サイトの切り株
31.Jul'06〜

リンク凡例
<< 当サイト内の昔のページ >* 私のサイトだけど外部リンク > 外部リンク
このページの下方  このページの上方


備忘メモ4じゃん!


前田建設ファンタジー営業部の
世界初,民間国際ロボット救助隊を創ろう編
パート2>キターーー!

なのでっ

備忘メモ3<<の続きとかー

丸救!

前田建設2 ↓
祭で丸救 ↓
     丸救 20 Dec'04〜



(31Jul'06)

救助ロボネタ,今までもニュースなど,気付いた物は見ていたけど
ファンタジー営業部は,面白系なのに順を追ってきれいにまとまり,
読み応えあるわー.




これまで読んだロボ記事って,いかにもニュースっぽっかたり,
なにやら「通り一遍のうんちくと諸元」的な
「怪獣図鑑」みたいな(?)な雰囲気(???)で,

「ふーん」て感じだったけど,.
ファンタジー営業部の内容は,公開イベントなどに行った時に感じる,
根元をひっつかみ,踏みしめて歩く様な
(????)
リアルなわくわく感があるわぁ.






探査ロボって,デモでキャタピラはずれちゃったり,
ラジコンのサーボモーター見たいなトルクなさそうな動きを観たりして,
これは
「援龍のような重機型」「ばらまき型のセンサー」の二極化なのかなー.
なんて思っていたけど,
消防研究所に,
昨年横田に来てた危険物処理班(?)のアレ<<見たいに
ぐりぐり動き倒す
マッチョな足回<<もあったり,
先の要素技術展で
ハーモニックドライブ>触ったりで,
意外と瓦礫の小さな隙間を「押し分けへし分け進む探査ロボも実現するのかも」
なんて気もしてきた…


ってかANAの協賛
(?)って,
使えるロボは平時の整備や旅客のサービスに使おうって事で,
災害時のロボ輸送の話だけでは無かったんだ…
緊急時の資機材輸送は自衛隊が十八番じゃん…と思っていたけど,
救助系に軍の匂いは避けたいからとかからかと思った…




そんなこんなで
(って.またおこがましすぎるけど;;;)

A.ロボットやプロブじゃなくって
  センサーそのもの.
  放水などにセンサーそのものを混ぜ込む
  それをトレースし,4D(3D+時間軸)でマイニング


B.旅客機ネタとの共通項ってんなら
 b1.ボーディングパスやクレームタグ
 b'1.トリアージタグ

 b2.ワンマントランスポーター>*(11Nov'01)
   
やラゲッジトレーなど
 b'2.ストレッチャー

 c.自立分散協調系の自走コンテナ<<(26Apr'05)
 d.e.丸救火見櫓ネットワーク<<(10May'06)
   や物流センターで管理



 などなど…
MEMO INDEX<<

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait

(22Aug'06)


唐突だけど,
祭や神輿って,
アンタッチャブルな神事から,
誰もが気軽に参加出来るにぎわいまで.
凄く良くできたイベントなんだわ…
って事で,
ムリから
丸救ネタにしてみる…

表向きは既存の御輿やパレードなどの祭と変わり無いが,
実は防災ネタ…
「神事」ベースの代わりに「防災」がベースになった,
地域活性イベントといったイメージ.

   丸救



山車パレード丸救火見櫓ネットワークにかぶせ,
神社仏閣のかわりに
A1.大手濠将門火見櫓<<丸救基地<<や築地魚市場<<タワーといった
丸救広域防災拠点を起点終点に設定.

途中,地区の学校,公園などの防災拠点
A2に主要中継地点を設ける.
丸救提携店舗先や
丸救ライフラインセル<<にサービスステーションを設営.
出店屋台,フリマなど,露店と共に,
スタッフやスタンプラリー参加者などに向けた炊き出しなど.



そのルート
Aaは災害シミュレーターで大規模災害被害を割り出し,
それを元に被災者の避難ルートがパレードのルートとして設定される.
(その都度災害シミュレーションの風向きや震源など
各諸条件を変え,ルートは毎回選別,設定される)
パレードなどを追いかける,気軽な祭事見物が,
実は群衆が防災拠点へと向かう防災訓練


基幹道路
Abでも,シミュレーションで通行不能になった物は使わず.
また.歩行困難者向けに別途迂回路
Acが示されたり…

B丸救ナビでの情報提供は,天気情報などと共に,
パレード実施日前後数日の間行われ,
当日は徒歩ナビを周辺お得情報などと共に密に提供.





大規模な祭事時でなくても,
商店街規模や自治体の小イベントなどにもそのベースを提供.
「非常時の防災システム」を
「常時の地域情報ナビ」に活用.
「イザと言うとき」の訓練無しに,
「いつも使ってる」システムとして.





「平時のお買い物ポイントや地域通貨関連などへの展開」はもとより.
日常のちょっとしたお楽しみや,
「大規模な祭事時」は,パレードや山車のイベントとしての仕掛けなど,
より防災訓練に即した,でもそうとは感じさせない企画の盛り込み…
「地域活性」も,観光を含めた「地域×地域」間への広がり.
陸灯台としての火見櫓…
だの
の話は
案の定またそのうちとやっぱり引っ張る…

MEMO INDEX<<

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait

(23Aug'06)

大枠 大網な話の祭ネタバージョン,
懲りずに続きー

その土地守護テーマのパレード構成とか

   構成っ

A パレード構成

1 通過する土地それぞれの「御霊を入れた"神"輿」
2 本丸,即丸丸救隊員&車両<<
3 地元の丸救部隊員や救命救助に関わる人々や正規の山車
4 賑やかしの山車や"御"輿など.
5 スポンサーの山車など.


B パレードルート

b1 丸救火見櫓ネットワーク
b2 割り出された避難経路に沿ったパレードルート



例えば3月の防災週間に行われる
既存の行事そのままに,
背景に5月の
大江戸国際救援防災月間<<
有明や行幸通りに至るストーリーの設定



硬派な神事や防災演習,カンファレンスと,
パレードへの
仕掛けや演習演技披露などの祭事化などの
楽しみ人寄せを付加 共存させた大きな
祭事

一月出初め式など年始の行事
三月から五月
救援防災月間へとつながる祭としての行事.
各行事の独立性を保つ事を可能にしながら.
それらに「一見さん」にもわりやすい共通テーマを持たせたり,
各地の防災情報を連携させる仕組み.

単に集客数を増やすための「おまつり」化ではなく,
防災,広域防災の意味性の強化と広がりのための「祭事」化

これまで個別に行われていた各行事を,
土地の守護テーマでくくり,
5月への大きなゴールへ向かう過程としての連続性を持たせる.
神事を意識し祭に出かける人が少ないように.
「防災訓練」としてでなく,「楽しみ」「行楽」として
不特定多数の人が気軽に参加.

個別の地区の個別の行事が
背景に丸救火見櫓ネットワークをかませることで,
俯瞰的な広域防災訓練としても機能.
八都県市合同防災訓練や実践的な訓練の様に
一度期に集中して行う訓練とはまた違った検証や,
システムの実働試験.



(23Aug'06夜追加ー)



C 丸救祭



1 大規模災害想定の背景
2 丸救活動演技披露
3 他機関活動演技披露
4 来場者へのお楽しみイベントや出展
5 丸救火見櫓ネットワーク
6 避難経路に準じたパレードルート
7 丸救だけでなく,他機関や他機関との合同演習も有り
8 その年に割り出された避難経路外や,
各署での独自の催し,広く一般には公開しない演習なども,

(ネット上での報告,広報などのかたちでも)参加ok.



三月,
各地丸救広域防災拠点での活動演技披露で始まり,
パレードで次回会場に
リレーしながら二ヶ月かけて
五月の大江戸国際救援防災月間<<東京本会場へと向かう.
(同一部隊が「巡業」したり,連日行われる訳ではない)



観客は流鏑馬や合戦再現を見に行く感覚.
縁日/フリマに出かける感覚で,
背景は本丸/即丸<<の各地への出動,活動訓練と共に,
当地の予丸/準丸.各機関との連携訓練.
本丸/即丸による最上級の演技披露による啓蒙などなど.
その他もう少し具体的な事とかあれやこれやは
えぇえぇ.そのうち…



MEMO INDEX<<

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait


(24 Aug'06)

D 丸救祭ネタ概要のまとめと
次のネタ振り

祭まとめ

d1 単独の演習や演技披露,公開訓練など
d2 来場者へのイベント付き
d3 大規模災害想定
d4 次回会場へのパレードによる広域防災訓練としての線的な繋がり
d5 大江戸国際援助防災週間へと至る面的な広がり

E 統一テーマとそのストーリーに絡めた
防災訓練の機能を持ったイベント





d2来場者へのイベントは
会場が神社仏閣で有れば,夏祭り的な屋台や骨董市メイン.
校庭,公民館駐車場などなら
起震車や救助訓練体験コーナーや防災啓蒙コーナーメイン.
公園や商店街なら物産市やフリマメイン.
企業や研究所の防災訓練がらみなら,
その公開行事などと合わせて.
など,
防災ネタの基準を満たし,
「イベントのためのイベント」になってしまって
なければ
会場企画ごとになんでもok.
さらに
全体を包括した
統一テーマEの部分で,
(複数回の参加を促す,スタンプラリーや
ポイントをためたりカードを集めたりといったスタンダードな物はもとより)

防災訓練を気軽なゲームや楽しみとしてアレンジしたイベントが
3月から5月にかけての祭期には
それに合わせ集中して
(日常の丸救ネタとも繋がりを持ったかたちで)提供される.






なんて…



MEMO INDEX<<

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait


(5 Sep'06)

防災週間各所行きまくりー*
なんかわたしゃ素で楽しんじゃって,いささか不謹慎なんで.
やっぱり
E 丸救祭ネタ概要2-

概要ー2
May         Sep

1.大江戸国際救援防災月間
1a.トップエリートの演習演技披露
1b.お楽しみ重視の体験コーナー
2.全体を包括する丸救テーマ
3.秋の防災週間
3a.防災演習
3b.より実践的な市民参加訓練
4.全国救助大会

5月に実施される大江戸防の公開イベントは
市民非参加でアンタッチャブルなトップエリートの演習演技披露と.
起振車や煙テントなどをお楽しみ系に純化したアトラクションなど.
一般見学者には純粋なお楽しみイベントとして提供.
(NFLのゲームとNFLエクスペリメントみたいな関係)

9月頃の防災週間は純然たる防災訓練.
市民や町内会など含めた実践的な訓練.
一般見学者も防災訓練として参加する物メイン.

5月はヘビーなカンファレンスなどと共に,
興味の無い人もお気楽単純に楽しめる事に重きを置いたファンイベント.

9月は一般市民も含めた実践的な訓練に重きを置いた防災週間.

もちろん各所でこれまで通り
恒常的に公開訓練や
独自のイベントなどが行われているが
<<<<
大江戸国際援助防災月間主会場への道や,八都県市合同防災訓練など
それぞれ性格の違う大きなイベントを据えて,
それと関連をもたせ.
解りやすいテーマ性や起承転結を付ける.





など
細かいこと.具体的なことはまたいつか.
と永遠引っ張る







っていうかオリンピック候補地
東京

誘致のウリは何にするんだろう…
って言うかそれ.
「平和国家」「防災立国」にしろやー!





そのころになってもエコだ緑だを
ことさら言わなきゃならなかったらだめじゃん,と思うし.
有る意味エコ緑より遙かに難しい
「平和国家」
戦争のための国威発揚と結びついていたオリンピック.
戦争のシミュレーションとしてのスポーツイメージからの脱却
を,
「アジア」でも「欧米」でもなく,
同時に「アジア」でも「欧米」でも有る.
「世界で唯一戦争しない国」.日本でアピール.

なんて

丸腰国家は実質あり得ないだろうし,自衛隊軍化はいいと思うけど,
「国際平和協力法案」だのなんだのと,
「戦闘目的で他国に出ます」みたいな話だのらと合わさると.
それこそ防災訓練も「建物疎開と竹槍」
の世界になだれ込むんじゃ無いかという恐怖が有るし…

「地球が好きです.緑を大切にしましょう」みたいなノリで,
「人が好きです.戦争のない素晴らしい世界を創りましょう」
といった表層だけで変に盛り上がるとキモ過ぎるけど.
「軍事大国か丸腰国家か」ではどっちに転んでも日本滅亡な気が…
っていうか国論二分してる間につけ込まれ,どっちかになる以前に
やっぱり滅亡な気もするし…

だからやっぱり丸救<<始めて,軸足「防災立国」で「平和国家」アピール<<
国立競技場や代々木競技場を
文化財保護の観点で保存しながら,
現代の
広域防災拠点としてリニューアル
蘇我スポーツ フォレスト<<など新たな施設を丸救火見櫓ネットワーク<<で網羅.
大手濠将門火見櫓<<は当地の官庁舎を一時霞ヶ関に一斉引っ越しでっ.
オリンピック来場者のナビゲーションや各種の管理/サービスを
ライフラインセル<<をはじめとする防災システムでも実施

ド派手なギンギラ施設やアメリカに負けるなの勢いのコマーシャリズムで
お下品にアピールするのでは無く.
オリンピック誘致も国内の防災力を徹底整備する機会にとらえ,
各国には総体としての底力をじわりと見せつける大人のワビサビでございます.




そんなオリンピック誘致の根回しとしても
やっぱり早急に
丸救祭.大江戸国際救援防災月間<<

なんて…
LOG INDEX
LOG INDEX
SATO Takao's sait
(C) 〜Apr'06〜 SATO Takao Japan