■ホームに戻る■

恵照山 浄福寺


浄福寺 本堂


<宗派と所在地>

宗派 浄土宗
住所 京都市上京区浄福寺通り一条上がる

<浄福寺由来>

  延暦年間(782〜806)に京都御所の鬼門除けの寺院として御所の東北に建立された。
興福寺僧の賢憬大僧都を開祖として、本尊には三国伝来の釈迦如来像を安置した。
当時は二十五大寺の一つに数えらていた。

  たびたび火災にあい、建治2年(1276)、後宇多天皇の命によって
一条村雲に再建し「村雲寺」とも呼ばれた。
室町時代末の大永5年(1525)に後柏原天皇より念仏三昧堂の勅号を賜って
浄土宗を兼ねるようになり、後に知恩院の末寺となった。

  元和元年(1615)に現在地に移転した。
現在の本堂は享保18年(1733)の再建で本尊は阿弥陀如来像を安置している。