法律で定める離婚理由―きたむら涼子行政書士事務所

離婚の種類と離婚理由


法律で定める離婚理由 ~裁判離婚の場合は必要です~

裁判離婚を提起する場合、次のいずれかの「法律で定める離婚理由」が必要です。

配偶者が不貞行為をしたとき→ 肉体関係のあるもの
配偶者から悪意で遺棄されたとき→同居しない、生活費を入れないなど
配偶者の生死が3年以上不明なとき
配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき
 →性格の不一致、DⅤ、性的問題、ギャンブル、借金、親族問題、犯罪など

「法律で定める離婚理由」に該当すれば、裁判で離婚が認められるというわけではありません。裁判所が様々な事情から、夫婦関係が修復可能と判断した場合は、離婚を認めないことがあります。

また裁判では、「法律で定める離婚理由」を証明する証拠も必要となります。裁判は、費用も時間もかかります。弁護士へ依頼すると報酬もかかり、調停からの期間も含めると裁判で決着するまで数年かかることもあります。これらの事情により、実際に離婚で裁判を起こすのは、かなり難しいようです。

▲ ページトップへ