希望1
障害年金相談室 “きぼう
病気やケガで困っている方のご相談にのり、 障害年金の“きぼう”を・・・・・お手伝いしています。
(  神奈川県内、東京都内のみなさま  )
希望2
ヒアリング

障害年金の請求代行の流れ

障害年金相談室“きぼう”」では、みなさまからのご相談を、 「何回でも無料」でお受けしておりますすので、 お気軽にご利用ください。 ご相談する中で、当相談室に障害年金の「請求代行を依頼」する場合は、 次の手順で進めていきます。
  1. 初診日、 病歴などをヒアリング
    • 皆さまから、「初診日」、 「病歴」などの詳細をヒアリングさせていただきます。
    • ヒアリングは喫茶店やご自宅などのご指定の場所に 出向き、直接お話をお伺いしますが、皆さまのご要望、 または遠地の場合は、 メール・郵送で行なうこともあります。
  2. 保険料を納付していたかを ヒアリング
    • 保険料の納付」状況を、 詳細にヒアリングさせていただきます。
  3. 請求代行の委託契約
    • ヒアリングの結果、障害年金が支給される可能性がある方には、 当相談室での「請求手続きの方針」、 支給が決定した場合に「支払う報酬」 などをご説明させていただきます。
    • 当相談室のご提案内容に納得いただき、請求をご依頼したいと判断されましたら、 障害年金の請求のための「委任状」をご提出していただきます。  また、「請求代行の委託契約」をさせていただきます。
    • この時点で、請求代行の依頼を断っていただくこともできます。
  4. 年金事務所で必要な書類を入手
    • 当相談室では、年金事務所に「委任状」を持参し、 保険料の「納付履歴」を確認します。   また障害年金の請求に必要な次の「書類を入手」します。
      • 受診状況等証明書
      • 診断書
      • 病歴・就労状況等申立書
      • 障害年金裁定請求書
  5. 受診状況等証明書の取得
    • 障害年金が受給できる要件の一つが「初診日」です。
    • 「初診日」が間違っていると、その後の手続きをやり直さなければならないこともあるため、 慎重に確認する必要があります。
    • 「初診日」の審査で最も信頼されるのは、 「受診状況等証明書」です。
    • 「受診状況等証明書」は、初診を受けた病院から作成してもらいます。
    • この時点で、年金相談室では、 「受診状況等証明書の依頼書」を作成しますので、 病院にお渡しいただきます。
    • 「初診日」が特定できない複雑な場合は、 当相談室で病院にお伺いすることもあります。
  6. 主治医に診断書の作成を依頼
    • 主治医の「診断書」は、 障害認定を受ける上で最も重要なものとなります。
    • この時点で、当相談室では、 あなたから日常生活について独自の聞き込みを行ない、 「医師への診断書の依頼書」と 「診断書記載の参考資料」を作成しますので、 主治医にお渡しいただきます。
  7. 医師による診断書の内容を確認
    • 主治医に「診断書」を作成してもらったら、その「内容を確認」し、 診断書の内容が事実と異なっていたら、主治医に修正してもらいます。
    • 当相談室でも確認させていただき、皆さまとご相談しながら適切な対応をいたします。
  8. 病歴・就労状況等申立書の作成
    • 病歴・就労状況等申立書」も、 障害認定を受ける上で重要なものとなります。
    • 「申立書」には、発病から初診日までの経過や、初診日から現在までの病院ごとの受診状況、 障害認定日と現在の日常生活の状況、就労状況を記入することになります。
    • 当相談室では、皆さまから日常生活の状況を詳細にヒアリングし、 ご本人に代わり、細心の注意を払いながら 「病歴・就労状況等申立書」を作成します。
  9. 住民票などの添付書類の整備
    • 「受診状況等証明書」「診断書」「病歴・就労状況等申立書」以外にも、 「住民票」「戸籍謄本」「年金手帳」などの書類を取り寄せます。
  10. 障害年金請求書の作成
    • 当相談室では、ご依頼者からヒアリングした情報をもとに、 「障害年金裁定請求書」を作成します。
  11. 障害年金請求書の提出
    • 必要書類が整いましたら、当相談室で、各書類間の整合性を再点検し、 書類一式を年金事務所に提出します。
  12. 日本年金機構からの問合せ
    • 日本年金機構」からの問合せ(照会) がある場合があります。   求められた回答や、追加書類の提出を行ないます。
    • この場合、提出された書類のどこを問題にしているのかを把握し、 関係資料や意見書などをできるだけ多く提出するのがよいです。
    • 回答内容によっては、実際の症状よりも軽く認定され、 支給されるはずの年金が支給されないこともあります。
    • 当相談室では、日本年金機構からの問合せにも、 慎重に対応いたします。
  13. 障害年金の支給、不支給の決定
    • 障害の認定は、国の審査部門が「診断書」、 「病歴・就労状況等申立書」などの資料を見て客観的に判定し、 年金の支給、不支給が決定されます。
    • 障害年金の支給が決定されると、 「年金の支払に関する通知書」と 「年金証書」がご本人に郵送されてきます。   一般的には、書類提出後、「3月」が目安となります。
    • ご本人に郵送された「通知書」「年金証書」は、 コピーをしたものを当相談室にご送付いただくことになります。
  14. 当相談室へ報酬の支払い
    • 年金証書が送付された後、約「2月後」に障害年金が振込まれます。
    • 障害年金の「初回の支払い」があった場合、当相談室に、 報酬をお支払いいただくことになります。
  15. 障害年金が不支給とされたとき
    • 障害年金が「不支給」となった場合は、 当相談室へ報酬を支払う必要はありません
    • 「不支給」の場合は、 再請求(審査請求)を行なうかどうかを検討します。
    • 再請求を行なう場合でも、 障害年金の支給が認定されない場合には報酬をいただくことはありません。

握手

障害年金の請求を専門家に
         お願いするメリット

障害年金の請求は、ご本人でもできます。
  • しかし、手続きが複雑で、特に、 「初診日の認定」「主治医の診断書」 「申立書」には特別な注意が必要です。
  • このため、専門家 (=社会保険労務士)に相談し、アドバイスを受け、 事実を適切に記載した請求書類を揃えるのが、 受給にたどり着く近道となることが多いです。
  • 専門家は、一般的には障害認定を受けるときに、 事実を適切に記載するにはどうすれば良いのかを熱心にアドバイスしてくれます。
  • また、専門家にお願いすることにより、請求の手続きが早く行なわれ、 その分早く、障害年金の受給が可能になることもあります。

▲ このページの先頭へ