たのんで納得 満足度120%のサービス内容        電話受付時間 平日9時〜19時
社会保険加入・労働保険加入   03(3326)4864
入社・退社時の保険加入手続 4,800円〜, 新規適用 39,800円〜        ただいま『創業支援』価格コミコミ88,800円
Home
見て納得!手続き価格一覧
 実は労働保険は…
 実は社会保険は…




 
  中小企業社会保険手続
       サポートセンター
  (やすい社労士事務所内)
〒157−0064
東京都世田谷区上祖師谷1‐3‐21
コーポ水無月103号
TEL:03−3326−4864
FAX:03−6909−1159



社会保険加入・労働保険加入なら
やすい社会保険労務士事務所
入るとオトク  賠償編
入るとオトク 助成金編

そもそも労働保険ってなに?
労働保険は以下の2種類。どのような形態で会社が人を雇用しているのかで、加入状況は異なります。


 労災保険(労働者災害補償保険)は従業員の方が業務中にケガなどで負傷してしまった(業務災害)時に、労働基準法で会社に支払う義務があるとされている、治療費や休業中の給与などの費用を国の労災保険が肩代わりしてくれるというものです。
 さらに通勤途中の事故(通勤災害)についても労災保険から給付が行われます。
法人、個人を問わず労働者を1人でもたとえ、1時間でも雇用した場合は必ず加入しなければなりません。

残念ですが社長などの経営陣は労働者ではないので、労災保険には加入できませんが、特別加入をすれば加入できる場合もあります。


 雇用保険は労働者が失業してしまった場合に失業給付を受けるだけと思われていますが、実際には他にも色々なメリットがあります。
 労働者としては、妊娠、出産や高齢なで労働能力が低下してしまった時に給付を受けられるというメリットもあります。
(具体的には高年齢雇用継続給付や育児介護休業給付など)

 会社としての最大のメリットは助成金の受給です。雇用保険料が本人負担額より会社負担額が多いのは、その差額が助成金などに充てられているためです。なので助成金を受給するときは必ず、毎年の労働保険料を正しく納付しているか確認の資料の提出を求められます。


雇用保険に関しては1週間の労働時間が20時間以上で31日以上雇用見込みの方のみが対象になります。また1週間の労働時間が20時間未満の場合は本人が希望しても加入することは出来ませんので、ご注意ください。

助成金・起業・オリジナル就業規則の作成・早くてミスのない給与計算・モレのない労働保険と社会保険の新規適用・手続きなら
やすい社会保険労務士事務所   〒157-0065 東京都世田谷区上祖師谷1‐3‐21‐103(千歳烏山駅徒歩11分)
tel:03(3326)4864 Fax:03(6909)1159
 世田谷区・杉並区・渋谷区・新宿区・目黒区・大田区・調布市・など23区・東京都内・埼玉県・神奈川県(横浜)・千葉県
Copyright(C) 2009 yasui4864office All Rights Reserved.)