撮影会レポート



4月19〜21日(土〜月曜)
沖縄DX

●モデル/かりな
●宿泊、撮影会場/沖縄・ラグナガーデンホテル

 昨年、すばらしい撮影会ができたことから今年もラグナガーデンホテルにて開催しました。参加者は首都圏から7名、関西から3名、宮崎から2名、愛知、香川、福岡、鹿児島から各1名と、まさに全国からの集いです。天気は週間予報でもほぼ晴れですが、事実とてもいい天気です。3時半ころからホテルの庭で撮影開始。ガジュマルの木に登ったり、プールそばのベージュの壁や、ヤシの木などのシチュエーションで撮影。そして夕日が見られそうなのでホテルから7、8分歩いた宜野湾トロピカルビーチに。そばの野外劇場ではレゲエのコンサートが行なわれており、その不快な低音には閉口しましたが、そこにたむろする若者たちが、こんなにきれいな人は見たことないと、モデルのかりなさんに見とれていました。アッという間に雲に沈んでしまった夕日を背景にしてのトワイライトシンクロ撮影は、難しかったようです。ホテルに戻ったとき全員で記念撮影。それが左の写真です。午後8時からホテルのレストランでテーブルを一つにつないでもらっての夕食。そしてオリオンの生ビールにワイン、泡盛などの飲み物が飲み放題で1500円とはお値打ち。大浴場でスッキリした後の、ビールはたまりません。食後にホテルの売店で各自飲み物を買い、客室で懇親会。気がついたらもう12時でした。
 あくる日も快晴。まずはプールで撮影し、アレカヤシのところでは彩さんから借りてきた豹柄の衣装で。ワイルドなかりなさんも魅力的で、まさに沖縄ならではの絵です。同じシチュエーションで今度は水着。豊橋DXで好評だったかりなさん自前のピンクの水着が、アレカヤシにまたまた似合います。そしてプールサイドで撮影し、午前11時半に予約をしてあったホテルの昼食バイキングに。この日、ホテルは満室とのことで、混む前の時間帯にしました。アルコール派は全員が生ビール!。爽やかな天気の下で素敵な写真を撮影した後のビールは極上のうまさです。さらにラグナガーデンホテルのランチバイキングは1700円と手ごろな値段ながら種類の多さと美味しさは特筆ものです。
 午後はホテルの計らいで教会で撮影です。ちょうどお昼まで結婚式があり、そのときの花やフラワーシャワーを残してもらったおかげで写真にアクセントが加わりました。お馴染みのウエディングドレスですが、こんな花嫁さんはいない、というポーズは撮影会ならではのものです。教会は両サイドの壁が青い光で照明されておりモダンな雰囲気です。1時間半ほどかけて4つのシチュエーションで撮影。次に黒いミニスカートに着替え、教会では3時45分ころまで撮影しました。そして照明装置を客室に移動して、今度は室内撮影。白いドレスをオレンジ色の背景と電気スタンドをシチュエーションに、そしてバルコニーの白いレースのカーテンを背景にするとハイキーな写真です。衣装を変えたり、布をまとったりして撮影しているうちに空が曇ってきました。夕日は雲に隠れてしまったのであきらめ、昨年と同様、プールサイドで照明をしての撮影にしました。外光が十分にある状態から空が暗くなる7時15分ころまで撮影。こうして撮影会は終了し、夕食はこれも昨年と同じくタクシーで近くの居酒屋に行って沖縄料理。オリオンの生ビールが一杯262円とは、本日のサービスとは言え、安過ぎです。そしてホテルに戻り、2回目の懇親会。
 三日目も晴れですが、室内の撮影がまだ残っています。バルコニーの明るい開口部に背景紙を2枚垂らしたシチュエーション。その背景紙を変えたり、衣装を変えたり、そしてババロアDX定番の、足上げのポーズなど、10時半まで撮影し、11時に一旦チェックアウト。11時半にホテルレストランの和食バイキングで昼食。これがまたまたすばらしい内容です。午後1時から、これも昨年と同様、最上階のラウンジで撮影させてもらうことができました。ここでは衣装は2着。最後の黒いミニのワンピースのかりなさんは、この世のものとは思えないほどの美しさでした。こうして午後2時半に撮影会を終了。そしてタクシーで那覇空港に向かい、夕方の飛行機で各出発地に戻りました。せっかく沖縄に来たのだから、せめて一日くらいは観光をしてもらえれば、と思ってしまうほど、すばらしい沖縄でした。
 今回のラグナガーデンホテルへのANAツアーでは、大阪の北岡さんのお世話になりました。そしてさまざまなシチュエーションを提供してくださったラグナガーデンホテルにも感謝です。魅力的なモデル、絵になるシチュエーション、そして美味しい食事と、まさに三拍子揃った極楽のババロアDXでした。


トップへもどる