ネット株初心者の株式投資ガイド > 株をはじめる14
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。デイトレードで編み出した錬金術を紹介
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド






 

2002年ノーベル経済学賞を受賞した行動心理学者ダニエルカール教授によると、


「人間は利益を得られる局面ではそれを確実にしようとする
傾向があるが、損失を抱えていると挽回を待つことで
さらに大きなリスクを取ってしまう」



つまり人間心理の特性上目標をはっきり決めていないと、利益が小さく損は大きくなってしまうそうです。投資はすべてが上手くいくことはほとんどありません。確実でないからしっかりとしたスタンスを持っていないとすぐに流されることになります。

買った銘柄が下がり始めた。底値で買えば買値単価を下げられると考え、さらに追加買い。しかし株価はどんどん下落する。最後は大きく抱えた持ち株を投売りという羽目に。。。

含み損を出したときは買値まで戻ってから売ろうとする心理が働くため冷静さを失うことが多くなります。取引になれた投資家であっても大損するときはあります。

含み損の状態では、焦りから普段しないミスを連発、取り返そうとするあまり、なんぴんを繰り返す、などをしがちになります。なんぴんは、想定どおりであれば、問題ないのですが、損失が膨らみどうしようもない状態になってからするなんぴんは最悪です。

たいていの場合、底で買いなおすというよりもただ平均単価を下げたいがために、追加買いを決意します。なんぴんにより大きく抱えた状態では少しの値動きにビクビクし、的確な判断を下せず大損というパターンになりがちです。

株価は思い通りに動かないものと覚悟を決め、冷静に見ることが必要なのかもしれません。


致命傷を負わない方法とは

株式投資を楽しくするためには 知識を増やすことが大切です。 はじめは上手くいかないもの。 生活に満足感なんてまるでない。

何とかしなければならないと思いませんか。 経済的にゆとりがある方が良いに決まっている。

ボーナスが減額されても、困らないためには 粘り強く行動すればいい。 資産運用で変えてみよう。

致命傷を負わない方法とは


わからない株用語があれば こちら からご質問ください