ネット株初心者の株式投資ガイド > 取引日記をつける 2
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。デイトレードで編み出した錬金術を紹介
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





取引日記をつけなかったらどうなるの?



 

大工などの職人が一人前になるまでに1ヶ月で何とかしようと思っても到底無理な話。そんな早く一人前になれるはずがありません。料理人でも、営業マンでもどんな職業でも短期間で一人前にはなかなかな難しいものです。

先輩や周りの人からいろいろ教えてもらい反省を繰り返し徐々に実力がついてくるというのが普通の考え方ではないでしょうか。先を急がず地道に取り組むことで次第にできるようになってくる。株取引でも同じです。株取引をするときにあなたの取引を注意してくれる人はいますか?

あなたの周りに株取引の熟練者がいればその人がみっちり教えてくれるかもしれません。しかしそんな恵まれた人はあまりいないはず。あなたが一人前の株取引をするためには誰にも聞くことなく自分で考える必要があります。

誰にも頼ることができないと嘆く必要はありません。あなたにも上達するチャンスは残されています。株取引であなたの失敗を教えてくれるのは株式市場です。株式市場があなたを鍛え実力に応じた報酬を支払ってくれます。もしあなたに実力がなければ多額の手数料をがっぽりとられますが。。。

取引日記をつける理由は、取引を改善し、利益を多くすることにあります。記録がつけられていないと失敗は何度も繰り返され、ただ時間とコストを浪費します。もし、100回同じ失敗を繰り返してきたなら、かなりのコストをムダに浪費してきたことになります。

せっかく最初の失敗で改善できる可能性があるにもかかわらず、それに気づかない。原因を突き止めなかったことで後々の取引も同じミスを繰り返します。今突き詰めておかないと後の数百回と起こるであろう失敗をすべて受けなければならなくなります。

記録をおろそかにするとどうしても利益に対する認識が低下します。失敗を記録すると、時間が経過したあとでも読み返せます。失敗を繰り返さないためにも記録を残すことは重要です。

適当な資金管理では運任せの取引になりがちです。勝っているときは記録を残すことは苦になりませんが、負けているとどうしても怠けがちになります。負けているときこそ記録を残すことは必要です。負けないように投資できるようになれば、あとは勝つしかなくなるのですから。



株価変動に対応しやすい証券会社とは

株の売買という資産運用が気になっているなら ビジネスの立場で考える事です。

上手くいかない事を、そんなにおびえる必要はありません。 昔は、もっといい生活を夢見てた。 この先に待っている未来に気づいているんじゃないですか。

希望に満ち溢れている方が良いに決まっている。 時間が財産だということに気づいているのなら 意識を変えてみればいい。 金鉱はすぐそこにある。

株価変動に対応しやすい証券会社とは


わからない株用語があれば こちら からご質問ください