サイトの切り株
ブログっ
9.Mar'07〜

リンク凡例
<< 当サイト内の昔のページ >* 私のサイトだけど外部リンク > 外部リンク
このページの下方  このページの上方


備忘メモ8じゃん!

2月24日.花屋敷の消防演習で始まった
今回の私の…

春の火災予防運動行事行脚とかー!



IMG_4710
(9 Mar'07)

防火衣の着装体験

防火衣.日本橋署
(事業所などへ向けた防火防災教室)で着させて頂き,

「隊員さんの着装シーンも観たい*」

と思ったんだけど,ちょうど野外での講習を終えた一団が上がってきて
混んでしまったのでお願い出来なかった…と,
その後に伺った堀留出張所で口を滑らしたら

観せてくれたのだ!

体験用に出ている防火衣でちょっと.と思いきや.
前準備,後かたづけも手間なのに;;
自身の装備.フル装備で

魅せてくれたのだ!!


bc1

もちろん私もちゃっかり着装体験*

思えば私の
初着装体験も昨年の堀留出張所.

ずっと
「防火衣体験はちょっと恥ずかしいし,いいや…」と思っていたんだけど,
勧められるままにいざ着てみたら,すっかりハマってしまった;;

そしてその後.滝野川署の「消防おもしろ村」での
防火衣姿訓練棟内体験訓練
決定的なダメ押しをされ,もう着てみずにはおれない身体に…



今回の火災予防運動イベントでも日本橋署.堀留出張所.
小石川署.麹町署…各署で着まくり.

そういえば有明の出初め式では銀色が金色に.オレンジ色がどす黒く変色した
年期入りまくりの防火衣着装でハァハァ…
今思うと,もしかしたらあれは着装体験用の展示では無かったかも
と言う気もするんだけど…



是非活動の過酷さを伝える物として,
体験用とは別に,
年期入りまくりの装備も各署展示して欲しいわぁ.




そしてそれを着るお客は


わ ・ た . し だ ・ け!!







って.


いい歳ぶっこいたオヤジがいったい何やってんだって話では有りますが.







そうです.








着られるものは軒並み全部着てやる所存なのでございます.








***

演習の様子はブログに上げつつ有ります.
各署ネタもこちらのページ
に続けます.
えぇ.鼻息荒くなるネタはまだまだございますから.

MEMO INDEX↑

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait

(14 Mar'07)

資機材体験

3月3日.中西学氏の防火広報なども有り,思いのほか長居した
小石川署の後は豊島署と神田署に行ったのだ.
豊島署も盛りだくさんで長居し,
神田署に回ったときにはほぼイベント終了時刻だった;;

でも
発光コードをきっかけに,力強いお話が伺えたりしたのだ*


tm1
(画像は,ドスのきいた防火衣@有明出初め式.小石川署,豊島署,神田署での様子ー)

防火衣体験.上半身だけやボンベ背おわさせていただいたりは幾度かしてたんだけど,
やはり全身身を包むのは,
個別の機材などに興味や意識が集中する部分着とは
また印象がガラッと変わるし,
ましてや年季が入った
ドスのきいた物だと
完全別世界なのだ!

そして豊島署では各展示や
その日3度目の演習披露見学や資機材体験などが出来たのだ*
資機材展示も始めてではないけど,実際鉄パイプを切断させてもらったり,
何より,
活動時の姿隊員さん密着だとそりゃあもう

興奮度は桁違ー=3


ハシゴ体験は「万が一の避難時のために体験しておけば良いのかな」ぐらいだったんだけど,
登った先が訓練棟の中.資材置き場だったのでそっちでもワクワクー*
ロープ渡過体験にも触手伸びてたんだけど,設定が子供向け状態だったので,豊島署ではしなかった;;

んだけど
後日麹町署のロープ渡過体験コーナーなどで

やおら
ハァ状態にーーっつ!!




MEMO INDEX↑

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait

(19 Mar'07)

展示いろいろ

3月4日は浅草署.臨港署.池袋署.新橋演舞場とまわったのだ*
浅草署は迷いながら,行きずりの神社などを冷やかしていたら,
しょっぱなの出動訓練展示見損なってしまった;;
んで水難救助に合わせ臨港署.そして池袋署へ.
上野公園の消防フェアへは間に合わなかった;;
けど最後は新橋演舞場の消防演習へGo!

kt

と言うことで,
ハァハァしてばかりでは不謹慎なので,
今回の予防運動イベントで仕入れた防災ネタを少々ー


火傷
って,そのままの状態で,清潔な流水で流し冷やすのがベストだって.
医師の治療が必要な火傷の時,家庭用の火傷薬なんて塗ってしまうと,
それを病院でタワシでゴシゴシ洗われるって;;;


止血って根元をフン縛ればそれで良いのかと思ったら,
縛った先が壊死してしまうので,清潔な布をあてがうのが本来だって…
縛り上げるのは動脈ブチ切れて水芸状態にでもなってない限りしないんだって;;
「あてがう」状態の時も,止血した先,
患部以外の所に血が通っているか,紫に変色して無いかを時々確認だって…
(ちなみに水木しげる氏が左手を失った直接の原因も,止血のし過ぎで死斑が出てきてしまって…
 って九段の「しょうけい館」のビデオで流れてた.
 って.わざとじゃないんだけどなぜかここんところ,
 おなじく九段の「昭和館」だとか,新宿の「平和祈念展示資料館」だとか
 赤門向かい側に有るマンション一階の「わだつみのこえ記念館」だとかの寄り道が…)



平成22年に義務化
(しかも全室!?)される住宅用火災報知器って安いのは4千円代,
電池は10年ぐらい持つ物もあるって.
でもセンサーの方もヘタってくるので,電池交換では無く.丸替えしろだって.


トラッキング火災に対応したブレーカーも一個800円ぐらい,
感震ブレーカーとかも有るって…


火災時はとにかく
下階に逃げるようにすべきだって.


などなど.
聞き流しにはなってしまうけど,引っかかる話,新たな疑問が湧く話など,
興味は尽きないのだ*
ロープワークも,手品のようにしか見えなかった物が,
簡単な物は徐々に手に付いて来る感じとか,
三角巾も「あやとり」「折り紙」的なパズル感覚とか,
普段使ってない部分の脳が刺激される感じもあって意外と面白い.

「講習」とか「勉強会」とかだと
まっぴらごめんだけど,
消防イベントなら
気ままに覗けて,
興味のままにちょっとづつ試させてもらえるし
肩の力を抜いて楽しく相手して頂け,
行き飽きしないし*

ブログの方ではさらりと流してしまったけど,
渋谷署には
(横須賀基地祭などでおなじみの)
在日米軍司令部地域統合消防隊もブースをだしていたりと,
どこでも行けば必ずなにかあるのだ*


そして
ハァハァネタ続きます.

…今回私の火災予防運動行脚の最後は東京ミッドタウン.
3月16日まで続きましたから…

って
ミッドタウン部外者見学不可で敷地入れず
演習




















遠!















MEMO INDEX↑

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait

(26 Mar'07)

麹町消防署
イベント企画以外の…



3月6日は麹町消防署の
「火の用心」体験講座に行ったのだ*

kg1

「講座」って
.勉強ネタは嫌いだろうって?

だから消防イベントとかは

先の日本橋消防署の「防火 防災教室」でも
火災 震災に関する講演が行われ,
ちらっと覗いたら,結局そのまま最後まで見入ってしまったし…

博物館ネタなどでもわざわざ聴講に出かけたりするのは,
何度も書くけど;;
話が物凄いリアルだから.
「リアルな話題」じゃなくって,
「当事者ダイレクト」なリアリティーで.
左脳が死滅している私は,その内容を理解出来なくても;;
右脳の方がめちゃめちゃ刺激される.

講師の
人肌感もありありで,
興味つきないのだ*

kg2

んで麹町署のイベントも面白かった!

どの署でも
(厳しくも)優しく楽しいのは変わりないけど,
麹町署はなんか凄いジェントルな感じも有った.

対象が周囲の事業者と言うことが有るためか,
麹町」という場所柄なのか
消防のパワー感そのままに,
ぐっと落ち着いた感じも有ったのだ*

kg3

上の9日.19日にUPした画像にその様子のごく一部を入れたけど.
各コーナー.各コーナー担当の隊 職員さんは言うに及ばず.
それ以外の所でも,
「救急のコーナー開始まで間が有る」と言ったら,
誤報による出場から帰署したばかりの梯子隊員さんが
「じゃあそれまで私が」と車庫内の各車両を凄く丁寧に案内してくれたり.
ロープ渡過体験用のロープ設定に張り付いていたら,
作業しながらも和やかにずっとこちらの相手もしてくれる隊員さんがいたり…










なにこの
好漢っぷりっ*
(↑おとこまえ↑) 
そばにいるだけでじんわりと伝わってくる骨太な

安 心 感







kg4
kg5

ロープの設定が済み,
ではどうぞ」

って.
こんな長距離ムリ」
って.

「大丈夫ですよ.そうしたら助けに行きますから」
って.

私はコーナー開始前から張り付いていた事もあって,
まっさら下ろしたてのレザーグローブを渡してくれたんだけど,
グローブとヘルメット
「自分のかしましょうか」

って.

あ!私はナマ隊員さん脱ぎたての方がぁ!!





って













そんな物身に付けたが最後























付けたそのまま走って逃げ帰るわ!!






















って

まだまだ続きます.

MEMO INDEX↑

LOG INDEX
back<<
SATO Takao's sait


LOG INDEX
LOG INDEX
SATO Takao's sait
(C) 〜Apr'06〜 SATO Takao Japan