再婚したとき―きたむら涼子行政書士事務所

離婚と相続


再婚したとき 〜遺産争いになりがちです〜

親が再婚しても子は相続人となりますが、再婚後の相続関係は、非常に複雑です。
実子、連れ子、養子、再婚相手… 複雑な家族関係で、相続人を整理する必要がありますし、遺産の分け方についても争いがちです。以下は、特にトラブルになるケースです。

  • ●夫に前妻の子がいる場合
  • →前妻の子も相続人となるため、前妻の子と再婚後の家族との間でトラブルになることが多いようです。
  • (夫の生存中に、前妻の子に相続を放棄させることはできません。)
  • 遺言書がないと、前妻の子を含めて、相続人全員で遺産分割協議を行わなくてはなりません。
  • ●再婚相手の連れ子について
  • →養子縁組をしていないと、相続人になれません。
  • 養子縁組をしないで財産を残したい場合は、遺言書を書いておく必要があります。
  • ●お互いに再婚同士である
  • →相続関係を整理する必要があります。

残された家族が争わないためにも、遺言書を書いておくと安心です。遺言書では、誰に何を残すか指定できます。(遺留分には注意しましょう)

  • ●前妻(後妻)の子に多く相続させたい
  • ●養子縁組をしていない連れ子に財産を残したい
  • ●相続人とならない前妻にも少し財産を残したい
  • ●相続のトラブルを避けたい

相続について不明なことがある方、不安に思っていらっしゃる方は、お気軽にご相談下さい。
また、遺言書の作成も行っておりますので、遺言書をどうやって書いたらいいかわからない方、遺言書の作成を考えていらっしゃる方も、ご相談下さい。

▲ ページトップへ