洗い張り

| 表紙リフォームシミ・汚れ等 | 仕立て直し等 | お手入れ和装工房丸洗│洗張│しみ抜き

端縫い

一度きものを完全に解き、また一枚の反物に縫い直します。

衿の長さ等の違いにより、長さが足りない場合があります。そのような場合は、布を接ぐことによって、補強します。

この作業をきちんとしておかないと、湯のし時に生地がよれることがあります。丁寧な作業をする店舗を選びましょう。

洗い

豊富な水量ですすぎ洗いをします。

「紋付」を水洗いするときは、「紋場」「紋まわり」が泣きますので、「水洗い」する前に「紋落とし」をします。
そのため、必ず「紋の入れなおし」が必要になります。

きものを傷つけずに、ブラシを滑らかに動かすためには、熟練の技を必要とします。

洗い


生地に優しい自然の豊富な井戸水ですすぎます。

水につけることで、張り詰めた絹糸が緩みます。

絹は生きています。

自然の水の中でゆったりと休息して、汚れをさっぱりと落として、また生まれ変わります

きものは、洗い張りが一番好きです。

左写真は当店を支えてくれているスタッフの1人、「望月さん」です。

張り

緩んだ生地に、また元のように張りをいれ、太陽のもとで乾かします。

長いあいだタンスの中に閉まっておいた、ほこりなどでくすんだきものも、洗い張りをするとまた色合いがさえてきます。

特に紬は素晴らしく生き変わります。

本藍染、草木染のきものは特に、洗い張りを必要としています。

 

洗い張りの効果と目的
汚れ

「しみ」、「汚れ」などで、 「汚れ」がひどくなったため、「汚染」を除去するために洗いに出す場合。

体型の変化

「体型に合わなくなったため」ために、 「仕立て直しをするついで」に、洗い出しておこうとする場合。

定期的な洗い

「長い間タンスの中などにおいたまま」なので、 「きものの保存」のために、一度洗いに出しておこうとする場合。

色彩の再生化

「何となく、色が映えない」ので 、「色彩が真新しくなる」場合。

 

店主から

きものは大変高価なものですが、そのわりに、 「きものの保存、管理」について関心の薄い方が多いようです。

大切なきものに「しみ」や「カビ」がつかない様に注意してあげる と共に「洗い張り」、「しみぬき」、「再生加工」などの 手当てをすることによって、絹が長く生きられるのです。

地味ですが、こうした細かい心をこめたお手入れこそが、 きものにとって一番大切な仕事となります。

きものは手入れ次第で寿命がずいぶん違います。

いつまでも美しいきものを着るためにも十分なお手入れをしてください。

 

 

(C)Copyright,kadowaki syouten,all rights reserved.
きもの処 かどわき