離婚の種類―きたむら涼子行政書士事務所

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

  離婚 相続 公正証書 離婚協議書

離婚の種類と離婚理由


離婚の種類 ~離婚の9割が、協議離婚です~


離婚には、大きく分けて3つの方法があります

「協議離婚」

離婚するには、まず夫婦で話し合います。夫婦が離婚に合意し離婚届を提出すれば、離婚は成立します。
離婚の90%が、この協議離婚です。協議離婚では、夫婦の合意があれば、離婚理由は問われません。協議離婚では離婚の取り決めについて、口約束だけでなく、離婚協議書として残しておくと、後々のトラブル防止になります。

「調停離婚」

夫婦の話し合いで合意できない場合、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることができます。(離婚理由は問われません。)調停では、調停委員が夫婦の間に入り、話し合いを進めていきます。合意できれば、離婚が成立し調停調書が作成されます。調停離婚が成立してから10日以内に、この調停調書と離婚届を市区町村役場に提出すれば、離婚の手続きは完了します。調停離婚は、全体の約9%程度になります。

「裁判離婚」

調停で合意できなかった場合、裁判を起こすことができます。裁判離婚は、必ず調停を経た後でないと、提起できません。離婚で裁判に至るケースは、離婚の全体の約1%しかありません。裁判離婚では「法律で定める離婚理由」が必要になります。

▲ ページトップへ