ネット株初心者の株式投資ガイド > 株を始める7
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。デイトレードで編み出した錬金術を紹介
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





日経平均に連動した株って何?



 

日経平均とは、日本の上場企業の中で証券取引所に採用された225銘柄の平均値のことです。日経平均は多くの企業の株価に影響を与えます。日経平均に採用されている銘柄は日本を代表する銘柄が多く含まれています。トヨタ自動車、日清食品など業界のトップと呼ばれる企業ばかりです。

日経平均と同じ動きをする株であれば、個別銘柄に比べ多くのメリットがあります。売買のタイミングや倒産のことに気を配る心配がありません。初心者でもリスクを抑えた投資ができる魅力があります。

日経平均連動型の投資信託はETFとも呼ばれます。野村証券、大和証券、日興証券、などによって日経平均株価と連動するように作られています。ETFは普通の株と同様に、取引できます。証券口座を開設していれば、ETFへの投資をすぐ始められます。


株式市場で買い付けできる投資信託は通常の投資信託よりも取引コストが割安です。通常の投資信託の購入手数料は通常2%程度です。投資額100万円なら2万円にもなります。ETFなら投資額100万円でも数百円です。投資信託の手数料は、購入手数料のほかに信託報酬もかかります。

信託報酬とは投資信託の維持費です。毎年1.5%ほどかかります。これがETFなら0.5%ほどになります。ETFのメリットは分散投資と割安なコストです。上場している投資信託には、日経平均に連動しているETFのほかに指数連動型もあります。電機株に連動するものです。

連動株の場合は十数万円の資金が必要とです。日経平均と同じ動きをするものには日経平均先物というものもあります。日経平均先物では千数百万円の取引が100万円以下の資金で取引できます。将来大きな資金を動かしたい人には先物取引も魅力ある投資先かもしれません。


乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ

日興証券などでの株情報に惹かれているなら 戦略的になることです。 はじめは上手くいかないもの。

疲れきった毎日からは、ゆとりなどありえないという事実 少しの環境の変化ですべてが変わることを手にいれてみませんか。

熱意に溢れているほうがよいに決まっている。 夢を現実にするためには あきらめない心を持てばいい。 市場で宝が待っている。

乱高下にも対応しやすい証券会社のひみつ


わからない株用語があれば こちら からご質問ください