宿泊、撮影会場/沖縄、ラグナガーデンホテル
●参加費/3万円 旅費は出発地によって異なりますが、2朝食、1昼食、1夕食付きで6万円前後

 ババロアとしては初めての沖縄。参加者は東京から7名、名古屋から2名、大阪から5名、鹿児島と沖縄本島から各1名です。各出発地から那覇空港に午後1時過ぎに集合。タクシーに分乗してラグナガーデンホテルに向かいます。本来なら一年のうちでもっとも快適な季節の沖縄のはずが、週間予報では日、月曜は曇と雨。いいのは初日のみということで、3時半ころからホテルの庭で撮影開始。曇ってはいますが暖かく、さすが沖縄。水に足を浸けての撮影もできました。昨年よりもスレンダーになった尚子さんは、相変わらずキュートです。さまざまなシチュエーションで撮影し、最後は日没後のプールサイドで照明装置クールライトをセット。レストランなどホテルの明かりを背景に撮影しました。こういった写真が撮影できるのも、さすがリゾートホテルです。午後8時からホテルのレストランでテーブルを一つにつないで夕食。琉球料理と洋食を折衷したコース料理ですが、これがまた美味しいの何の!。きれいな写真、そして美味しいご馳走と、もう最高。ビールがすすみます。夕食後は客室で懇親会。何人かがホテルのコンビニでお酒やおつまみを購入したので溢れんばかりの量。いつもは12時にお開きとなるところが1時半まで続きました。
 あくる日は予報よりは遥かにいい天気。風がありますが晴れてきました。まずは水色のプールを背景にオレンジ色のワンピース。シンプルですがネックレスをも含めた色の対比が鮮烈です。そして昨日と同じアレカヤシ。同じシチュエーションでも衣装やポーズを変えると写真も変わります。ということで次は黒のシースルーのトップスで撮影。そして午前最後の衣装は水着ですが、その上にまずは透ける綿のワンピースを着ます。これは以前、那覇の国際通りのアジアン雑貨の店で1000円で買ったものですが、風にたなびいて、いい絵になります。水着だけになってのプールサイドではちょっと強い風でしたが、おかげで髪の毛も流れました。12時からレストランで昼食。バイキングですが、その種類の多さと美味しさに大満足。何人かが生ビールをお代わりするほどで、とにかく楽しい昼食です。
 午後はホテルの庭で1時間あまり撮影し、そして教会で。両サイドの壁が青く照明されたモダンな雰囲気。その前室にはレースのカーテンと鐘。白い姫服で撮影したあとは、青い壁に映えるオレンジのワンピースで午後5時近くまで撮影。ここラグナガーデンホテルの教会ならではの、趣のある写真です。そして私を含めたトリプルで泊まった広めの客室で室内撮影。ゴールドの衣装と室内ならではのシチュエーションで、ここでも尚子さんの魅力は、はち切れんばかりです。7時近くまで撮影し、夕食はタクシーで近くの居酒屋に行って沖縄料理。飲んで食べて一人3000円とは、なんとお値打ち!。そして2回目の懇親会。ここで試作品ですが、ババッグ3のお披露目をしました。
 三日目はさすがに晴れず、午前中は時々雨が降っていますが、室内の撮影がまだまだ残っています。ベッドの間や床に背景紙を敷いたり、足上げのポーズなど、10時半まで撮影し、11時に一旦チェックアウト。昼食は昨日とても良かったことからもう一度、レストランのバイキング。午後1時過ぎからはホテルの計らいで、最上階のラウンジで撮影させてもらうことができました。ゴージャスな雰囲気の中、青い衣装の尚子さんは、まるで動く人形のように魅力的です。最後は大人っぽいセクシーな衣装を着て、午後3時前に撮影会を終了しました。そしてタクシーで那覇空港に向かい、16時台の飛行機で各出発地に戻りました。
 撮影時間は計約15時間近くと、通常のDX撮影会の約1.5倍(これで参加費3万円は確かに安い!)。着た衣装は14着、シチュエーションは全部で28と、さすが2泊3日の撮影会です。二日目の天気は予報が外れ、おかげで南の島らしい、明るい写真も撮ることができました。そして女性写真のすばらしさを数えきれないほど楽しませてくれた尚子さんと、さまざまなシチュエーションを提供してくれたラグナガーデンホテルに感謝です。ホテルから7、8分歩くとビーチがありますが、撮影にはちょっと不向き。それどころかホテルの中で十二
分に撮影でき、しかも食事も美味しいとくれば、このホテルにおけるババロア撮影会、恒例にしたいくらいです。

 


トップへもどる