撮影会レポート


9月8,9日(土,日曜)
豊橋
DX
●モデル/かりなさん
●宿泊撮影会場/ホテル シーパレスリゾート
●参加費/2万5000円 宿泊費(1泊2食付き)1万5750円

 リニューアルにより女性写真のシチュエーションが少なくなった伊良湖ガーデンホテルに代わり、愛知県のババロアDX撮影会の新しい会場になったホテル、シーパレスリゾート。三河湾に面し、豊橋駅から数キロという地の利もあります。今回は愛知県から2名、東京から1名の方が、初めてババロアに参加されました。
 まずはホテル入り口近くの石のモニュメントのところでウォーミングアップ撮影。次にホテル脇のヤシの木をシチュエーションに。ホテルのバスの白い車体がレフ板代わりになります。そしてホテルのプールで、かりなさん初の水着撮影。その鮮烈な姿は眩しいほどの美しさです。ただ、熱中症になりそうな暑さ。太陽の直射光が和らぐテントの中での撮影が主になりました。そしていつも通り、アッという間に12時。ホテルのレストランで昼食ですが、大いに汗をかいた後の生ビールの美味しいこと!。これもホテルにおけるDX撮影会の楽しみの一つです。
 午後の最初はホテルの中庭で、その瀟洒な雰囲気にぴったりの黒いセクシーなワンピースで撮影。2着目は背中が紐だけのワイルドな衣装とジーンズ。少し木に登ったところをローアングル撮影。3時半過ぎにチェックイン。照明装置や衣装などの荷物もみなさんの協力で一気に運び込むことができました。広い和洋室のベッドを移動して撮影スペースを作り、4時40分頃からいよいよ室内撮影。キュートな衣装のかりなさんは、さまざまなポーズで応えます。青いワンピースに着替えて、またいろいろなポーズで6時20分まで撮影。多くの人が大浴場で汗を流し、そして7時、宴会場で夕食。風呂上がりの浴衣姿のかりなさんを真中に、そのそばの席に初参加の人たちを常連さんが勧めています。少しでもコミュニケーションを図って欲しいという、これもババロアの伝統です。食後、ホテルの売店で各自飲み物を購入し、客室で懇親会。以前6×7判一眼レフで撮影した、かりなさんのフィルムをマウントに入れてあげる人も。オリジナルフィルムをあげるとは、太っ腹。
 二日目は二間続きの和室に布の背景を作りスタジオに。室内撮影ではLPLのクールライトを使いますが、今回三脚のベルボンが新しいスタンドを用意してくれました。携帯性が良く、それでいて設置に場所をとらないので撮影会には好都合です。黒い衣装のかりなさん、途中でトップスを着替え、次は床に仰向けに。そして午前最後の撮影は和室のシチュエーションを利用した浴衣。前半はきちっとしたところを撮り、後半は着くずして。調度品の行灯がいい小道具になりました。11時40分に終了し、機材を片付けて一旦チェックアウト。12時にレストランで昼食。
 午後1時過ぎ、ホテル館内には一般のお客さんがほとんどいないことから、2階廊下にあるアジアンリゾート風のコーナーで撮影。かりなさんの衣装はピンクのロングドレス。おとなしいポーズの後の足上げポーズはセクシーかつドレスならではの華やかさがあります。その2階からホテルのロビーに降りてくる階段
でも撮影し、そしてロビーの大きな時計のそばで。そのうちに宿泊のお客さんの姿が見えるようになってきたので撮影場所を外に変え、衣装はピンクのキャミソールとジーンズ。途中でトップスを替え、帽子をかぶるとまた違った印象に。最後の衣装は背中が大きく開いたワンピース。これをホテル海側の桟橋や階段で。4時20分頃、全員で記念写真を撮影して解散しました。
 台風の直撃が予想されたことから心配しましたが、台風は前日、伊豆半島から関東に。それでも今夏の猛暑が長引き、屋外の撮影はかなりの暑さ。参加者や私は手ぬぐいで汗を拭き拭きしている中、かりなさんは涼しい顔で頑張ってくれました。そして室内撮影におけるかりなさんの可愛いらしさやセクシーなポーズはさすが。また今回の撮影では移動に要する時間が少なかったことから、効率のいい撮影会になりました。また来年、今度は涼しい時期に開催します。

   


トップへもどる