鮎料理お勧めBEST5
鮎は西洋や中華風ではピンとこない。やはり日本料理だ。
とてもシンプルな味付けが似合う魚だ。


1.鮎の一夜干し
川魚があまり好きでない人に一番のお勧め。
冷凍技術がなかった昔、鮮度を保つため、夏場で弱っ鮎の腹ワタを取り、腹開きにした鮎に塩をキツメに振り、暑い石の上に干して置いたのが一夜干しの由来らしい。
開いた鮎を海水と同じ塩水3%に浸し、風通しのよいネット籠に入れて干しあげる。
美味間違いなし。
2.鮎の昆布巻き
お正月に食べるのであれぱ縁起物である子持ち鮎が良いです。
冷凍鮎を解凍し素焼きにします。昆布は水につけて戻します。
かんぴょうは塩もみし、洗って乾かします。鮎を昆布で堅く巻いて鍋にかんぴょうで結んだ昆布巻きを昆布のつけ汁に入れます。
火にかけ沸騰したら火を弱め砂糖、みりん、酒、醤油を加え気長
に煮ます。焦げ付かないよう鍋底に大根を引いて置きます。
3.鮎の塩焼きタデ酢で食す
串を刺し、塩を振り、炭火で焼き上げます。
タデ酢で食べるのが美味しい。ヤナギタデ(ホンタデ)は強い辛味があり、こんな辛い葉にも虫がつくということから、「蓼(タデ)食う虫も好き好き」という諺があります。
葉をすり鉢で下し、ご飯少々とお酢と混ぜたものが、タデ酢です。
タデ酢の辛味は、アユ塩焼きの味を引き立てます。
4.鮎の甘露煮
子持ち鮎を白焼きにする。鍋に焦げ付かないよう竹の皮を敷き、
水とダシ昆布を入れて煮る。

煮立ったところで砂糖、酒、しょうゆを入れて弱火で煮詰め、
仕上げにミリンか水飴を入れて照りを出す。
5.飯ごう鮎めし
川原で、鮎の釣りたてを飯ごうめしで炊き上げるのが
最高においしい。
薄口しょうゆ、塩、酒、みりんを加え、腸ワタを取った釣りたての
鮎を一緒に炊き上げる。
飯ごうのみの写真でごめんなさい。
今年の鮎友釣りは終了しました。必ず掲載いたします。(約束)
実はこのページを作成するのに精一杯でした。(ゴメン)