サイトの切り株
3.Dec'06

リンク凡例
<< 当サイト内の昔のページ >* 私のサイトだけど外部リンク > 外部リンク
このページの下方  このページの上方


備忘メモ7じゃん!

前田建設ファンタジー営業部の
「世界初,民間国際ロボット救助隊を創ろう」がパート6−*


でまた強引に丸救ネター

PICT9520
以前のファンタジー営業部絡みネタ
<<備忘メモ3

<<備忘メモ4
もご覧下さいー!
パート6後編が!↓

(3 Dec'06)

ファンタジー営業部.パート6でもう「まとめ」って駆け足過ぎ!っと思ってたら,
それぞれの物については協賛
(?)企業がそれぞれツメていたんだー*
そのツメてる経緯もみたいっちゅーねん!
特にコマツのが!
各社でも「ファンタジー営」のページ作らないかしら…
ってか同種の開発をしている他社間のアイディアも統合するような事を
「ファン営」がしてくれれば良いのに…





ってか次回で終わりって早すぎ!
次回は「輸送機や基地概要などの盛りだくさんフィナーレ」って
IRS側からのロボットネタも何か出てくるのかしら…


ってかやっぱり専用輸送機を抱える基地付き独立組織設定なら
現行の技術に限らず,もう少し近未来系の技術設定で見たい気も.


ってか「
援龍」のテムザックや,ミストドラゴンの日本機械工業.
災害救助司令センター技術や救助ロボにも熱心な日本sgiとかも巻き込んで欲しかった気がー.
ってかラジコンオペレーションは援龍の様に外付け操縦席状態の方が違和感なさそう
ってか,ラジコン操作の予想図.データグローブにするならバケットやマニピュレーターは
手の動き,ダイレクトに連動させた方がよさそうな気も…
東消のロボ救のマニュピレーター操作
<<(ページ下部)はオペレーターの手の動き連動系だった.
陸自の6輪の後にひっついてる奴は数年前伺った話ではジョイスティック.
でも自衛官氏「自分は手の動き連動系の方が良いんですが」との事.

援龍のそれがジョイスティックなのも被災地での作業は長時間に及ぶ事が多いので,
腕を浮かせ続ける必要がないジョイスティックの方が疲れにくいからも有るらしい.
でも作業が対人の場合など子細な作業が必要な時には特にデータグローブダイレクトの方が
(掴み感フィードバックなんかも合わせりゃなを)わかり安そう.
(「感触」はトラウマ強化にもなりそうな気もするけど;;;)
ってかデータグローブでバーチャルジョイスティック操作って悪い所取りじゃんー=3
って事で(遠隔では無いけど)
ロボバディー<<なんかもいかがー



ってか東消の消防技術安全所や独立行政法人消防研究所で観る物.
産業用バーチャルリアリティー展やsgiのフェアやセミナーで観る物などなど…
それだけを集めても,リアル米軍系の
「フューチャーコンバットシステム Future Combat system」状態
になりそうな気がするので,
せっかく基地や個別のロボットの話に限らずに,救助隊の概要を創るなら
それらを仮組し,純粋に救助能力の有用性や問題点を調整していく方が,
広がりが有る気もしないで無い気もしないでも…



061203a
('05@消防研究所.消防科学研究所)

って.なんだかんだ言っても内容そのものはハードに責めてきたファンタジー営業部.
最後に隠し球.
しかもアニメゲームロボ見たいなモンじゃ無い物を
どーんと登場させたい思惑なんじゃないかって気もするので,
やっぱり次回が楽しみなのだ!







ちなみに先の「消防おもしろ村」の訓練棟での「消防体験ミステリーツアー」の
前後不覚体験の上,「たとえ6畳一間のアパート火災でも中は迷路状態な事も…」と言われ,
巨大地震などの被災後ばかりでなく,一般的な
(?)火災現場においても
探査プローブって凄く有用なんだって激しく解ったわ…
四谷署で伺った指揮隊の話とか,
入室必要なのに燃えてない部屋には入れてもらえない事がある」という話とか.
RESCONでの海保や
浜町出張所で伺った水難系のお話は,
水没車両はひっくり返ってたり.刺激物が流れ出していたり,
要救助者が意外と流されていたり,
見落としている者が居るかもしれないとなると,
範囲広げてまくってもぐり続け状態
とか;;
ウエット,ドライスーツのまま12時間とか;;;


水中探査ロボっぽい機材は臨港署の公開時などに展示されていたけど,
ガレ場探査系ロボも,米軍のひっくり返ってもOKなオフロード仕様な物とか
開口部から建物内に投げ込む様な奴とか…

先日イスラエルも飛行系探査プローブ
開発します宣言したそうだし…
上図,こんなんとか↑
んで各隊員の情報共有に面体内ディスプレー<<とかー

061203b


ちなみにわたしゃ自衛隊の軍化は良いとは思うけど.
戦争の泥沼に引き込まれるの必至な
軍国化は言うに及ばず,
国際平和協力活動系を自衛隊本来任務に据えるのは反対なのだ!

…よくわからないけど…

だからやっぱり!

国際特別救助隊
日本国際特別救助隊組織概要!<<


MEMO INDEX↑

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait

(26 Dec'06)


前田ファンタジー営業部「ロボット救助隊を創ろう」パート6後編がUPされたー

平時は一般旅客満載なターミナル共有ってのは,出動の時,民間人排除で混乱必至…とか
所有機体,ジャンボだけでは受け入れ側にも「フルサイズ」の滑走路が必要に…とか
やっぱり空路水路な輸送はどうしたって自衛隊の力を借りるのが最も良い気が…とか
ってか.
最後駆け足にまとめすぎ!
とか思うけど,面白かった*

てか21日22日.IRSの
大都市大震災軽減化特別プロジェクト
(略称:大大特)
「大都市大震災軽減化特別プロジェクト総括シンポジウム

ってなんだよーーー!;;;
>
ハイパーレスキューの十周年式典が観られなかったのもショックだけど,これも観たかった過ぎ…
…一般でも観られたのかな…観られたんならそちらも覗きた過ぎだッちゅーねん…
…だってやっぱりリアル度増すと,イメージがより広がって…
ファンタジー営業部サイトの更新をチェックしていても,
肝心の国際レスキューシステム研究機構の方のサイトチェックを怠ってた…



ちなみにファンタジー営業部のページ更新,
予告の有った昨日は無かったんで,前回のページを見直しながら…

なら丸救ユニフォーム改.
変形合体服

061226a1
061226a2

それぞれの制服をそれぞれ作るのではなく,
拡張性の有る基準服を設ける.

ハーネス装着時,邪魔にならないよう
斜めに配置されたポケット口のラインに沿ったクサビ形のデザインと,
裾と袖が長く絞られた形状,
さらに大きなポケットでニッカボッカシルエットになったズボンの「忍者スタイル」

背中と腋の簡易ハーネス
2.2b以外,
肘,膝などの補強も現行の救助隊の活動服と同程度の「現場隊員共通服」
災害現場での最低限の安全快適性が確保されている.
襟は海保のそれ
<<のようにちょっと大きめで,
立てたときは防火衣のように前留め可.


さらに任務内容により,肘膝パット
34やハーネス1a.bを拡張したり,
ベストを着用
5する事などで,その時々の活動に準じた最適装備に即応,拡張が可能.
現地,現場でもまるまるの着替え無しで,時々刻々と変化する様々な事案に対応.
基準活動服本体は,「ヘビーなフル装備での活動」
6から「リラックスした仮眠」にまで対応.

色は明るいオレンジ基調の一部が黒.で被災現場での視認性もUP.
肘の拡張パッド
3と胸部は「警察は青」「消防は赤」と言った,隊員の所属機関色.
膝パッドはくるぶしやモモにもおよび,ガレ場での無理な体勢や
足の上に物を乗せた時の安全性を向上.

各部をユニット化する事
(ネームプレートもICタグ管理されたマジックテープ式7で,
例えば医療機関や丸救対応施設などでは基準活動服を着用していない登録員も
各企業の制服や私服の上からベストを着
(ネームプレートを付け)るだけで丸救即応が可能.
更に装備の更新,最適化,俯瞰的な運用コスト削減やメンテ性能UPにも貢献.

なんて…

061226b1
061226b2

ついでに
高機動工作車合体編

一般的なポンプ車サイズの高機動工作車.基本操作員はタンデムで2名.
1.前6綸インホイールモーター.後2綸ディーゼルのロボットな足回り.
前部の,2本のマニュピレーターを持つコクピットは首振りも可能.
3.どうせならサービスコンテナ置いて,独立.
4.いや.むしろアーム部だけ独立し,遠隔操作可能.
5.い.いや.どうせならコクピット左右にバイクタイプのロボバディー<<

061226c

ついでに
ジャイロプローブをカイトプレーン化とか
エアボンベでクーラー
a.現行エアボンベ
b.二本で現行容量のエアボンベ.
(面体を付けたまま一本ずつの交換が可能)
1.ボンベ
2.減圧チャンバー
減圧で空気を冷やしてそれで空調.
3.調整器.空調用タービン
4.面体
5.冷風
とか


てか
現場の立体再現って,個体を測るのでは無く
c.,気体も使えないのかしら…
先の「消防おもしろ村」,東京ガスのブースで,
ガラス越しでもガス漏れを検出出来るレーザー検知器を紹介してくれたんだけど,
どうやらそれは滞留している気体でも,その密度差を読みとれるらしい.
二台で走査したら,(気体の流れも含め)3次元的な空間を
d.再生出来そうな気が…



なんて

ついでに

Rescue Squad New York
搬送車とジャイロプロブとか(25Feb'03)>*



(All images by SATO Takao)

MEMO INDEX↑

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait

LOG INDEX
LOG INDEX
SATO Takao's sait
(C) 〜Apr'06〜 SATO Takao Japan