希望1
障害年金相談室 “きぼう
病気やケガで困っている方のご相談にのり、 障害年金の“きぼう”を・・・・・お手伝いしています。
(  神奈川県内、東京都内のみなさま  )
希望2
年金手帳

年金制度と障害年金について

日本の年金制度は、「2階建年金」と呼ばれ、 20歳以上60歳未満の方は、原則、「国民年金」、 「厚生年金保険」のいずれかに加入することになります。
  • 厚生年金保険」に加入されている者は、 国民年金の第2号被保険者となり、 「国民年金」にも加入していることになります。
  • 年金制度
  • 障害の原因となる傷病の「初診日」において、 「国民年金」に加入していた者には「障害基礎年金」が、 「厚生年金保険」に加入していた者は「障害厚生年金」が支給されます。
  • 「厚生年金保険」に加入していた者は、「国民年金」にも加入していることになるため、 「障害厚生年金」に加え「障害基礎年金」を受けることもあります。
  • なお、「共済年金」は、平成27年10月に「厚生年金保険」に統合されています。

車椅子

障害年金の種類

障害年金」とは、 国民年金保険料・厚生年金保険料・共済年金保険料を納付されていた方が、病気やケガで、 仕事に制限を受けるときや、生活をする上で支障があるとき、支給される年金です。

  • 障害年金」の種類として、次のようなものがあります。
  • 傷害年金の種類
  • なお、「障害共済年金」は、 「障害厚生年金」とほぼ同様な障害年金となっています。
  • 異なる点は、「障害共済年金」には、職域年金相当部分が加算されますが、 在職中はそれが支給されません。

苦悩

障害年金の傷害等級

障害年金の「障害等級」は、障害の程度により、 1級、2級、3級があります。
障害基礎年金」は、障害等級1級、 2級で支給され、 「障害厚生年金」は、 障害等級1級、2級、3級で支給されます。
  • 障害の程度」については、下表のように定められています。
  • 傷害年金の等級
  • 障害等級」の一般的な目安としては、
    • 1級」は、 家庭内で、身の周りのことはかろうじてできる程度のもの。
    • 2級」は、 日常生活での不自由が多く、就業がかなり難しい程度のもの。
    • 3級」は、軽労働なら、8時間労働が可能であるが、 普通の8時間労働ができない程度のもの。 (例外もある)
  • なお、「障害手当金」については、特別な認定基準があり、 一般的には、障害等級「3級」より軽い程度のものとなっています。

お知らせ

障害年金が支給される条件

障害年金が支給される条件は、 「@初診日要件」 「A障害認定日要件」 「B保険料納付要件」を満たすことが必要となります。
  • @初診日要件とは
    初診日」において、国民年金または 厚生年金・共済年金の「被保険者」であること、  となっています。
  • A障害認定日要件とは
    障害認定日 (初診日から1年6月を経過した日、又は傷病が治った日)」に、 障害等級に該当する「障害状態 (国民年金は1級・2級、厚生年金は1級・2級・3級)」にあること、  となっています。
  • B保険料納付要件とは
    原則として、「初診日の前日」に、 初診日の前々月までの「被保険者期間のうち、 「2/3以上」が、「保険料納付済期間」、 「保険料免除期間」であるとき、「保険料納付要件」を満たしたとされます。
    なお、「初診日の前日」の納付状況であり、 初診日以降に追納した場合は「未納月数」として扱われます。
    保険料免除期間」とは、法定全額免除、申請全額免除、3/4免除、 半額免除、1/4免除、学生の納付特例、30歳未満の保険料猶予制度の期間をいい、 保険料を納付した期間として扱われます。
  • 納付要件1
  • ただし、「初診日の前日」に、 初診日の前々月までの「1年間」に、保険料納付済期間、 免除期間以外の期間がない(未納期間がない)とき、 「保険料納付要件」を満たしたとされます。
  • 納付要件2
  • なお、「障害手当金」については、初診日から5年を経過するまでに、 傷病が治っている(治療の効果が期待できなくなった) ことが条件として追加されます。
  • @ABの要件は原則であり、 上記の要件に合致しなくても支給が認められることもあります。
  • よく分からない場合は、 「障害年金専門」の社会保険労務士にご相談されることを勧めます。

支給

障害年金の支給額

「障害年金」は、初診日に「加入していた年金制度」により、 支給する金額が変わってきます。
年金の支給額1
  • 厚生年金の「報酬比例部分」の年金額は、  「A+B」 となります。
    • A=平均標準報酬月額×7.125/1,000× (平成15年3月以前の加入月数)
    • B=平均標準報酬額×5.481/1,000× (平成15年4月以降の加入月数)
  • ただし、「A+B」の加入月数が300月に満たない場合は、 「300月」となります。
  • なお、「に対する加算額」は、子が「18歳年度末」まで、 または子が障害の場合は20歳未満まで支給されます。
  • 配偶者に対する加算額」は、 配偶者が「65歳未満」まで支給されます。
  • 障害年金の全国平均支給額は、障害基礎年金の2級で「月7万円」、 障害厚生年金の3級で「月6万円」と言われております。

  • 通常は、「障害厚生年金」で1級・2級の障害が認定されると、 「障害基礎年金障害厚生年金」 が支給されることになります。
年金の支給額2

▲ このページの先頭へ