撮影会レポート




6月6,7日(土、日曜)
豊田DX

●モデル/かりな
●撮影会会場、宿泊/愛知県豊田市 フォレスタヒルズ
●参加者/14名

 撮影会をしませんかというホテルからのお誘い。以前、ババロアDXでお世話になったホテルの人が、今はこちらに、とのこと。送られてきたパンフレットを見ると、緑がいっぱいの広大な庭、そこにチャペル、そして広い客室。そのシチュエーションの良さから2009年前期最後のDX撮影会を行なうことにしました。ここフォレスタヒルズはトヨタ自動車が100%出資しているスポーツ施設も備えた豪華なホテルです。参加者は地元東海から8名、首都圏、関西から各2名、福島、九州から各1名です。午前10時には全員がロビーに集合。ホテルの計らいで即、広い和洋室にて撮影させてもらうことになりました。ダークグレーの背景を垂らし、広い拡散光面による柔らかい蛍光灯照明。かりなさんの衣装も、いきなりDXモードです。黒いロングドレスに着替えて12時まで撮影。昼食は和室の宴会場で刺身、鱧鍋の豪華2000円の定食。そしてアルコール派は全員生ビール! ホテルにおけるDXは昼から飲めるのが、いい。
 午後はチャペルの近く、外周道路の木立で、木の緑を背景に撮影し、次は滝のある石垣で。途中で衣装を変え、40分ほど太陽の下で撮影したので森の日陰に移動。少し暑いくらいのいい天気ですが、ちょっと移動するだけで、いろいろなシチュエーションがあります。そして3時過ぎ、結婚式が終わったチャペルで撮影。かりなさんはサーモンピンクのロングドレス。チャペルの中でも外でも絵になります。チャペルで4時過ぎまで撮影し、客室に戻って室内撮影。畳の上に金黒の布を敷き、衣装はゴールド。ここでのかりなさんは大人の魅力です。
 そして5時半頃から庭で浴衣の撮影。赤い番傘に夕日が当たり、その鮮やかな赤と背景の緑がきれいなコントラストになります。6時過ぎ全員で記念写真を撮影し、撮影会は終了。大浴場で汗を流し、そして7時から宴会場で、ひとり7000円という超
豪華な夕食。ババロアとしてはいささか豪華過ぎ・・。その後部屋にて懇親会。液晶プロジェクターにて「かりな ババロアの歩み」を上映しました。
 二日目も朝から快晴。今日も午前と午後に結婚式がありますが、その前にバンケットルームの前で撮影。かりなさんの衣装はもちろんウエディングドレス。大階段やバンケットルームの扉などで40分ほど撮影。そして客室に戻っての室内撮影ですが、今回は銀色のカツラです。これは仙台のババロア参加者の女性からプレゼントされたもので、私がかぶると有名な作家風になりますが、モデルがかぶると超可愛い! ということでさっそくDX撮影会で使ってみることに。白いワンピース、そしてブルーのボディコンと、いずれもキュートで、楽しい写真になりました。これで1時間半ほど撮影しましたが、あっという間でした。そして一旦機材を片付けるなどしてチェックアウトの準備。
 11時頃チェックアウトをし、撮影に使わない荷物はフロントに預け、庭に出て撮影。池のほとりで撮影していると、チャペルから出てきた人たちが記念写真を撮影しているところが遠くに見えます。それが左の写真です。炎天下なのでそこそこにして木の下で撮影。レフ板で光を送ることができ、思ったよりも明るい顔になりました。12時昼食ですが、二日目は洋食で1800円。レストランはかなり賑わっており、料理が出てくるのにやや待たされましたが、味は◎。
 午後は、池を越えて庭の奥の方に行き、木の緑や池を背景に撮影。淡いピンクの衣装、そして白のトップスに水色のロングスカート。参加者が時々日陰で休んでいる中、かりなさんは強い日射しの中で、頑張っています。3時過ぎ、ホテルのウッドデッキに移動し、庭や緑を背景に撮影。白いチュニックをミニのワンピースのように着たかりなさんは、爽やかで、そしてセクシー。ここで最後まで存分に撮影し、4時過ぎ、全員で2回目の記念写真。その記念写真の最後はいつもの変顔ですが、最近はいろいろ工夫をしてくる参加者がいて、後から写真を見て初めてわかると言う手の込みよう。これがまた新たな楽しみになってきました。

 今回も魅力いっぱいのかりなさんを撮ることができましたが、多くの参加者から、かりなさんを誉めたたえるメールをいただきました。そのかりなさん曰く「夢の中みたいでした」。モデルにこんなことを言ってもらえるとは、嬉しい限りです。ここフォレスタヒルズは伊勢湾岸自動車道豊田東インターから10分と、東名高速からも近いので車によるアクセスは良く、電車で来た参加者はホテルの人に駅まで送っていただきました。またホテルの人に随時、撮影会をサポートしていただき助かりました。秋にも、またDX撮影会を開催したいと思います。



トップへもどる