最新情報 プロフィール、過去のお仕事情報 業務案内 公式ブログ グルメナビ リンク
私が食べておいしかったお店の
特においしかった料理を皆さんにご紹介します。
ニシン漁で栄えた港町で食す格別な味
「薮半」
小樽市稲穂2丁目19番14号 静屋通り
電話 0134-33-1212  予約電話 0120-014828
URL:http://www.yabuhan.co.jp/

おすすめ 「にしん蕎麦」

蕎麦の美味しさと店のたたずまいで知られる小樽の老舗。
もりそばもいいけれど敢えて。別皿に盛られたニシンは柔らかくやや薄味に仕上げた上品なもの。
生臭みはゼロ!味わい深い逸品です。
藪半
藪半
にしん蕎麦
にしん蕎麦
ビール片手にダイエットの敵を食べる
「米風亭」
札幌市中央区南3条西1丁目2-4 和田ビル1F  011-271-7397
URL:オフィシャルfacebook

おすすめ 「油そば」

何が美味しいのだろうか。
もちっとした麺に絡む独特の塩っけのある油?
北海道弁で「食べさる」「食べささる」!味です。
お店にはベルギービールなども種類豊富。
油そばをおつまみがわりにしてもいいですね!
油そば
油そば
ホッとする美味しさ
「らーめん 五丈原」
札幌市中央区南7条西8丁目1024-24  011-561-3656

おすすめ 「とんしお」

かつて一世を風靡したらーめん店ですが、今は異常なブームが去り
落ち着いた味自慢のお店になりました。
食券を買いカウンターで手渡し方式。
あっさりしているのに、旨みが凝縮されたスープ
すごくやわらかでお肉のうまみが残っているチャーシュー、安定しています。
お向かいの「海老そば一幻」と比べると栄枯盛衰の趣ですが
味は負けてないぞ!
らーめん五丈原
らーめん五丈原
とんしお
とんしお
ほっとする柔らかさ・・・
「洋菓子の欧風堂」
京都市中京区竹屋町通烏丸西入ル  075-221-2022
URL:http://www.ofudo.jp

おすすめ 「ワッフル」

ふわふわ焼きたての軽いワッフルの中に
卵のいい香りがするカスタードクリームがたっぷりとはいった
昔ながらの、お母さんの優しさあふれるワッフルです。
生地はふんわりソフトなのに、ずっしりとクリームが入っているので
食べるのは少しむずかしいぞ!
京都御所観光の折にぜひ立ち寄りたいお店です。
絶品のバームクーヘンもお勧めですが、こちらは通販あり。
お店に行かなきゃ食べられないワッフルをぜひお試し下さい。
洋菓子の欧風堂
洋菓子の欧風堂
ワッフル
ワッフル
優しい湯気が幸せを連れてくる中華
「GRIS -ぐり-」
札幌市中央区南2条西8丁目5-4 FABcafeビル4F  011-206-8448
URL:オフィシャルfacebook

おすすめ 「蒸し物」

中華を食べるぞ!という気構えと胃構えは不要。
優しい味わいで心を満たしてくれるのです。
セイロに入った熱々の焼売は、いくらでも食べてしまいそう。
ちょっと薫製をかけた青魚のお刺身など、和テイストもいい感じ。
3,000円のコースでしたが、驚きの充実です。
ただし古いビルをリノベーションしたお店につき、急な階段を4階まで上がる必要がありますのでご注意。
上る価値あり!インテリアも素敵ですよ。
(営業時間はお電話又はオフィシャルfacebookで確認を。)
シュウマイ
シュウマイ
〆鯖の燻製と焼きみかん
〆鯖の燻製と焼きみかん
天然酵母パンのお店
「パン工房 Michi」
札幌市豊平区美園9条2丁目7-16  011-598-6002
URL:http://ameblo.jp/miti-pankoubo/

おすすめ 「豆乳クリームパン」

天然酵母パンのお店。豆乳クリームパン190円に出会ってしまった。
なんて優しいクリームパン!!
ちょっとわかりにくい場所にあるのだけれど、探してでも行く価値あり!のクリームパンです。
優しいもちもちパンの中に、豆乳のクリームがぷるるん!
牛乳のカスタードに比べ、さっぱりとしていて、これまた優しいクリーム。
ダイエットとかアレルギーといった加点抜きに、ただただ「おいしいから食べたい!」そんなクリームパンです。
ぎょうざの宝永のお隣、青いドアが目印です。

(定休日・営業時間はお電話又はオフィシャルブログで確認を。)
中華を食べた満足感 価値あるラーメン
「四川菜麺 紅麹屋」
札幌市豊平区美園5条6丁目3-13 NSビル1F  011-831-5505
URL:http://benikoujiya.com/

おすすめ 「酸菜辣羹湯麺  スーラータンメン」

様々な香辛料を使う複雑な味と香り。
発酵白菜と紅麹酢と黒胡椒と....。
なんとも、あと引く、さっぱりなのにコクのある中華の一品。
卓上の調味料で少し味を変えながら食べるのも楽しみ!
ぐりとぐらが食べたのかも?!
「スマート珈琲店」
京都市中京区寺町通三条上る 天性寺前町537  075-231-6547
URL:http://www.smartcoffee.jp/

おすすめ 「ホットケーキ」

京都の老舗喫茶。
いかにも老舗らしい雰囲気の中、漂うコーヒーの香り。
ホットケーキは甘すぎず、ふんわりしすぎず絶妙!
バターで、メイプルで....。大人の雰囲気なのに、童心に戻るような、癒されちゃう優しい味です。
ホットケーキ
ホットケーキ
優しいおいしさ! スープカレー
「カリーキッチン スパイスポット」
札幌市白石区菊水6条1丁目6-11  011-816-4814

おすすめ 「チーズトマト&野菜のカレー」

ラーメンと並ぶ札幌名物となったスープカレー、辛い!こってり!薬膳風!
好みは人それぞれ。
いろいろな味があるのも面白いところ。
こちらは、とにかく優しい!
野菜と鶏のうまみが、土鍋に入ったスープカレーに自然に溶け出ていて、
美味なるスープとして味わえます。
冷めないので最後まで熱々で食べられるのも美味しさの秘密です。
写真はチーズトマト。トマトを崩しつつ食べるのがまた美味しいのです。
チーズトマト&野菜のカレー
チーズトマト&野菜のカレー
いつでもうれしいサプライズがあるフレンチ
「ミクニ サッポロ」
札幌市中央区北5西2-5JRタワーホテル日航札幌
札幌ステラプレイスセンター 9F  011-251-0392(直通)
URL:http://www.jrhotels.co.jp/tower/restaurant/mikuni/

おすすめ 「8000円のコースディナー」

敷居は高くなく、とても暖かいムード。
料理は北海道の食材の晴れ舞台!いつも驚きと感動の美味しさを教えてくれます。
バランス良く頂けるコースがおすすめ!ボリュームは男性でも満足の量。
わがままなリクエストにも一生懸命こたえてくれるホスピタリティが素晴らしい!


タイ国政府認定店! なんですって!!
「ジッラダ」
札幌市中央区南4西5丁目(東向き)  011-232-3150
URL:http://www.tosh-net.com/jitlada/

おすすめ 「トムヤムクン」

辛いだけではない、甘み、塩味、そして酸味が見事なタイ料理。
トムヤムクンは、おいしいエビに加え、レモングラスたっぷりです!
日本人好みにしない、というこだわりが素晴らしい。


そばが生きているみたい・・・
手打蕎麦の「たぐと」
札幌市西区西野1条3丁目2-2 011-663-6733

おすすめ 「もりそば・ゴボウ天そば」

蔵を改装した喫茶店のような建物、内装も洋風。だがしかしお蕎麦屋さん。
注文が積もっても2〜3人前づつしかゆでないというこだわりの更科。
そばの色、つや、甘い香り・・・そして歯を刺激する強い弾力。
すばらしいお蕎麦です。
ゴボウの天ぷらと知床鶏の熱いつゆをつけて食べるのもたまりません。
「たぐと」外観
「たぐと」の外観
もりそば
もりそば
すっきりと心静かに蕎麦を味わうなら
「手打ち蕎麦 まん作」
上富良野町西町二丁目 0167-45-6523

おすすめ 「たまごとじそば」

札幌の さくら庵で修行をしたという若いご主人が営むシンプルなお店。
道産のソバ粉を自分で挽いています。そばは甘い香りがはっきりとわかる更科系。
とじた卵は、ふわふわ、おだしもばっちりです。
翌日は、冷やぶたと香味野菜のおそばをいただきました。こちらもみょうがと富良野ポークがマッチしておいしい!。
たまごとじそば
たまごとじそば
冷ぶたと香味野菜のそば
冷ぶたと香味野菜のそば
すすきので留萌の海の幸を堪能できるお店
「おしどり」
札幌市中央区南4条西3丁目2 第2グリーンビル6F  北海道ふるさと村 011-551-2636

おすすめ 「糠にしんチップス」「まるまんまホタテ」

小さなお寿司やさんの風情ですが、出される料理の活きの良さとおいしさにため息。
留萌(周辺)の海の幸を、漁師とおしゃれの風情をミックスして食べさせてくれるお店です。
糠にしんチップスはパリッパリで旨みがギュ!  日本酒がすすみます。
ホタテは柱の大きさに驚きますが、もっと驚くのは包丁が入っていないこと。
柱にかぶりついて甘みを堪能!  ひももすべて、めまいがするほど美味でした。
糠にしんチップス
糠にしんチップス
まるまんまホタテ
まるまんまホタテ
豚肉ってこんなに美味しかったの?と言うこと間違いなし!
「平田牧場」
札幌パルコ8階レストラン街

おすすめ 「豚しゃぶ」

全国で大人気の、お米育ちの平牧三元豚を
しゃぶしゃぶで贅沢に頂きます。
ジューシーで、香りが良くって、そして何より脂の甘みが・・・。
とんかつやさんの印象ですが、こんなすばらしいメニューがあります。


目で楽しみ、舌で楽しみ、幸せになる和食のお店
「うさぎや」
札幌市中央区南3条西3丁目 プレイタウン藤井ビル9階 011-221-2728

おすすめ 「女将おまかせのコース」

女将の中沢さんが一人でこしらえているとは仰天!の
手の込んだ、食べるのがもったいないくらいのつきだしからはじまり、
季節の野菜と魚を上品にとりいれたコース。
しょっちゅう京都に行き、味や盛りつけを学んでいるそう。
幸せな気持ちになれるお店です。
(のれんも看板もありません。中にはいると左手にウサギの置物があります。)


繊細な味わいの生ラムジンギスカン
「ラムハウス ケケレ」
札幌市中央区大通西16丁目 011-611-0299 URL:http://danke.cc/

おすすめ 「生ラムジンギスカン」

アイスランドから直輸入の枝肉をご主人がさばいています。
ハーブ塩味が軽くついているので、何もつけずに召し上がれ!
野菜も一工夫があっておいしいんですよ!
ケケレの外観
ケケレの外観
生ラムジンギスカン
生ラムジンギスカン




















「気どらない」けど「きちんと」グルメなイタリアン
「リストランテ テルツィーナ」
札幌市中央区南2条西1丁目 アスカビル2F 011-242-0808
URL:http://www.terzina.com/index.html

おすすめ 5000円のコース

久々に訪ねたお店は、以前よりフランクで
楽しいお店になっていました。
5千円のコースはコストパフォーマンス優秀です。
  1. 黄パプリカのムースはウニのソースで!

  2. 桜鯛のタリアータはグレープフルーツとさっぱりと。

  3. イカスミ生パスタはタラバガニとトマトのソース、
    日本人なら絶対好き!な味です。

  4. 乳飲み子羊とスナックエンドウのリゾット
    見た目がいまいちで写真を撮りませんでしたが、味は最高!

  5. 牛ヒレ肉グリル 
    ジューシーでした。旬のアスパラがソースにも使われていました。

  6. デザート2皿と小菓子
    デザートが多いとうれしいですよね。
    ジャスミンティーのシェイクとライチのシャーベット
    ピスタチオのセミフレット
桜鯛のタリアータ
桜鯛のタリアータ
イカスミ生パスタはタラバガニとトマトのソース
イカスミ生パスタはタラバガニとトマトのソース
牛ヒレ肉グリル
牛ヒレ肉グリル
ピスタチオのセミフレット
ピスタチオのセミフレット
前回のテルツィーナ訪問レポートはこちらをクリック

なぜかきさくな高級フレンチレストラン
「ル・バエレンタル」
札幌市中央区南1西28丁目 011-632-7810

おすすめ 「10,500円のフルコースディナー」

その館のような外観から、入りにくいと思われがちですが、
実は、とてもきさくなマダムやソムリエがいる、
ほっとできるレストランです。
難しい名前の料理も、わかりやすく楽しく解説してくれます。
以前、私が暖炉好きだとお話しすると、
お店にある暖炉を維持管理する苦労話をしてくれたことも・・・。
料理は、アイディアいっぱいで楽しいこと請け合い。
メインのお皿はもちろん、付随する小さな料理アミューズが
ワクワクさせてくれるんです。
ちょっとしたエンタメかもしれませんよ。
予約の時に、いろいろ相談に乗ってくれるので、
とっておきの日にはぜひ!

素材をいかした市場の中のイタリアン
「Osteria YOSHIE」
札幌市中央区南3条東1丁目 のれん横丁2階 011-231-2778

おすすめ 「おまかせ3800円のコース」

札幌の観光名所 二条市場にできた のれん横丁。
2階への階段をのぼったすぐ左のドアが「YOSHIE」
さっぱりと、素材の味をいかした調理法で
ポーションも小さめ
プロセッコをおともに、
「味わう」という言葉がぴったりの食事ができます。
お店は小さいながら暖かい雰囲気でくつろげます。
4人限定の半個室もいいですよ。
一切れの鱒
一切れの鱒、
苦味と甘みが絶妙な
オレンジピールのソースで
大好物タチ
大好物タチに
チーズをのせてこんがりと
鹿肉のソテー
鹿肉のソテー
ほんの2口がちょうどいい
赤身の旨みを堪能
おしゃれで美味しい大人のイタリアン「φ(ファイ)」
札幌市中央区南2条西5丁目(中通り「もっきりや」の角の細道を左折) 011-219-8244

おすすめ 「たちとゴルゴンゾーラのソテー」

知る人ぞしる「φ」。
本当にいつ行っても美味しいものを食べさせてくれます。
なかでも、冬にしかたべられない「たちとゴルゴンゾーラのソテー」は、
ふわふわのたちに、ゴルゴンゾーラをのせて焼いたもので、
あたたかい青カビチーズの香りと塩分が、たちの旨味を3倍引き立てます。
この料理と、ふぐの白子の塩焼きとどっちがおいしいと聞かれたら……
ほんと、困ってしまいます。
それから、野菜のおいしさと美しさを堪能できる「バーニヤカウダ」もお忘れなく!


おすすめ 「小鹿のタルタル  6,500円のコース」

釧路の野生の子鹿を、タマネギなどとともにミンチにしたもの。
ふわっと広がる甘みと旨みが
もっと、もっとと舌をせきたてます。
バイオレットマスタードのベリーな甘みとも絶妙な相性。
生涯で一番のジビエとさせていただきます!
小鹿のタルタル
小鹿のタルタル
ワインと料理のマリアージュ
「翔瑞(しょんずい)さっぽろ」
札幌市中央区南3条西3丁目プレイタウン藤井3階

おすすめ 「芽キャベツのフリットと白ワイン」

一見ワインバー、大きなカウンターがメインのお店ですが、
料理にもこだわりを持っているんです。
コースで頼むと、料理に合わせたワインを見事にセレクトしてくれます。
中でも笑っちゃうくらいおいしいのが、
芽キャベツを素揚げしただけのシンプルな料理と
マスターお勧めの白ワイン。
はまります。

ジャポンが香るフレンチの店
「Restaurant MiYa-Vie レストラン ミヤヴィ」
札幌市中央区南6条西23丁目4-23 r.blanc一階(旧クレッセンテ) [HP]

おすすめ 「野菜とグリル」

ここのフレンチの食後感は、会席料理を食べたあとのようです。
バターやクリームがどっしりと残るフレンチではなく、
塩と胡椒と、ミソと、ゆずと……。
舌がおどろく、和の味わいなのです。
そっと添えられる野菜の風情も、やはり和。
年輩の方にも喜ばれる貴重なフレンチです。

体にやさしい中華のお店「茶月斉」
札幌市中央区南3条西8丁目12-4 011-272-4202 

おすすめ 「創作中華のおまかせコース」

一見喫茶店のような店構え、おしゃれでワインが似合うお店です。
ここの中華はとにかく「ヘルシー」で野菜がたくさん使われています。
ぜひコースで頼んで独創的な料理に驚きつつ、味わってください。


冷たくおいしいニセコの水がつくるそば「そば処 楽一」
ニセコ町字ニセコ431 ニセコアンヌプリスキー場入り口そば 0136-58-3170 

おすすめ 「十割そば」

ニセコらしいログハウス群のひとつ「楽一」
カウンターだけのしゃれたお店で、
ご主人が、注文を受けてから、そばをのし、切り、ゆでます。
ですから、待ちます。
それでも「私が食べるおそばを今切っているのね!」というワクワク感が
たまりません。
たれのかつおの風味も絶妙です。
人気のお店のようなので、休日はお早めに。

「レストラン プロヴァンサル キムラ」
中央区北3条西18丁目2-4北3条ビル1階 011-612-4005 [HP]

おすすめ 「野菜をメインにした料理」

角に、黄色く温かい光が見えたら、そこが「プロヴァンサル キムラ」
ビストロ風の、気楽なつくりの南仏料理店です。
産地にこだわった道産の野菜が主力で、
それを活かすために、おいしいソースを作り、
フランスらしい一皿にしてくれるのです。
ソースの存在が、イタリアンとの違いを実感させてくれます。
自家製パンと美しいグリーンのオリーブオイルにも
南仏を感じます。

「ケルクショーズ」
中央区南4条西6丁目 新橋スタンプ商会の階段を上がった2階 011-251-2815

おすすめ 「低温調理のフォアグラ」

フォアグラはおいしいけど沢山は食べられない、と思っていましたが、
ここのフォアグラは別!
低温調理で何時間もかけてじっくり火を通したというフォアグラは
ふんわりとやわらかく、生臭みはみじんもなく、旨味だけが凝縮されています。
さっぱりとしたフォアグラ。
はじめての体験でした。
普通のフォアグラではなく、ぜひ低温調理でと予約時に言いましょう。
自家製の生ハムもおいしいです!

札幌一の老舗料亭「浪花亭」
札幌市中央区南4西4松岡ビル1階(北側中通りののれん) 011-231-7280

おすすめ 「炊いたもの」

料亭と聞いて尻込みする事なかれ。
大きくて歴史を感じさせる木のカウンターと
その中で行われる全ての調理。(今風で言うとオープンキッチン)
あざやかな包丁さばきや無駄のない仕草が、美味しい予感を駆り立てます。

北海道のこだわりの食材が、
その名の通り、関西と九州で修行した兄弟板前さんにより、
繊細な料理に。
ことに、だし汁の旨味を効かせた炊いたものは、絶品です。

それから、浪花亭名物・トマトの三杯酢も食すのをお忘れなく!

タイ料理「ジダパ」
札幌市中央区南3西3サンスリービル9階 011-222-1180

おすすめ 「トム・カー・ガイ鶏のココナッツミルクスープ」

おすすめトム・カー・ガイ鶏のココナッツミルクスープ
タイ人の女性が経営する家庭的でリーズナブルなお店。
辛さがほどよく、何を食べてもおいしいのですが、
特におすすめは、トム・ヤン・クンの白いバージョンという感じの
ココナッツミルクが入ったスープ。
柑橘の爽やかな酸味とココナツのまろやかさ、
そして、ほんのり後から効いてくる辛み。
やわらかい鶏肉の旨味も絶妙です。
止まらなくなってしまいました。
そのほか、青いパパイヤのサラダや空心菜の炒め物も美味しい。
タイのビールとともに!!

人ごとと思えぬ!?ラーメン店「庵(いおり)」
札幌市中央区南4条西16丁目2-20 011-512-5160

おすすめ 「味噌ラーメン」

おすすめ味噌ラーメン

妹家族絶賛の店に連れて行ってもらう。
なんと言っても、自分と同じ名前の店、内心どきどき。
味噌ラーメンは油の層が5ミリ見えるほどこってりで、最後まで熱々。
こくのあるこってりスープだというのに、なぜか後味さっぱり。
全体に塩加減がやや薄めなのが、うれしい。
食べながら疲れてくるラーメンが多い中、
最後まで元気いっぱい、ニコニコおいしくいただけるいっぱいです!

気の利いた料理とびっくりの焼酎メニュー「たべごと屋  ござる」
札幌市中央区南4西1酒井ビル1階 011-232-9550  [HP]

おすすめ 「三元豚の角煮」

場所がふるっている。スガイビルと36号線の間の薄暗く怪しい路地を入っていくと
右側に、薄暗く下町チックな引き戸が……。そこが「ござる」でござる!
不思議におちつく店内は、意外に広い。
おいしかったのは、キリッと冷えた茶碗蒸し、40分かかるがまぐろのカマ……
おすすめの三元豚は、平田牧場という山形の牧場が全国的に展開しているグルメ豚。
ジューシーで、脂身が甘くてあっさり。古平に牧場ができ、北海道でも食べることが出来るようになったそう。
いずれも小さめのポーション、そして焼酎のメニューが膨大!

黒酢たっぷり味わいの中華「魯山」
札幌市豊平区中央通10丁目 011-855-4462 

おすすめ 「小籠包」

小籠包

意外な場所に意外な本格派。
注文からやや時間がかかりますが、待ち時間も美味しさのうち!
油っぽすぎぬ肉汁がジュワっとあふれ出る「小籠包」。
歯触りしゃきしゃきの細切り生姜と一緒にいただきます。
他のメニューは、やや甘めの味付けながら、テーブル上の「黒酢」をかけることで、絶妙なコクと旨味になります。
ディナーは17時30分から22時まで。夕食時に行くなら、予約することをお勧めします。

rozan_2.jpg(2399 byte)  rozan_3.jpg(2347 byte)  rozan_4.jpg(1864 byte)



シチューの店「ポトフ」
札幌市清田区真栄5条2丁目2-22 011-884-8900 

おすすめ 「アメリケーノシチュー」

アメリケーノシチュー

シチューの店「ポトフ」 アメリケーノソースといえば、ロブスターの料理に美しく添えられる黄金のソースです。
エビのミソをつかった濃厚な風味は、ロブスターにたっぷりとからませつつも、もっとつけたい、からめたい!と思ってしまうもの……。
それがなんとシチューになって、これでもか!これでもか!とスプーンですくって飲めるんですから、嬉しいのなんの!
具には、シーフードやポテトがたっぷり。でも絶妙だったのはつぶ貝でした。
もうこれで一年間は満足できる……。そんな美味しさでした。


鮨処うえの
札幌市中央区南6条西3丁目ジョイフルサッポロ1階 011-513-0567 [HP]

おすすめ 「おまかせ江戸前握り」

道産子の私。お鮨は新鮮で大きなねたがどーんとのった、北海道が最高! と信じて疑っていなかった。
しかし、ここの江戸前鮨を食べて、目からウロコ!
お任せでお願いすると、一口ほどの手の込んだあてが次から次へ、
いよいよ握りとなっても、「これはどのようにして調理したのかしら?」という見た目と味。
基本的に素材まんまのお鮨は出てきません。
北海生鮨もいいけれど、江戸前鮨も……。比べられない美味しさです。

「わか竹」
江別市野幌末広町1番6 011-381-0188

おすすめ 「めかぶせいろ」(更科)

江別でおそばを食べるならここ!
3種類のお蕎麦、更科か藪か生粉打ちの中から一つを選びます。
値段も違います。
私が食べたのは「更科のめかぶせいろ」。
上品で細く薄いそばは、さわやかな喉ごし。
めかぶは、もずくのように細く磯の風味がしっかりとして、
ねばりがそばを包み込みます。
気になったのは、鰊そば。自信がありそうでしたよ。次回はきっと!

富良野市 麓郷「小野田旅館」
富良野市麓郷市街地 0167-29-2662

おすすめ 「もりそば」

もりそば

北の国からのロケ地で知られる麓郷のおそば屋さんです。
旅館という看板がなんとも……。
店内は有名無名人の名刺や色紙でいっぱいでした。観光地なんですね。
そばは太めではごたえ十分。特徴はカツオが効いたつゆで、かなりの薄味なんです。
濃いつゆを先にちょっとつけて食べたい私には、歯がゆさもありましたが、同行したみなさんは、そのつゆの上品さとヘルシーさにノックアウトされていました。
小野田旅館


幌加内「そば屋八右エ門」
幌加内町字幌加内 0165-35-3521

おすすめ 「二色そば」

二色そば

役場の方に勧められて行きました。普通の民家で、靴をぬいでたたみの部屋でそばをいただきます。
なにしろ、この町でとれた蕎麦の実を、この町で製粉して、この町で打って、ゆであげて……というまさに本場の味。
ご主人は旭川市内の店をしめ、わざわざ幌加内に引越をしてきた方だそうです。
太い10割そばと細い8割そばを両方味わえる二色そばは850円。
そばの香りがほんのりと、どとらも甲乙つけがたく、両方食べられて幸せ!という味でした。

八右ェ門


「銀波露」(ぎんばろう)だまってしまう美味しさ!
江別市大麻113-12 011-387-0010

おすすめ 「醤油ラーメン」

江別市三番通り(厚別通り)の左手、札幌から江別に入ったとたんに見える、こじゃれたお店です。HTB報道車のドライバー「グルメット三上さん」に教わりました。
ここの醤油ラーメンが、濃厚なトンコツで、微妙に苦い焦げ味がして、たまねぎが入っていて、かりかりのニンニクがのっていて、チャーシューがふっくらしていて、すっごくおいしい! 久々に無言で食べてしまったくらい気に入りました。その上、つねに人が並んでいるんですが、後かたづけや案内などの手際がすこぶる良く、人をいらつかせないのが素晴らしい。近日中に他のメニューも試してみなければと思っています!


「更科食堂」 わざわざ行く価値のあるお蕎麦やさん
三笠市幾春別町1-174 01267-6-8323

おすすめ 「もりそば大盛り」

かつて炭坑で栄えた町の面影をのこす幾春別。
この一角に、車と人でにぎわうレトロな建物。昔は旅館だったのでしょうか?
最初の戸を開けると、左右に同じ扉が一つずつ。
細長い空間でしばし悩んでしまいますが、どちらを開けても、出る部屋は同じ、
そこがお蕎麦屋なのです。
私が訪ねたのはお昼時で、満席の10分待ち。
多くの人が食べていたのは、「もり」! 私も注文して正解!
細く上品な更科のそば、堅めのゆで加減、
そしてほどよくからむ、だしのきいたつゆ。
量は少な目なので、大盛りをおすすめします。
ちょっとだまっちゃうくらい、おいしいですよ!
わざわざでも出かける価値ありです。

おすすめ 「天ぷらそば」

具は刻んだほうれん草だけというかき揚げが、風味豊かなかつおだしのつゆの上にのったもの。
かきあげはサックサクで、ほうれん草が、甘く、ほろ苦く、これは何?というおいしさ。
もりにするか、天ぷらにするか、悩ましいことです。
この悩みを解決する「かき揚げせいろ」なんてあったらうれしいな!
温かいつゆの上に小さめのかき揚げをのせ、このつゆで、冷たいもりをいただく、うわ!おいしそう!!
でも今はとりあえず、おなかを空かせて、もりと天ぷら、両方食べてみてください。
2005.7.1追記


うれしいことに、更科食堂さんから、メールを頂きました。
以前は、旅館だったのかもと書きましたが、
実は割烹だったそうです。(なるほど……)
二階には部屋が8つもあり、
戦前は地方巡業に来た歌手や芸人さんを泊めたこともあるんですって。
なんだか、いい話ですね。
今は、三代目さんが家族の協力のもと、そばを打っているとのこと、
またまた、食べに行きたくなってしまいました!!あの大もり!!!
メールありがとうございました。
2005.2.10追記


「リストランテ テルツィーナ」 本格派のイタリアンレストラン
札幌市中央区南2条西1丁目 アスカビル2F 011- 242-0808
URL:http://www.terzina.com/index.html

おすすめ 「冬カブのポタージュ」 白金豚のリエットと一緒に

札幌は西に行くほど、店も住宅も高級なイメージがあるのですが、
ぎりぎり西一丁目というブロックにこのようなレストランがあるとは。
ビルのエレベーターを降りるとそこは別世界。
特別な日を感じさせる豪華さと温かさが同居したインテリア。
スタッフの表情が緊張を和らげてくれます。
料理は、本格派のイタリアンですから、コースで味わうことをおすすめします。
3週間イタリアでグルメ旅行をしてきたイギリス人の友人が
「イタリアのレストランとナニモカワラナイヨ!」と喜んでいました。
冬かぶのポタージュはかぶの生臭みがなく、甘みとこくだけが口の中にひろがります。
まずはリエットをまぜこまず、ポタージュだけでどうぞ!冬という季節を過ごす喜びを感じます。


「なつ石」 お料理がおいしい居酒屋
札幌市白石区東札幌2条2丁目ラ・メール札幌2階 011-824-6970

おすすめ プレーンオムレツ

自家製しめ鯖、ビーフシチュー、マーボ豆腐と、
節操ないほどメニュー豊富で、びっくりするほど何でもおいしい!
マスターは一体何時間かけて下ごしらえをしているのであろうか・・・。
そんな中、注文から5分で出てくるプレーンオムレツに涙・・・。
バターの香り、ふわふわ&しっとり感、ほのかな甘味・・涙。
好きでも嫌いでもなかったオムレツが、大好物になりました。


「ピッツァローネ」 ピザがメインのイタリアンレストラン
札幌市南区南1条西22丁目2-11 011-633-0848

おすすめ 「ピッザ」

店のシンボルは、黄色の石釜。
もっちりとしたおいしいピッザを焼いてくれます。
私はマルゲリータが一番好きですが、
季節の味をのせたピザもおすすめです。
コースを頼むと、ピッザを中心に、ほどよい量のイタリアンが
おいしく、楽しく、おしゃれに出てきます。
Copyright © 2004 Iori Igarashi All Rights Reserved.
当サイトに掲載の記事・写真など、掲載内容の無断転載を禁止します。
すべての内容は日本の著作権法ならびに国際条約により保護されています。
有限会社オフィスパレット 会社概要