Graphic DESIGN

RYOJI KAWAGOE Design Studio
デザインとは、一般的に表現処理をいかに美しくすると考えられる場合が多い。それは確かに重要であるがそれだけでは良いデザインは成り立たない。目的、内容などが明快なコンセプトで作られなければならない。また、クライアントのデザインで得られる利益、その先の消費者の利益の追及もデザイナーの使命と考える。
近年、パソコンでデザインが行われるようになった。ソフト上での表現処理を重要視するデザイナーが多く、デザインの基礎教育(デッサン力・構成力などの基礎造形)を受けていない場合が多いと感じる。ホームページなどにその傾向が多く見られ、その目的に合わせたコンテンツ作りが重要だが、その部分の開発を怠っている物が多い。パソコンは道具でありフィニッシュワークのツールである。
私はこの世界に携わり35年になるが、造形的な美しさ、色価のバランスは基本で、常に完成に至るコンセプト、コンテンツ、プロセス、クライアント/その先のユーザーの利益を最優先に考えている。

Art Director / Graphic Designer 川越 了二 プロフィール

1957年 東京 高円寺生まれ
1982年 日本大学 芸術学部 美術学科
     デザイン専攻 ビジュアルコミュニケーション専修 卒業
(株)高島屋 宣伝部 ソニー(株)クリエイティブセンターを経て 2009年独立
----------------------------------------------------------------------------------------------
現在
RYOJI KAWAGOE Design Studio主宰
2012年10月より(株)イデア・インステイテュート デザイン顧問