遺言の種類―きたむら涼子行政書士事務所

遺言・相続     

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


遺言の種類

遺言には、普通方式と特別方式があります。普通方式には、以下の3種類があります。
(特別方式は、伝染病や船の遭難時における遺言方式で非常に稀ですので、省略させていただきます)。

自筆証書遺言

遺言者がその全文、日付及び氏名を自分で書き、押印します。(パソコンは不可)
自分の都合のよいときに書けて費用もかかりませんが、法律上の要件を満たしていないと、無効になるおそれがあります。また、偽造・紛失の可能性もあります。家庭裁判所の検認が必要です。

公正証書遺言

遺言者が2人以上の証人の立会いをつけて、遺言の内容を口頭で伝えこれを公証人が筆記し、その内容を読み聞かせて、筆記の正確なことを承認したうえ、署名して押印します。費用もかかり、証人2人も必要です。家庭裁判所の検認は不要です。

秘密証書遺言

遺言者が署名・押印した遺言書封印して、公証人へ提出し保管してもらいます。
内容は誰にも知られず、偽造・紛失のおそれもないのですが、法律上の要件を満たしていない可能性もあります。費用もかかり証人も2人以上必要です。また、検認も必要です。
現在この方法は、あまり利用されていません。

▲ ページトップへ