面接交渉権―きたむら涼子行政書士事務所

子どものこと


面接交渉権(面会交流)

民法等の一部が改正されます。
「親権喪失の制度等の見直し」「未成年後見制度等の見直し」など
詳細はこちらをご確認下さい。

面接交渉権 〜子どもの幸せを最優先に〜

面接交渉権とは,離婚後子どもと別れて暮らす親が、子どもと接する権利のことです。
面接交渉は、親の感情で決めるのではなく、子どもにとって最も望ましい方法を考える必要があります。

面接交渉の方法 〜具体的に決めましょう〜

面接交渉の具体的な内容や方法については,夫婦の話し合いで決めます。

月に何回会うか、電話や手紙などの取り決め、宿泊できるか、学校行事への参加など、条件が決まったら、離婚協議書に記載しておきましょう。離婚後のトラブルを避けるためにも、より具体的に決めておきましょう。

子どもに会わせたくない 〜離婚後よくあるトラブル1〜

面接交渉権は、子供と別れて暮らす親の当然の権利であり、もう一方の親の感情によって子どもに会わせることを、拒否することはできません。

ただし、親と会うことで子どもに悪影響を及ぼす場合や、子どもが親と会いたがらない場合などは、面接交渉の制限や停止を求めることが出来ます。

話し合いで決まらない場合は、家庭裁判所に「面接交渉調停」を申し立てることができます。

子どもに会わせてくれない 〜離婚後よくあるトラブル2〜

子どもに会わせてくれない場合は、家庭裁判所に「面接交渉調停」を申し立てることができます。

なお、面接交渉と養育費の支払いは別問題とされていますが、実際は養育費の支払いがないと、面接交渉の話し合いは難しくなるでしょう。

親が再婚した場合の面接交渉は、子どもの気持ちや生活状況などを配慮したうえで、慎重に行いましょう。親の再婚で、子どもの環境も変わります。新しい生活環境に慣れない子どもにとって、面接交渉がストレスに感じることも考えられます。

▲ ページトップへ