AirOutside

気象庁が観測している各地の気象観測値を簡単に表示できるアプリです。

気象庁の観測点は1300地点ほどありますが、このうち雨量だけしか観測していない地点を除いた約900地点の気象データを表示します。

データは気象庁のホームページから取得しているのでインターネットが使えないところでは、このアプリも使えません。

【使い方】

起動するとすぐに気象データを表示します。

最初に表示するのは最新のデータですが、右上の「-」「+」ボタンをタップすることで、表示する時間を変えることができます。表示することができるのは当日の午前1時からです。

【地点選択】

表示する地点を選択するには左上の地点ボタンをタップしてください。

都道府県ごと(気象台が複数ある北海道と沖縄は各気象台が管轄する地域ごと)の観測点が一覧表示されるので地点を選択してください。

右上にある「最寄り」をタップすると現在いる場所に最も近い観測点のデータを表示します。(「最寄り」はiPhoneのGPS機能が使える場合だけ使えます。)

【iPhone4とiPhone4s】

最高気温や最大瞬間風速は画面の下の方に表示されます。画面の縦の長さが短いiPhone4とiPhone4sではこれらは画面の下に隠れています。画面をスクロールすれば最高気温や最大瞬間風速を見ることができます。

【グラフ】

左上のグラフボタンをタップすると前日の午前1時からの気温、湿度、降水がグラフ表示されます。(湿度は観測していない地点もあります。)

【天気予報】

左上の予報ボタンをタップすると選択している地点を含む地域の天気予報が簡略表示されます。

【App Store】

App Storeへ

【ご意見・ご要望】

 milknopapa@fj8.so-net.ne.jpまでメールでお願いします。 [お願い]メール内に「AirOutsideについて」と明記してください。 (いろいろなアプリをつくっているので)
【外部リンク】
きのうの天気予報