撮影会レポート

11月9,10日(金,土)
宮崎かりなDX

●モデル/かりなさん
●参加費/3万円

 11日のフローランテ宮崎におけるババロア撮影会を前に、極々少人数で行なったDX撮影会。参加者は東京と名古屋から各2名、そして鹿児島市から1名。昼前に宮崎空港に集合。鹿児島から参加された方の車と私が借りたレンタカーの2台で移動。途中で昼食をとり、「フローランテ宮崎」へ。その園内でも少人数でなければ撮影できない場所ということで、「花づくり見本園」と、「町並み見本園」の建物の中、などで撮影。ここはフローランテ宮崎ならではのすばらしいシチュエーションです。閉園の5時まで撮影し、その後サンマリーナ宮崎にて黄昏時をストロボを発光させて撮影しました。そして各自ホテルにチェックインし、7時から「みやざき地頭鶏」の店で夕食会。生ビールがのどを潤します。チキン南蛮の美味しさに、かりなさんの目は真ん丸! あれこれ食べてそのあと、全員でカラオケに。かりなさんは以前、歌手としてCDを出したほどの本格派です。
 10日は地元宮崎市から1名が加わって参加者は6名。午前中は日南海岸の侵食した岩をシチュエーションに撮影。周囲には誰もいないのでipodをミニスピーカーにセットしてババロアBGM。屋外でBGMつきの撮影会もいいものです。道の駅フェニックスで昼食をとり、午後は青島のすぐ北にある「こどものくに」へ。パーゴラの丸い柱をシチュエーションにしましたが、夏服で撮影できるほどの暖かさです。次は、こどものくにのミニSLが動いていなかったので線路に立ったところを順光で撮影。するとお客さんが続き、ミニSLはその後ひっきりなしに走っていました。そのそばのコスモスを背景に撮影して、青島に移動。青島亜熱帯植物園のブーゲンビレアのところで撮影して、最後は黄昏時の青島でストロボによるトワイライトシンクロ撮影。
 暖かく、絶好の天気に恵まれた二日間。ごく少人数による撮影会だけに、その撮り易さは格別。かりなさんのさまざまな魅力を写真に収めることができました。こうして二日目の夕食は別の居酒屋で、刺身から鶏料理、飲み物はビールから芋焼酎。そして私にとっては何と言っても「赤霧島」です。 魅力的なモデルと、絵になるシチュエーション、そしてすばらしい
参加者のみなさんたち。これに加えて美味しい食べ物。こんな楽しい撮影会をさせてもらえる運命に、私も感謝している次第です。


トップへもどる