受動喫煙の相談に応じる弁護士のHP


プロフィール

職業 弁護士(第二東京弁護士会)
現住所 東京都
事務所 東京都千代田区
出身地 岡山県・広島県
好きなもの きれいな空気
嫌いなもの タバコの煙、 花粉症の季節
座右の銘 道徳なき経済は犯罪であり、
経済なき道徳は戯言である。
家訓 人が嫌がることをするな
人が喜ぶことをせよ
診断書 「受動喫煙症レベルV」との診断を受けている。
急性的な症状 咽喉の痛み。
タバコ煙(受動喫煙)を吸った翌日まで継続する。喉内部がヒリヒリし、切れるような痛み。
鼻ではタバコの臭いを感じない低濃度であっても、喉が反応し、喉に不快感が生じる。

喫煙者と会話をする際、喫煙直後はもちろんのこと、喫煙直後でなくとも、面と向かって近接した距離で5分程度会話をしただけで、タンや喉に痛みが生じる。





戻る
戻る