本文へスキップ

●本寺/高野山真言宗[国分寺]
由緒・沿革 ご案内 お知らせ 問い合わせ・アクセス 復興賛助会
先祖供養・開運祈祷・人生相談      先祖供養・開運祈祷・人生相談
詠 歌 講                    
国分寺療術院(血液循環療法)
●ご案内
資料館・特別展示室・寺務所
写真1

写真1
●資料館
 平成20年12月某日柏原市による河内国分寺金堂発掘の説明会が開かれました。その際の現地写真等を展示。
 80年程前に現地(当時は田)より採取された護摩の灰で造られた弘法大師像(高野山奥の院銘記)の寄贈を受け、国分寺講堂に奉祭すると共にそのお写真を展示しています。
 
その他、境内で採取した奈良時代国分寺の瓦片を多数展示しています。

北側窓からは河内国分寺塔跡遺跡、箸墓古墳等著名な古墳に使われている石が切り出されたという芝山が臨めます。

写真1 ●特別展示室
 檀信徒さまより寄贈いただいたお軸を展示しています。
  ・ 英一蝶の鍾馗図
  ・ 東ク平八郎元帥の書 
  ・ その他
写真1 ●国分寺寺務所受付
 河内国分寺のご案内、法事の受付等を致しております。
 お気軽にお立ち寄り下さい。


毘沙門堂
写真1

●主尊「毘沙門天王」
 国分寺処依の経典「金光明最勝王経」に基づき、四天王の長であられる護法神の毘沙門天王を奉祭。
右脇侍、吉祥天女尊。左脇侍、善膩師童子。
国分寺は建立された折り、「四天王護国之寺」と呼ばれていました。
毎月3日 午前11時より護摩供養法要

写真1

●右祭祀「千手観音菩薩」
 真観、清淨観、広大智慧観、悲観、慈観のお働きによって、
 自在のお姿を現され教導して下さいます。

 毎月17日 午前11時より護摩供養法要

写真1 ●左祭祀「大聖不動明王」
こわいお顔に、慈悲のお心。絶ちがたい執着心を断って本心に立ち返らせようと踏ん張っておられます。

 毎月28日 午後1時30分より護摩供養法要       
講堂
写真1 ●講堂主尊「弘法大師」
  三界は客舎の如し 一心は是れ本処なり  (弘法大師)
 
道に迷ったら、お大師さまに会いに来てください。
何かよいアドバイスが得られるかも?

 毎月21日 午前11時より供養法要 御詠歌を奉詠
写真1 ●右祭祀「薬師如来」
 河内国分寺本尊薬師如来を祭祀。
 左は、平成20年5月23日当地由縁の日に示現された霊験あらたかな白龍大~様を祭祀しています。
写真1 ●左祭祀「阿弥陀如来」
 永代供養壇、下壇は一時預かりの納骨堂。

大黒天神
写真1 ●大黒天神と火の谷山の紅葉
 大笑三昧の大黒天神。何かモヤモヤが吹っ切れそう!是非ご利益を頂いて下さい。 

 毎月14日 午前11時より河内国分寺有縁神祇巡拝
すえ福地蔵尊
写真1 ●すえ福地蔵尊
 子々孫々、末代までの福徳無事をお願いしましょう。

 毎月23日 午後2時より御詠歌奉詠。
聖七母稲荷(しょうしちもいなり)
写真1 ●聖七母稲荷大明神
 聖なる七母天に除災招福を祈り、家内安全で、
 家族を守れますように。
 
 毎月14日 午前11時より河内国分寺有縁神祇巡拝

  愛護地蔵尊(小動物合祀墓)

●お地蔵様に護られて、檀信徒さんの大事な家族の一員だった小動物の納骨をさせて頂きます。


  仏足石
講堂参道に安置しています。
ご入滅される80才まで説法されて諸国を歩かれたお釈迦様の御足です。
真言行者はその御足を頂いて礼拝致します。
健全な人生を全うするために、足腰の丈夫を祈って健脚祈願されてはどうでしょうか。

経津主大神(ふつぬしおおかみ)
杜本神社祭神磐座
 火の谷山中腹の磐座。北方の麓には延喜式に記載される名神大社「杜本神社」が再建されている。

由緒・沿革

復興賛助会

東条霊苑
河内国分寺ホーム