慰謝料―きたむら涼子行政書士事務所

離婚とお金


慰謝料

慰謝料とは ~DVや不倫の場合請求できます~

不法行為によって、相手に精神的に苦痛を与えた場合に支払われる損害賠償のことです。DVや不倫などがあった場合は、慰謝料の請求ができますが、離婚理由が性格の不一致というだけでは、慰謝料の請求はできません。

慰謝料の額 ~相手が支払える現実的な額です~

請求する相手に経済力がある場合などを除き、相手が現実に支払える額を考えたほうが良いでしょう。過大な金額を請求しても、ないものは払えません。慰謝料の額は、婚姻期間、生活状況、不倫やDVなどの程度によりますので、ケースバイケースです。

慰謝料を請求するのには証拠が必要? ~不貞の証拠を集めるのは難しい~

○不貞の場合
相手が不貞行為があったことを認めて、慰謝料を払ってくれるなら特に必要ではありません。

不貞とは性行為があることなので、「メールしただけ」「食事しただけ」「会っているだけ」などと言われてしまうと、やはり証拠が必要です。ただし、証拠を集めるのは、非常に難しいです。ホテルに一緒に入った写真・クレジットカードの利用明細書・ホテルやレストランの領収書・メール・相手の行動を記録しておくことなどが、証拠としてあげられます。裁判で慰謝料を請求するには、確実な不貞の証拠が必要になります。

○DVの場合
けがの写真、医者の診断書、破れた衣服、DV後の部屋や家具の写真などが、証拠になります。

配偶者への慰謝料請求 ~離婚前に請求しておきましょう~

離婚後3年以内であれば、慰謝料を請求できますが、特別の事情がない限り、配偶者に対する慰謝料の請求は離婚成立前に取り決めておきましょう。ただし、離婚時に慰謝料請求を放棄してしまうと、あとから請求できません。

支払は、なるべく一括にしましょう。分割払いの場合は、短期間に支払うこと、支払方法を具体的に決めておくことが大事です。取り決めをしたら、支払いを確実にするためにも離婚協議書に記載しましょう。

慰謝料の請求ができないケース ~ダブル不倫は請求できません~

以下のケースでは、慰謝料の請求はできません。

・離婚原因が、性格の不一致であるとき
・不倫の原因が、自分にあるとき
・離婚原因が、お互いにあるとき(ダブル不倫など)
・夫婦関係が破綻した後に、不倫関係が始まったとき

夫(妻)の不倫相手に慰謝料を請求したい ~請求は慎重にしましょう~

請求はできますが、特に注意が必要です。
通常、不倫相手に慰謝料を請求するには、内容証明郵便を送りますが、不倫相手が不貞の事実を認めず、有力な証拠もないまま慰謝料を請求してしまうと、逆に名誉棄損や脅迫で訴えられる可能性もありますから、内容は慎重に記載する必要があります。

双方が合意できたら、請求する側は支払を確実にしてもらうため、支払う側(不倫相手)はこれ以上の請求がないことを確認するために、示談書を作成したほうがよいでしょう。

▲ ページトップへ