遺言書の保管―きたむら涼子行政書士事務所

遺言・相続     

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


遺言書の保管

公正証書遺言の場合、遺言書は公証役場で保管されます。

自筆証書遺言の場合は、保管場所が難しくなります。第三者が遺言書を隠してしまったり、書き変えてしまったり災害等で紛失する可能性もあります。 また、誰にも遺言書の存在を知らせないでいる場合、せっかく作成した遺言書が発見されないこともあります。

また、公正証書遺言以外の遺言書を発見したときは、遺言書の偽造・変造を防ぐため、直ちに家庭裁判所の検認を受ける必要があります。
(検認を受けたことと、遺言書の有効・無効とは関係がありません。)
検認の手続きを怠った場合は、5万円以下の過料に科せられます。

検認の手続きは、時間がかかるため直ちに相続手続を行うことができません。
これに対し、公正証書遺言の場合は、検認が不要なため、すぐに相続手続きができます。

▲ ページトップへ