izumihachimanshrine
大祓・夏越祭

日々の暮らしの中で知らず知らずのうちに犯したであろう
罪や過ち、心身の穢(けがれ)を祓い清め、無病息災を祈る
神事を「大祓(おおはらえ)」といいます。
これは毎年6月と12月の2回、その月の末日に行われます。
6月の大祓を「夏越の祓」、12月の大祓を「年越の祓」
ともいいます。
平安時代の法典「延喜式(えんぎしき)」にも、6月と12月の
大祓が記されており、古くから行われていたことがわかります。
 大祓では人形「形代(かたしろ)=紙を人の形に切り抜いた
もの」に名前と年齢を書き、さらにその形代で身体を撫で
息を吹きかけます。
そうすることにより、自分の罪穢を移し、それを海や川に流す
ことで我が身の代わりに清めてもらいます。
 また、神社によっては鳥居の下や拝殿の前などに茅(かや)で
作った大きな輪を設け、それをくぐることで疫病や罪穢を祓う
「茅(ち)の輪くぐり」が行われています。
これは、「備後国風土記」に見られる、蘇民将来
(そみんしょうらい)
が茅の輪を疫病除けのしるしとした伝承に由来します。

トップへ
戻る