サイトの切り株
08.Jun'11〜

5月からの公安行事行脚2011っ

というわけで<<
5月から少しずつ防災行事が復活してきたのだ=3

ブログ5月っ<< 6月っ<<
5月からのっ 08Jun↓
6月とかもっ 13Jun↓
3月にはっ 18Jun↓


(08Jun'11)


って事で春の火災予防ページ<<途中だけど,
…書きたい事が多過ぎて手が付けられないのでっ
取り急ぎ5月からの行事ページー=3


110608a

公安軍団.震災対応で軒並み定番行事中止だったけど.
5月に入って少しずついつもに戻ってきたのだ*

まだまだ活動フル駆動モードだそうだけど.
震災報道みていて不安爆裂状態だったので
ナマ隊員軍団に触れあえる事が出来てすごく安心したのだ*


ってか明日は我が身の関東.
これまでの広報や簡閲にとどまらない防災行事が必要じゃね?

「防災訓練」とか「啓蒙」って言うと敷居高いから
行楽としても楽しめる…
ステアーレース<<とかWPFGとか…
っていうか.ブログ
6本ハイパー記事<<の下の方にリンクかけたけど
警察消防スポーツ連名軍団>が,有森裕子氏と組んで被災者ケアの活動まで…


ってか5月には空挺暦18年という大魔王様の会におよばれしたのだっ!
…これはもう仲良くしてくださる
医療系レスキュー軍団と警察消防スポーツ連盟軍団と

3神合せて
奇跡合体

してくれないかしらっ==33

110608b

続くっ!




LOG INDEX
back<<

SATO Takao's sait


(13Jun'11)


ってことでウハウハの公安行事っ=3

110612a


震災対応直中で,今年は交通規制かけるような行事は出来ず.
三社祭や神田祭の宮だしは中止って事だったんだけど,
主要な神事は
やったみたい<<
会場が消防慰霊碑前の浅草弥生祭は
いつもどおり行われた<<し♪

そりゃ日本の祭りったら慰霊や自然への畏敬や恵みへの感謝モードなんだから
こんな時にこそやんなきゃウソじゃね.

てか現代の「祭り」が有ってもよくなくね?
昔の「神頼み」とは違った.
大売り出し見たいな「お祭り騒ぎ」でも無い.
その土地気候風土に根ざした,人々の願いが集うような…



110612b










ってことで









将門からだ祭りーー=3

「かんだ」の名って.将門の「からだ」てのからきているって話も…
江戸総鎮守だしいろいろ有名だし.
この際だからなんかこんな感じとかよくなくね?


110612c


って.

政教が分離仕切れない感じは…

ってんならやっぱり

日本WPFG開催.丸救祭と
その場としてのゲートアイランドネットワーク=3


…みたいな…


LOG INDEX
back<<

SATO Takao's sait


(18Jun'11)


と.上記のからだ祭り,江戸総鎮守にかこつけた
関東庇護の公安組織の防災啓蒙行事のイメージなので.
奉納相撲は関取によるものではなく公安職員大会.
広報,ふれあい目的の有志による参加.
「逮捕術披露とスポーツチャンバラ」などの参加形コーナーも.

みたいな…



んで上野では
大災害展

110618a

科学博物館一部に.
職員,自治体や企業の防災担当者など関係者に向けた登録制特別室.
リアルな危機感を持ってもらう事を目的にし,
死体ゴロゴロ遠慮会釈も容赦もないトラウマ級展示.

全体としては子供どうしでもOK.家族で楽しめる夏休みイベント.

ふれあい防災デーで始まり.9月1日の震災訓練でフィナーレ.


…なんて…





ってところで

「5月から」ネタに進んでしまったので.
ちょー取り急ぎ
春の火災予防ページ<<からの続きー

1103hp1


(6月の日本橋署でも着装体験「ズボンはないんですね」とか言って.
じゃあ.っと出してきてくださった展示物じゃない,隊員さんの一式フル着まくるわ
本郷署で早着展示用のフル装備着込んだ上に早着手本お願いするわだったんだけど==3 春も)

「みやこどり」では着装体験できる防火衣探しに奔走して下さる隊員さんをよそに.
展示用の防火衣ガッツリ着込んで写真とってもらうわ.
二天文出張所では.着装体験コーナーが無いのをいい事に.
「じゃあ自分のを」と言ってくださる防火衣姿の隊員さんをその場で脱がせ.
しかもポンプ車がちょうど出ていってしまった後だったので,
面体をバラのボンベから組み立ててくれている隙にホットなやつをガッツリ着まくるわで
そりゃもうタイヘンなんすから==333


1103hp2

そんなハァハァMAXな公安行事.
警察や自衛隊も一緒の機会も少なくなくってウハウハなのだ*

なかなか共同の活動までは無いけど,
せめて参加隊.他機関の活動見学必須にしてほしいわぁ…
そうすれば自隊の訓練終えてフル装備でハアハア言ってる隊員軍団にどっぷりまみれながら
他隊の訓練見学ができるのに!




…じゃなかった…




臨港署の公開時にドイツの救助資機材メーカーの出展があって.
「自動車メーカーと連携し,車両の方の
”構造”どころか設計の段階にまで遡ったトータルでの救助救出のあり方を考えている」とのお話で,
ちょうど
(警察消防スポーツ連盟さまにお呼ばれした事をきっかけに,仲良くして下さる近代消防さまの)
現在「車両救出法」も連載中だけど,「近代消防」誌>
「ドイツの消防はボランティア.でもいわゆる"ボランティア"という話ではまったく無く…」
という活動方針に関わる現場連携系の記事を読んだばかりだったので.
考えさせられたのだ.

消防行事も「広報」「ふれあい」あるいは個別の「訓練」に留まらない.
一般の参加者.見学者が楽しみながらも"発災シミュレーション"として機能する
総合的な物が有ってもよくなくね?

てか有事対処を俯瞰できる専門機関は以前から.各所から切望されているそうなんだけど.
先の震災をうけ…

…マジどうにかしないと本当にみんな死んじゃわなくね?…


かといって「きちんとスッキリちゃんとしたもの」を創ろうとしたら
いろんな意味で大混乱じゃね?


てかまたオリンピック招致とか言ってるけど.
上記含めた東北の復興と関東震災をはじめとする大規模有事への供えに全力投球.
その一部としての
てかそれをクリアに素早く進めるための牽引役としての.

日本WPFG開催とゲートアイランド

で,オリンピック方から「ぜひウチも日本でやらせてくれ
」と言わせろや!





…って…





しつこいですか?…


でも別ページに永遠続くっ==3






LOG INDEX
back<<

SATO Takao's sait



国際特別救助隊

jfps2!
LOG INDEX
LOG INDEX
SATO Takao's sait
(C) 〜Apr'06〜 SATO Takao Japan