ネット株初心者の株式投資ガイド > 信用取引をする2
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。すぐに株をはじめるための基礎知識
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド



信用取引の注意点


信用取引で気をつけること?



 

 信用取引で気をつけることは、追証です。追証とは信用取引で一定以上の評価損が発生した場合に、追加で振り込む必要がある資金のこと。大きな取引をすると株価の少しの変動ですぐに追証になります。信用取引をするときは、1銘柄に目一杯資金をつぎ込んではいけません。ご注意を。追証になりやすい取引は、資金の全額を信用買いで1銘柄につぎ込むことなどです。


信用取引は借金で取引するのと同じです。借りたお金で取引しているために余計な費用もかかります。株は焦ると失敗をすることがよくあります。気持ちが落ち着いていないと的確な判断にブレが生じやすくなります。

ただ、信用売り(空売り)は通常の現物株では経験できません。有利な投資をするためには空売りはいつでもできる状態にしておき、信用買いはいざというときにのみとっておく。信用取引は費用的、時間的な制約も付きまとう一方で、上手く付き合うと利益も大きくなる可能性も秘めています。

全力での信用取引は悲惨な結果をもたらすことがあります。信用取引をするつもりなら心の余裕を残した取引をお勧めします。



デフォルトとは

東京証券取引所などで実りある時を満喫する為には 常に最悪の事態を考えることです。

はじめは上手くいかないもの。 お金がなければゆとりある生活は望めないといわれている。

どうすることもできないと諦めますか。 後は貴方が決める事。 心から笑える日を迎えるためには 5年後の成功を想像すればいい。

あなたには限りない可能性がある。

デフォルトとは


わからない株用語があれば こちら からご質問ください