戸籍と姓―きたむら涼子行政書士事務所

離婚の手続き


戸籍と姓

離婚後の戸籍と姓

離婚すると、筆頭者でない妻(夫)は夫(妻)の戸籍から抜けるため、元の戸籍(親の戸籍など)に戻るか、新しい自分の戸籍を作成するかを選択します。

ただし、子どもと一緒の戸籍にする場合は、親の戸籍には戻れませんので、新しい自分の戸籍を作成することになります。(1つの戸籍には、親とその子どもしか入れません。孫は祖父母の戸籍に入れないのです。)

離婚後も夫の姓を名乗る場合は、元の戸籍には戻れず、新しい戸籍を作成することになります。
(戸籍は、同じ姓の者しか入れません。)

婚姻によって夫の姓に変えた妻は、離婚後は原則として旧姓に戻ります。
離婚後も夫の姓を名乗る場合は、離婚と同時に又は離婚から3ヵ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を市区町村役場へ提出します。この届出をした後で旧姓に変更する場合は、家庭裁判所の許可が必要になりますので、慎重に選択しましょう。

子どもを自分の戸籍に入れたい

離婚しても子どもの姓や戸籍は、そのままで変わりません。
母親を親権者として離婚届を提出しても、子どもが自動的に母親の戸籍には入るわけではありません。

子どもを自分の戸籍に入れるためには、まず離婚の際に新しい自分の戸籍を作ります。その後、家庭裁判所に「子の氏の変更許可」の申し立てをします。家庭裁判所の許可を受けたら、市区町村役場へ「入籍届」を提出する必要があります。この手続きは、新しい自分の戸籍を、旧姓で作成した場合・夫の姓で作成した場合のどちらでも必要です。


子の氏の変更許可の申立て

手続きを行うところ
子の住所地の家庭裁判所
申立人・届出人
子が15歳未満→親権者
子が15歳以上→子ども本人
必要書類
①申立書1通
②子の戸籍謄本
③〈子が母の戸籍に入る場合〉

母の離婚時から申立時までの戸籍謄本

*父の戸籍に入る場合は父の戸籍謄本

④印鑑
⑤収入印紙(子1人につき800円)
⑥郵便切手 通常は80円(裁判所で確認して下さい)

入籍届

手続きを行うところ
①・②のいずれかの市区町村役場
①子の本籍地
②親権者の住所地
申立人・届出人
子が15歳未満→親権者
子が15歳以上→子ども本人
必要書類
①入籍届1通
②家庭裁判所の審判書謄本
③印鑑

▲ ページトップへ