日本キリスト教会 大森教会


 「大森講座」 創設のご挨拶

 私共の日本キリスト教会大森教会は、ことし教会建設70周年、伝道開始80周年を迎えました。
その記念事業の一つとして「大森講座」を創設いたしました。
 教会は伝道しなければなりません。そしてその伝道がみ旨にかなってすすめられて行くために、絶えずみずからの信仰を検証していく必要があります。それを怠るとき、神のみ業である伝道が人間の恣意によって、なされる危険にさらされます。それゆえ旺盛な伝道心が、私共の教会の伝統に立つ生き生きとした神学によって検証され、あわせてそれによって裏打ちされなければなりません。
 ここに真摯な若い神学徒が、つねに継続的におこされ、次の時代を展望しつつ正しく教会を建てる神学を産み出し、構築する力とならなければならないと考えます。
 そのような若い神学徒の学びと、その発表との機会を提供したいと願い「大森講座」創設するにいたりました。
 この講座は毎年1回秋に開きます。その記録は直ちに印刷に付し、公刊いたします。
 皆様のご理解をお願い申し上げます。


1985年9月
                                         日本基督教会 大森教会



 「大森講座」 11年目にあたって

 「大森講座」が創設されて十年たちました。
 初期の目的にそって、若い神学徒が継続的におこされ、この講座を実りあるものとされたこと、多くの理解者からたえず励ましをいただいたこと、そして新教出版社が全面的に協力してくださったこと、感謝にたえません。
 研究分野が多岐にわたって、講座を華やがせ、また充実させていると思います。
 教会が産み出す神学の泉の涸れることがなければ、そしてその神学が真の意味で教会に仕えるならば、憂いの多い日本の伝導にも希望を失うことはないと信じます。
 主がゆたかに大森講座を支えてくださいますように。


1996年2月
                                         日本キリスト教会 大森教会