サイトの切り株
04〜.Jun'06
リンク凡例
<< 当サイト内の昔のページ >* 私のサイトだけど外部リンク > 外部リンク

また備忘メモじゃん!


なんかいっこうに画像がまとまらないので.
ってか
画像はso-net photo>におさめてブログにすりゃ
容量一気に数百メガUPなんだけど,
ってかだから
なんで無料のブログやフォトストレージサービスが「ン百メガ」単位なのに
有料会員のホームページのサービスが頑なにデフォルト10メガなのか.
ぜんっぜんわからない…
てか先日「ライブログ神田祭ch」>のフォトコンテスト応募で登録した
ocnフォトフレンド> / >無料は30メガだけど.月300円払えば1ギガ…

ってかso-net photoでアップ出来る写真
一枚最大3メガって事は
そういう巨大写真もアップ前提って事で,
んで
ホームページサービスの方はデフォルトで使える容量10メガって事は
個人サイト作っても入れる写真は3枚程度にしとけって事なの!?
そうなの!?
おしえて!

って

私がさっさと.Mac始めりゃ良いだけの話なんだけどね…

フン!

備忘メモ2

メモっ?


目黒消防演技披露>>
横浜セーフティーフェア>>
AED>>
救助技術大会指導会>>
法務省赤レンガ棟>>


(04Jun'06)

3日の消防演技披露by目黒消防署とか


統合で廃校になった目黒第二中学が
一時消防訓練場として活用される事になったとの事で,
そのお披露目の式典だったみたい.

テープカットならぬワイアーカットに始まり.
3隊の特別救助隊それぞれによる
引き上げ救助,障害物突破訓練や
インパルス(高圧放水銃)のデモ.
消防隊,消防団.災害時支援ボランティア合同の
消防活動訓練があり.
式/訓練終了後は来場者向にけ.
はしご車体験など車両展示.
応急救護,救出救護体験展示などが有った.

式の前にも,救助訓練が行われており,
それを間近で観させてくれた♪
式会場撤収後も訓練塔では救助訓練を再開し,
その様子も見物OKと言って頂いたんだけど.
後ろ髪引かれながらも会場を後にしてしまった;;;

訓練の様子を解りやすく楽しめる様にしてくれたりや,
個別の動作などをばらして解説してくれる公開訓練も
大好物なんだけど,

先の都市型災害対応訓練<<
八都県市合同防災訓練<< <<に通ずる様な,
ヘビーでアンタッチャブルな中にも.

見物に寛容な消防イベントのフレンドリーさいっぱいで
相変わらずカッコ良かった♪



***



会場.中学校跡地ってんで,
もしや
解体現場やそれを使った訓練が!
なんても思ってたんだけど学校は綺麗に残ってた;;

消防庁舎の方もやがて新しくなるそうで
そちらに訓練設備が出来たら,中学校跡地は
訓練に使わなくなるのかもしれないけど,
どうせなら
校舎は一部そのまま残し
(「昭和レトロのノリ」みたいな感じで)
大人の学校と言うか
みんなの放課後系の設備にすれば良いのに…




なんて…




わざと「中学校の教室」そのままに,
カルチャースクール系に開放したり.
小中学生の社会体験.
高校生の公認アルバイト先にしたり…
給食食堂みたいなテナントいれて
「各地各時代給食食べ歩き」したりで,
半官半民のおもしろ「公民館」状態.


なんて…


んでしかも
一時代の学校建築.「校舎」として
それこそ国際子供図書館や明治生命館<<みたいに
余計な演出無くリアルにそのものズバリを
保存した部分を残したら
博物館的にも楽しめそう…

「中学跡地は防災拠点としての機能も有る物にしたいと思う」
といった事にも触れられていたので,
どうせなら「
有事の時の避難所」などとしてばかりではなく.
この際リアルな校舎や新たな建物部で
訓練塔や防災訓練,防災館などで行う物ともまた違った
よりリアルな建物内訓練をしたり.
(ちょっとちがうけど>*(nov'02)とか<<(15Sep'05)とか…)
っていうか消防庁舎も新たな建物内に旧庁舎部を一部保存し,
その時代の建物の資料館,活動訓練場…なんて…

平時に気軽なゲーム感覚で何度も楽しめる.
リアルでバリエーション豊富な避難防災アトラクション
(…のネタはいつかまとめます…)
なぞ組み込んだり…






なんて…







目黒!
MEMO INDEX<<






LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait


(08Jun'06)

6日のヨコハマ セーフティーフェアとか


6日は
ヨコハマ セーフティーフェアに行って来たのだ.
「国際消防防災展」<<が待ち遠しすぎる私は,つい…

出展は少なく,消防演習も無かったので一瞬「え…」と思ったけど.
かえって各ブースを
(「一般です;;」と恐縮しながらも,
どこも丁寧に対応してくれるのをいいことに;;;
カタログだの試供品だの取説DVDだのもらいまくりで)
ゆっくり回れたし,
ヘビーな話だけど簡要でウイットのある語りで興味深かった講演,
「危険から遠ざかる」のではなく「危険」を知った上で,
各人がそれに対処出来るようにしていきましょう.

といった締めで終わった
「巨大地震に備える」を覗かせてもらったりで面白かった*




ミストドラゴン
は重心を低めたり,転倒時用のガードを付けたりと.
(足回りはヤマハの物のままだけど)現場の声を聞きながら進化中.
実際の導入も始まってるとのこと.
トリアージタグのIC化も.音声認識で入力出来たり.
PDAから送ったり,PDAへの入力に使ったペン
(スタイラス)から送れたり,
タグ自体がアノトペン対応だったりと,数社がそれぞれ開発中らしい.

他,IT系から被服回りなどから車両,筒先だの消化剤だのなんだのまで.
救命や,合理的に火勢の急所を突くアイディアなど一杯で興味は尽きないのだ*


各社独自はもちろん.
これとこれを組み合わせたらどうなんだろうなんても思うので.
やっぱり
丸救<<





その後
赤レンガ倉庫界隈ウロウロ.
不審船の展示室を覗いて,海保の訓練眺めて…
2号館倉庫覗いて海保の訓練眺めて,
レンガパークぶらついてまた海保の訓練眺めて,
1号館覗いてはまた海保の訓練眺めて…

…遠いよ
遠すぎるよ.訓練.
もっと近くでみせて!




横浜!
MEMO INDEX<<
ってところで



AED


AED作動時は患者に触れていてはいけないらしい.

各所何人かのベテランぽい隊員さんから.
「場合によっては患者を押さえつけながらアタック」
というお話なども伺ったので.パッドとパッドの間.
「通電経路上」でなければ触れていてもひどい危険は無いが,
機械の正しい動作のためや,触れてた人が心臓の弱い人だったり,
電流そのもので.と言うよりビリっときてびっくりした事の方で…
とかなんかがあり得るからなのかなと思っていたんだけど.
「離れろといったら離れなきゃダメ」らしい.
一般が使用可能なからには.あわてたりの誤操作や,
手は離したが膝が…とか,救護する人が離れた隙に
患者にすがりついてしまった人がいる場合とかだのなんだの,
フェールセーフ.フールユースな仕様は有ると思うし.
そもそもメーカーサイドが正規の使い方以外の事に
平気とは絶対言わないとも思うけど.
実隊員さんは「躊躇せず,刺し違える覚悟でアタックしろ!」てか
「このリスクなら自分の事より患者救命を優先せよ!」
の勢いの話かも;;;




黄昏っ
MEMO INDEX<<
LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait
(11Jun'06)
上記訂正!「フールユース」じゃなくって「フールプルーフ」;;











救助技術大会東京指導会


7日は木場に,3日続く救助技術大会東京指導会の
1日目をみにいったのだ*

開催を丁寧に案内してくださり,一般の見学も自由.
当日受付でも快く「どうぞ!」と言っていただいたんだけど.
…なんか関係者しか居ない気配濃厚…

…濃厚すぎ…

さすがのズーズーしい私も気まずすぎ…

訓練塔ちょっと遠目だし…
見学は応援の隊員さん芋洗い状態のその中で…



…結局最初から最後までお邪魔してしまった;;





お察しの方も多いと思うけど,
わたしゃマッチョは引くが
マッシブなのが大好き.

…って.また何言い出すんだ…

雄臭い男気が好物だけど,「体育会系のノリ」は嫌い
なんだけど.なぜか…特に消防のそれは
「竹刀挟んで正座」とか「焼きそばパン」とか「根性焼き」とか…
はたまた「ほとんど無理矢理で過剰な感動強要」みたいな
悪い意味での括弧付き「体育会系」の感じが無く.
サバサバとして力強いのに,
どこか優しげで開かれた雰囲気がたいそう気持ち良かったりする.

訓練,操法とかも動作の一部始終が,
古武道の所作かっ
つー勢いで洗練されてるし,
全身全霊集中している活動時でなくても,消防系隊員さんて素で居ても
人の生き死にのそばで,絶えず瞬時の判断を強いられているためなのか.
目配り気配りに隙のないエレガントな雰囲気が滲んでる感じが…


で.なんだかだだんだん居心地が良くなってしまう…





見物と言うなら活動のただ中や,激近密着でみられる
演習や公開イベント時の方がやっぱり私は好きだけど.
少し引いて…
繰り返される限られた動作を
全体俯瞰で観ていたら,それもまた
美しかった

午前の部.午後の部の間に1時間のインターバルが有ったし,
さっさと別件に回ろうとも思っていたんだど,
インターバルを狙いすませたかの様な通り雨が降り出し.
(相変わらず金ないので,公園をぶらついて,第五福竜丸だけ覗いたら
木場を後にするつもりだったのに.250円
奮発し)
雨宿りがてら
「夢の島熱帯植物館」入ったら…
結局面白く,あっという間に1時間過ぎてしまって…
…雨も上がって…
…したら足が勝手に指導会会場に…



あわわ.



うーん.やっぱりもっと近くから観たいぞと思いながらも.
消防演習や公開イベントとはまた違った消防ワールドを堪能したのだ*
っていうか.隣に有ったこれまた訓練施設臭い荒れ地が気になる…

そこでの訓練も観た過ぎ…


救助っ

MEMO INDEX<<


LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait

(13Jun'06)

法務署赤れんが棟とか


10日は
旧司法省/旧法務省赤れんが棟
(中央合同庁舎赤煉瓦棟)公開へ行って来たのだ.
れんが棟内部で公開されたのは,いつでも入れる
「法務史料展示室(メッセージギャラリー)ぐらいだったけど.
この日は屋内でも写真撮り放題.

中庭や新庁舎
(6号館A棟)地下などの方も公開しており.
人権キャラ
「人KENあゆみちゃん」
平成21年スタートの
裁判員制度啓蒙グッツや
塀の中の方々が制作した品々の売店で
「汚れ落としのスーパースター.ブルースティック(横須賀)」
をもらったり.
中村雅俊監督主演ドラマ「裁判員制度」だの
講演資料説明「赤れんが棟ツアー」だのなんだの.

まったり建物見物のつもりで出かけたのに,
えっらい勢いで,ボリューム満点だったのだ*






れんが棟,早く行き過ぎて開いてなかったので,その後にまわるつもりだった
「ぐるっとパス」モード>>「大倉集古館」「泉屋博古館分館」を先に済ませ.
ついでに山王祭りを覗こうかとぷらぷら北上したものの,
…平賀町に入ったところに居た警備員さんに尋ねたら,ぴたりと
(思いっきり通り過ぎていた事を)教えてくれた物の…
赤坂見附あたりで,れんが棟の会館時間も迫ってきたのに気づき
お祭り見物は諦め.元来た道をとって返して…

あー大使館街やら議事堂裏をウロウロしてたら怪しいよ.
って言うか議事堂裏歩いていた時にお囃子が聞こえたような気はしたんだけど
周囲の景色がそんな事あり得ない風情だったし…
居並ぶ警官に
「このお囃子はどこから聞こえるんすか?」なんて聞こうものなら,
手が後に回る事は無くても違うお迎え呼ばれて,
違う意味で格子の入ったお部屋に入れられちゃいそうだったし…





って事での
赤れんが棟行きだったんだけど,
以前,のほほんと散歩の途中で覗いたときは,
(何度も繰り返して悪いけど,大好きな)
「国際子供図書館」「横浜赤煉瓦倉庫」「明治生命館」<<には負けるかなー.
生命館.れんが棟の帰りによったら
この日はテレ東だかの番組収録に使用されてて入れなかった;;
せっかく2階も公開される貴重な土曜だっつーのに…

ってか今年の文化財防火デー<<.明治生命館
25日だけでなく.
近代美術館 工芸館
23日.日本銀行25日.明治神宮26日.湯島聖堂24日
…って.
ちょっとちょっと!強烈に観たかったところ有りすぎ!
…来年は場所変わっちゃうかなー
…って来年の話だよ…
…本年度だけど…
なんて思っていたんだけど.法務省赤れんが棟も多様な解説を聞く内,
司法の現場.とんでもない歴史の舞台だった感ひしひしで,
凄く面白かった*






先日NHKでやってた条約改正やベックマンによる官庁集中計画案についての話は,
「ふーん」て感じで普通に観てた…
っていうか聞いてたんだけど…
…PC110では一番組視聴出来ないんだよっ<<
ACアダプタからの電源供給が不良で,バッテリーは消耗が早いので,
音声モニタしながら気になるときだけ110スイッチonでその小さな液晶に…
あーイライラする.それでも受信料は払わなきゃダメですか?
はい.ダメですね…
っち.
けど,その土地,その建物内でそのエピソードを聞かされるとリアル過ぎ…
わたしゃ相変わらず雰囲気を楽しむだけだけど.
その場所を軸に.建築,条約,司法…
明治の話
(大岡越前邸石灯籠含めると寛永からになるのかな)から
平成21年スタートの裁判員制度と言う先の話まで.
各所個別にされる多岐な話題総体が,妙な迫力で迫って来た…
「観光ツアー」みたいな通り一遍の通り過ぎまくり.っていうか,
棒読みガイドさんや解説看板では流してしまうけど.
「職員や研究当事者による庁舎公開」っぽいリアリティーは,
いつもの散歩道,その場の由緒由来が紐解かれていく感じ,
漠然とした印象が少しずつかたちを成して行くかのようで,
ちょっと快感だった.




法務ー
MEMO INDEX<<


LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait





蛇足!
丸救!(20 Dec'04〜)

国際特別救助隊
all images by SATO Takao(PC110/KD-510Z)

LOG INDEX
LOG INDEX
SATO Takao's sait
(C) 〜Apr'06〜 SATO Takao Japan