撮影会レポート

11月11日(日)
宮崎

●モデル/かりなさん
●参加費/8000円

 雲一つない真っ青な空。そして穏やかな日射し。最高の撮影日和になりました。夢花館の入り口前に10時までには全員が集合。当日参加の人が2名加わったことで参加者は18名になりました。かりなさんは黒いオフショルダーのミニのニット。いきなりDX撮影会並みの、キュートでセクシーな衣装です。場所を少しずつ変えていきましたが、花づくり見本園の、窓に見立てた四角い開口部分はおもしろいシチュエーションになりました。またこれは白い壁から黒い衣装と、いささかDレンジの広い被写体です。そこでオレンジ色のワンピースにも着替えて、一つ隣の開口部でも撮影。光線もちょうどいい逆光で、周回道路に面しているので広さも十分です。次に近くのベンチで撮影しているうちに、はや12時。夢花館の軽食レストランで昼食をとりました。
 午後1時から「月のガゼボ」の丸い柱のそばで紫色の衣装で撮影。次はガゼボの周囲に植えられたマリーゴールドの花を背景に、ヤマブキ色のトップスで。そして最後の衣装は白の姫服。緑の芝生と真っ赤なサルビア。左の撮影会の状況写真からも、フローランテ宮崎のすばらしさが感じられます。コスモスの前で立ったところ、そしてしゃがんだところ、と秋の花々に包まれての素敵な女性写真を撮影することができました。。

 朝、ホテルからフローランテ宮崎に行く途中、多くの町の人たちが揃いのジャンパー姿で道路の清掃をしていました。そして至る所で耳にした東国原知事の評判。最高の為政者による宮崎を見せてもらいました。そして、たった600円の入園料で、見事に整備されたフローランテ宮崎の庭園にてモデル撮影をさせてもらえる。すべてがすがすがしい気持ちで満たされた、宮崎のババロアでした。


トップへもどる