〜CILSを受験する〜
CILSって?

Universita' per Stranieri di Siena(国立シエナ外国人大学)主催のイタリア語検定試験。
〔他にはローマ第3大学のIT、ペルージャ外国人大学のCIC(ビジネスイタリア語検定)などがある〕
CILSは6段階に分かれていて、基礎レベルのA1・A2、中級レベルのUNO-B1・DUE-B2、上級レベルのTRE-C1・QUATTRO-C2。
---Livello A1---
 基礎レベル。日常的な簡単な表現を理解し使える。
 自己紹介や他人の紹介ができ、個人的な話題について質疑応答ができる。
 語彙は約850単語出題される。学習時間の目安は50-100時間受講したレベル。
---Livello A2---
 基礎レベルだがA1より幅広い文法、語彙能力があるレベル。
 家族や仲間の話題で簡単に理解し表現できる。
 語彙は約1200単語出題される。学習時間の目安は100-150時間受講したレベル。
---Livello UNO-B1---
 初級から中級のレベル。
 自主的にイタリア語を使ってコミュニケーションが取れる。
 日常生活の場面で適切な言葉を使える能力を証明する。
 問題なくイタリア旅行ができる。学習時間の目安は150時間受講したレベル。
---Livello DUE-B2---  中級程度。勉強や仕事の関わりで的確に意思伝達ができる能力がある。
 合格者はイタリア大学入学時のイタリア語試験を免除されることもある。
 学習時間の目安は250-300時間受講したレベル。
---Livello TRE-C1---  上級レベル。広範囲でイタリア語を使え、伝達内容の文脈を理解できる。
 日常生活のみならず公式な関係や仕事上の関係でも意思疎通ができる。
 状況に適したイタリア語を使え、イタリア企業等を相手に話したり文章を書く能力がある。
 学習時間の目安は400-500時間受講したレベル。
---LIVELLO QUATTRO-C2---
 翻訳や通訳の仕事ができるレベル。
 イタリア語を自由自在に使いこなす実力を持つ。
 外国人にイタリア語を教えることができるレベル。
 学習時間の目安は750-1000時間受講したレベル。

2005.1.中旬
CILSを受験する為に再びイタリアに戻って来ようと決心する。
2005.4.14
今回は90日間の予定で再度イタリア上陸。
2005.4.16
再びLANGUAGE.ITのお世話になることに。
事前にメールで先生たちとも打ち合わせはしていたけれど、CILS用のプライベートレッスンの相談と平行して5月からグループレッスンも受講することを話し合った。
2005.4.18
学校でCILSの申し込み用紙をもらう。シエナ大学のサイトからダウンロードできる。
試験の30日前が締め切りなので4月中に申し込むように言われる。
2005.4.27

郵便局で受験料100euro (Livello UNO)を振り込み、Imposta di bollo 11euroを購入。

2005.4.28

申し込み用紙と振り込み用紙の半券、パスポートのコピー、Imposta di bolloをシエナ大学宛に郵送する。

2005.5.17
何も連絡がないのでシエナ大学に確認のメールを送る。
2005.5.25
メールの返事も来ないので電話で問い合わせる。
担当者がもう帰ってしまったので(まだ4時頃なのに…)明日の午前中かけるように言われる。
2005.5.26
担当者から試験場所と時間を聞く。メールも送ったと言われた。
2005.5.27
やっぱりメールが来ないので確認すると向こうがアドレスを間違えていた。
「piccoloXXXXX@.....だろ?」「piccolinoXXXXX@.....です!」やっとメールが届いた。
2005.6.6
試験当日。この日の出来事はblogを読んでください。
そういえばCLISの受験って当日まで受験番号がわからない。
2005.9.下旬
試験の日に「9月下旬にネットで結果が見れます。郵送は10月です」と聞いていたのでサイトで確認したけれど、空欄のまま。
2005.10.上旬
再度確認しても空欄のまま。
というかここには何が入るんだろう?点数?○×?
なんとなく全滅のような気もして来たので確認をやめてしまった。
2005.10.29
Milanoに住む友人から「先生たちが結果はどうだった?って聞いてるから教えてあげて」というメールが来たので、再度ダメもとで確認してみた。
するとちゃんと点数が入っている!
Ascoltare以外はパスしていた。
じゃあ次回の12月の試験でそれだけ受験し直せばいいんじゃん!!
2005.10.30
イタリア文化会館に試験申し込みの締め切りを確認する為に電話をかける。
日本では試験の45日前に締め切るので12月分はすでに締め切られていた…。
ということはラストチャンス、2006年6月を受験してパスしないと他のパスしている分が無効になってしまう…。
2005.12.31
10月に発送すると言っていた結果が郵送で送られて来た。
2006.3.27
イタリア文化会館に出向いて過去問をコピーさせてもらったりする。
2006.3.28
受験申し込み。
申し込み用紙とパスポートのコピー、受験料(1科目だけなので)3400円を渡し完了。 日本でも受験票とかはなく、メールにて試験日や時間のお知らせは来るらしい。
 

以降継続中。進展次第、記入予定。