希望1
障害年金相談室 “きぼう
病気やケガで困っている方のご相談にのり、 障害年金の“きぼう”を・・・・・お手伝いしています。
(  0 9 0 −  2 7 3 1 − 4 0 8 4  )
希望2
お辞儀

ごあいさつ

障害年金相談室“きぼう”」に、 お越しいただきありがとうございます。
当相談室は、病気やケガで困っているみなさまに、 障害年金の「ご相談を専門」とし、 ご希望に応じて障害年金の請求のお手伝いをさせていただいております。
  • 次のようなことで困っている方が多いといわれています。
    1. 病気やケガで、就労や日常生活が大変である。
    2. 障害年金を受給できる可能性が、あるのかどうか分からない。
    3. 障害年金を受給できそうだが、手続きが複雑で不安である。
    4. 障害年金の専門家に相談したいが、費用が心配である。
  • もし、病気やケガで、 生活や仕事などが「制限」されるようになった場合には、 障害年金を受けることで、 “きぼう”を持った生活ができるようになるかもしれません。
  • 当相談室は、多くの方に、障害年金制度を知っていただき、ご相談を通じて、 障害年金という“きぼう” を感じていただけたら幸いだと思っております。

年金手帳

障害年金の支給

障害年金」は、いろいろな病気やケガで要件を満たせば支給されますが、 請求しなければ支給されることはありません。
  • しかし、「障害年金」の制度はあまり知られていないため、 障害年金が支給される多くの方が請求しないでいると言われています。
  • このホームページでは、「障害年金」の制度について解説し、 ご相談と請求のお手伝いについて、ご案内いたします。
  • 「障害年金」の制度や、請求方法について、分からないことがありましたら、 お気軽に、「障害年金相談室“きぼう”」にご相談ください。

希望

障害年金相談室“きぼう”の特徴

当相談室では、病気やケガで困っている方のご相談にのり、 「障害年金」という経済的な安心感を持ち、 “きぼう”を持った生活をご支援したいと思っております。
  • 障害年金相談室“きぼう”」の 特徴は、
    1. 病気やケガで困っている方に、何回でも、 「無料でご相談」いたします。
    2. 困っていることをじっくりと聞き、助言をするとともに、ご希望に応じて、 当相談室が「お手伝い」できることをご説明いたします。
    3. 「障害年金」の請求のお手伝いをした場合に、もし年金が受給できなかったら、 「報酬」をいただくことは ありません
    4. 「障害年金」が受給できた場合でも、生活にお困りの方については、「報酬」の 「減額または猶予」に対応いたします。
    5. ご相談いただいた皆さまの「プライバシー」は、 保護いたします。

  • 当相談室は、ご本人やご家族から傷病状況などを詳細にお聞きし、 「障害年金」の請求のために何をすべきかをアドバイスし、 「障害年金」の請求手続きのご依頼を受けたら、事実に基づき請求手続きを進めます。
  • 診断書」を作成していただく主治医さまには、 ご本人が伝えきれない日常生活で困っていることをご本人に代わって伝え、 診断書に簡潔に記載されるよう努力をいたします。
  • また、「支給要件」や「障害認定」を判断するに必要な内容を 「病歴・就労状況等申立書」に記載し、 年金事務所に「障害年金」の請求を行ないます。

  • 「障害年金」の請求は、書類の取り寄せ、診断書の依頼、申立書の作成など、 身体的・精神的にも大きな負担がかかります。
  • 障害年金相談室“きぼう”」では、ご本人や、 ご家族のご負担を減らすため、 全力で請求手続きを進めます。  (^-^)

  • 障害年金相談室“きぼう”」が、よく「ご相談」を受ける 「傷病と障害年金」については、次を参照いただければと思います。
  •       人工透析(腎不全)」と障害年金
          うつ病(気分障害)」と障害年金
          がん(癌)」と障害年金

    • 私は「人工透析」療法中であるが、いつが初診日なのか分からない?
    • 私は「うつ病」で仕事を休みがちであるが、障害年金の受給が可能なのか、 予備診断をしてもらいたいが?
    • Aさんは、「胃がん」でお仕事が充分にできないため、いつも助けているが、 障害年金の受給資格があるのかしら?

  • どのようなことでもかまいませんので、お気軽に「お電話」 でご相談ください。
  • お電話は、 090 − 2731 − 4084  となります。

▲ このページの先頭へ