遺言者になれない人―きたむら涼子行政書士事務所

遺言・相続     

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


遺言者になれない人

  • ・15歳未満の人
  • ・遺言能力のない人

*成年被後見人の場合、本心に復したときに医師2人以上の立会いのもとであれば、遺言できます。

高齢の方の遺言書作成では、認知症の問題があります。遺言書作成したときに認知症だったのではないか、後々争われることもあります。また、病気のときに遺言書を作成することは、避けたいところです。不安定な精神状態では、適正な判断をすることは難しいと思われます。遺言書は、判断力のある元気なうちに書いておきましょう。