平成24819

作成者:入江

 

北水同窓会大阪府支部8月月例会(毎月第3土曜日開催)報告

 

日時:818日 17:00 2000 (3土曜日)  場所:北大会館会議室

支部会員出席者8

大野正浩(S36)、浦谷義博(S45)、入江和彦(S45)、田中文夫(S50)、大村泰治(S51)

佐々木雅人(S56)、佐藤信光(S57)、中田邦彦(S61)

会議内容報告

(1)   630日の合同総会の総括

 全体的には、合格点のもらえる総会であったが、次回開催に向け総括をしておく。

@良かった点

イ、欠席者が2名あったが当日出席者が6名あり、当初95名出席が99名と増える。

ロ、懇親会費、総会開催支援金、年会費等の収入により、支部会計に余裕が出来る。

ハ、今回の総会案内を通じて、メール会員(支部会員外も含んで現在130)が増える。

ニ、出席者が多いため、久しぶりの再会に懇親を深めた会員が多く、喜んで戴く。

ホ、来年本部総会のある愛知県支部から6名が出席され、次回総会出席のお願いを、

  今回出席した会員に要望され、大阪府支部からも積極的に参加することになる。

A反省点

イ、総会開始までの、来賓・本部役員への別室でのお茶接待が、不充分であった。

ロ、総会会場の、前列の来賓席、本部席の表示による明確化をするべきであった。

ハ、別室での二次会の希望者が多く、参加出来ない人が多く出た。そのため、本部

役員の参加者も少なくなり交流が不充分となった。出席者確定方法の再考必要。

   二、懇親会場の席割りを、卒業年順を基本としたため、世代間の交流が少なかった。

途中で、もっと交流が出来るよう、司会者がテーブル移動を促すべきであった。

 (2)北大関西同窓会創立50周年記念行事の案内と参加者状況  

開催日:平成241028()  会場:メルパルク大阪  申込締切日:815

大阪府支部としても、支部メール会員に数回案内している記念事業の参加者の状況

が、北大関西同窓会から、申込締切日での申込者数の連絡が来る。結果は

    総申込者218名  うち同窓生179名(うち水産22名)・同窓生以外39

    出席予定者が300名なので、講演会・懇親会共に、まだ余裕があるので追加

募集を、各団体に依頼したいとのことであった。

  これを受け、大阪府支部として、個人的つながり・個人宛メールを通じて参加を

呼びかけて行くことになる。

 

月例会収支

  会費収入:16,000円、支出:ビール・おかず・部屋使用料・紙コップ・紙皿 14,400

 収支残 1,600円     前回手持残 1,000円      今回手持残 2,600

                                                月例会ページへ