丸生き洗い

| 表紙リフォームシミ・汚れ等 | 仕立て直し等 | お手入れ和装工房洗張しみ抜き加工料表

点検

上前・袖口・衿・裾などを中心に全体的に汚れがないかを点検します。

衿口などのファンデーションの汚れ程度でしたら、この段階で落ちます。

洗い

ドライクリーニングをします。

高価な溶剤をおしみなく多量に使用することにより、綺麗に洗い上がります。

丸洗いの次にシミ落としをする場合。

溶剤を多量に使用することにより、細かいシミもすべて浮き上がり、シミも落としやすくなります。

干す

日陰で風通しのよい場所で乾燥させます。

仕上げ

ふっくらと仕上げます。

仕上がりは、この工程によって大きく変わります。

腕のよい職人の仕上げたきものは、また新しく生まれ変わるものです。

左写真は、仕上げに関しては超一流の職人「広耕さん」です。

 

丸生き洗い

絹のきものは、「ただ洗えばいい」という物ではありません。
一枚一枚生まれも違えば育ちも違います。

丸洗いは石油系のドライクリーニングです。

以前は丸洗いなどは「酷い洗い方」と酷評されていましたが、 近年は技術も向上してごく一般的な着物の洗濯方法となってきました。
しかし、「きものの手入れ」を専門にしていなかったりするクリーニング店等ではまだまだクレームが多いようです。
それは、きものに対する溶剤の選択や量、仕上げに対する認識がまだまだ甘く、結果としてごわついてしまったり、白い生地の部分がくすんでしまったりすることがよく見受けられます。

当店の丸生き洗いとは?

通常のクリーニング店とは使っている溶剤が異なります。
熟練のきもの職人による丸生き洗いは、ただ汚れを落とすのみでなく、ふわりと綺麗に仕上がります。
たいへん高価な溶剤を、適正の分量で限定された枚数のみ使用しているため生地にあまり負担をかけずに、風合いを保つことができます。

丸洗いの特徴としては、きもの全体を洗うだけですから、 汗ジミや濃いシミなどは落ちません。

酷く汗をかいた場合は(特に単衣・夏物)「汗抜き」に出された方が良いと思います。

汗ジミは当初目には見えませんが、時間が経つと黄ばみとなって浮き上がり、 「取れないシミ・汚れ」となる事があります。

それらの「取れないシミ・汚れ」を落とすためには別に「染み抜き」が必要になります。

丸洗いは、何回も行うと生地が痛みますので、洗い張りで絹の蘇生をはかることが重要です。

 

 

(C)Copyright,kadowaki syouten,all rights reserved.
きもの処 かどわき