サイトの切り株
6.Nov〜'06

備忘メモ6
平成18年度秋の火災予防運動とかじゃん!


この火災予防運動期間も例によってあちこち行くのだ*

6Nov'06〜

IMG_2169-1

 妙典での演習画像などっ↓
 錦糸町での演習画像などっ↓
 東京駅での演習画像などっ↓
 各署の公開行事画像などっ↓
 そして丸救ネタなどっ↓
(大きめ画像はブログなどに入っとります>>)                              


(6Nov'06)


荒川区総合震災訓練1b

先月29日は荒川区総合震災訓練に行って来ました.

荒川区総合震災訓練2b

この日は警察の展示,訓練を追いかけたのだ.
車両や倒壊家屋の探査・救出などと共に,
町内会のレスキュー隊への指導も行ってた*

資機材の取扱やロープ結索コーナーは
消防イベントでは定番だけど,
警察
(しかも機動隊)がやっているのは私は始めて観たのだ*

ちなみに消防は初期消火指導や体験コーナーと共に,救助訓練では
ハイパーレスキューが災害ボランティアと連携した救助訓練をしていた.

荒川区総合震災訓練2a

ってかハイパー
早ッ!
近づいてしまうと,マルチタスク'n 同時多発
あれよあれよの展開で写真撮る隙も無いほどに;;;

荒川区総合震災訓練1a

撤収モードになった頃,「部外の見学者なんですが;;」と炊き出し覗いたら,
「お弁当ももってって!」と豚汁とアルファ米の「炊き込みご飯」を頂いたのだ*
警察のテントではピーポくんタオルもっ♪

会場の汐入公園.
ヘリの離着陸や河川運送にも対応した防災拠点らしく,
東京都公園協会の搬送カートも走っていたのだ*



MEMO INDEX↑

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait


(18Nov'06)

IMG_4232-1

と言うわけで秋の火災予防運動の期間,
特に7日から12日は連日出かけたのだ*
出かける予定では無かった物にも行かずにおれなかったんだよ!


061109b

061109c

061109d

IMG_4216-1

061109e
大規模店舗消防総合訓練by市川消防局(9Nov'06)

この火災予防運動期は,迫力の演習から独占状態で案内頂けた出張所.
どれもみんな捨てがたく良かったけど,
滝野川署の訓練棟での消防体験
にあまりに激しくツボ突かれまくり;;
http://blog.so-net.ne.jp/sato-takao/2006-11-11
「ミステリーツアー」
の企画自体がツボなのに,
外のテントで時間待ちしているときからの暖かい雰囲気からもう最高だったのだ*

って.「消防おもしろ村」他のコーナーも盛り上がってたし,
(お土産の防災銀シートに釣られてやった;;)北区防災センターのスタンプラリーでも
各所なるほどなアハ体験ありまくりだし.

っていうか消火器体験.
吊されたブロックに油を沁みさせ,実際着火した物でしたんだけど,
全く消えない事にびっくり.体験用の消火器は普通の水が入ってるだけで.
「本物は消化剤入ってるから消えますよ」との事だったけど,
返して言えば小さな火でも消火器用意しておかなければ
全く歯が立たない物もあるってこと!?
ってか消えないもんでわたしゃ無意識に
どんどん炎に近寄ってっちゃたわよ;;;

人形町出張所で伺った話によれば,自衛消防/消防団でも
屋内では炎が天井に届いてしまうようなら逃げてくれ,
消防隊員は状況に対応した装備訓練や経験覚悟などを有しているから入って行けるが」
とのことで,

予防運動期のネタつづくー.


MEMO INDEX↑

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait


(22Nov'06)

061121a

061121b

061121c

061121d

061121e

061121f

IMG_3616-1
秋の火災予防運動消防演習 錦糸町オリナス消防訓練(7Nov'06)

このオリナスの演習が今年の秋の火災予防運動オープニング(?)だったみたい.
参加する人員も車両もえらい多かったのだ♪
んで,
妙典での演習時にも設置されていたけど,仮設救護所のテントがたてられてた.
毒劇物テロや大規模震災などでなくても,
大型店舗の火災など,多くの被災者が出るような災害では
その場で即手当状態…
疾風のように現れて疾風の様に去っていく消防に
応急救護の病院機能がプラス状態ー!
(疾風っても.冬場なんて消火作業後,現場で事後処理とかしていると
かいた汗もこれでもかと冷えまくり.
浸水したら足先なんて凍傷になりそうな勢いなんだそうだけどT-T)


ちなみに錦糸町での救護所テントは金属の骨組み.
妙典でのそれは
隊員さんがしょってるのと同じボンベ(3本?)の空気注入でたててた.

ちなみに10日の大規模テロ災害対処共同訓練では洗浄用のテントやなにやらも


ちなみにブログにオリナス演習大きめ画像ー↓
http://blog.so-net.ne.jp/sato-takao/2006-11-08



MEMO INDEX↑

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait


(26Nov'06)

A

B

C

D

E

F

G
JR東京駅丸の内南口広場 合同消防演習(8Nov'06)

8日は(思いっきり時間が重なった)秋葉原UDXに神田消防演習を観に行くか迷ったんだけど.
改修/整備の進む東京駅南口の方を観に行ったのだ.

んで東京駅の方はステーションホテルなども参加した合同演習だったのだ*
背景,西側上方は今風なビル群だけど,
駅側は赤煉瓦の東京駅舎.消防消防団鉄道員自衛に加え,ダークスーツなホテルマンの演習.
やはりちょっとジェントルで整然とし,
いつもとはまた違った美しさもあったのだ*

H
演習終了後は東京駅系職員さんらが,通行人の邪魔にならない配慮か,
一角に
駅舎側に向いてコンパクトに整列(↑上面図左)していたけど,
駅舎を背景にしてこちらを向いてずらりと並べば
(↑図右)内部的な訓練が,通行人への安全アピールにもなったろうに…
などと余計な事を考えてみる…

ちなみにブログに東京駅演習大きめ画像ー↓
http://blog.so-net.ne.jp/sato-takao/2006-11-09


MEMO INDEX↑

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait


(11Dec'06)


061211Z
061211Y
061211X
各署での公開行事などの様子(Nov'06)


などなど,


演習で,ダイナミックな活動の様子が見られ,
各署の公開行事でそれぞれの資機材やその操法や活動の説明などを頂け…

同じ事を伺っても,各隊員さんごとのノウハウやエピソードも有って,
「知る」とか「覚える」とかじゃ無くってめっちゃリアルに「感じ」られるし,
気軽に楽しめる工夫がそれぞれ凝らされ
しかもお土産一杯ー

非常食や防寒シート,非常用給水袋にホイッスルだのミニライト.滅菌三角巾等々,
防災袋にセットされてればそれだけで安心してしまったり,
複数有れば良いけど,わざわざそれだけの追加購入はしにくい.けど

命に繋がるんじゃないかというような防災グッツがもらえることも多く…
…っていうかあちこち行脚していると,
頂き物でちょっとした
防災セットができあがってしまうのだ♪



各署のイベント,各コーナーとしては子供向けの物なんかでも,
元は
ナマ隊員さんのリアルネタなので
一皮むくとそのヘビーな事ったら;;
人が引けた時を狙って覗かせてもらうと,丁寧にお話くれるし,
実演モノなんかでは「もう一回観たい」だの「あっちからも観たい」だのと
思わず口を滑らせてしまっても快く応じてくださったりで,
もう,夢見ている
警察消防センター>*(地下展示室11Nov'02)>*(TOP15Jul'02)
がすでにそこに有るようなワクワクなのだ*




だからやめられないんだよっつ!




ちなみにブログ>*の消防ネタ系ページに葛飾区総合防災訓練>* 消防>* 自衛隊>* 警察>* 画像などー

http://blog.so-net.ne.jp/sato-takao/archive/c15368082

機動隊背負い式の油圧ポンプとかハイパー16階からの垂直脱出とか…


MEMO INDEX↑

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait


(16Dec'06)


061216a
臨港署水難救助訓練(12Dec'06)

今回の予防運動期は,消防関係でツボを突かれてテンション上がりまくったのは言うに及ばず.
機動隊の車両救助が荒川と,特に葛飾の会場では激近で観られたのも凄く良かったのだ*
考えてみたら,
突入系は軍事や警察の「本来任務」なんだわ…


そこで!

丸救祭で<<
救助大会車両系.

なんて…

下図A 1.同一条件の要救に対し.
2.警察,消防,自衛隊それぞれが救助活動.各隊の救助力を競う.
3.この際だから在日米軍や他国の救助隊も招待.

下図B センサー満載のダミー人形を乗せた車両からの救出競技.
1.ダミー人形から 2.救助活動時の要救助者へのストレスデータ収集.
発火炎上などの部分を含めた救助スピードを要する想定と共に,
内蔵や脊椎の損傷.持病などの隠し状況が入れ込まれ,
要救助者へのストレスや事後の社会復帰率を計測.

061216

都道府県大会では救急隊やオレンジ救命士を加え.
さらに本大会時には

丸救模範演技.

丸救有明基地<<の有明建物園や有明自然園山野訓練場内のどこかで,
実際に車両を走行させたクラッシュなどを生じさせ,
各機関からのより抜き隊員で構成された本丸/即丸救助隊による救助活動が行われる.

上図D 自動車メーカーの協賛

車両などは協賛自動車メーカーから提供され.
衝突安全性能などに,
救助性性能を加えた車両設計のため,
車体に対しても各種計測や,救助隊,救助器具メーカー含めた現場での検証や
懇談会が行われる.




って.
ベンツやアウディーとかならこの手の好きそうだし.
今ならノってくる国内メーカーも有りそうな気がするんだけど…
建設業者や鉄道なんかも
>*の下の方とか




かれたイベントとしてや,スキルを競う競技の形などを取ることで
一般への広報啓蒙と共に,各機関の技術向上や各所各機関,
隊員同士のフランクな交流も図る.


なんて…


MEMO INDEX↑

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait
all Photos By SATO Takao (PowerShotS3is)

丸救!(20 Dec'04〜)

国際特別救助隊

LOG INDEX
LOG INDEX
SATO Takao's sait
(C) 〜Apr'06〜 SATO Takao Japan