ネット株初心者の株式投資ガイド > 株を始める15
零からはじめる外貨投資
株初心者のための入門講座。デイトレードで編み出した錬金術を紹介
ネ ッ ト 株 初 心 者 の 株 式 投 資 ガ イ ド





損した場合の精神状態ってどうなるの?



 

株で損をするとストレスでまともな判断をできなくなることがあります。心理学でも極度のストレスを受けると客観的に物事を捉えることができなくなるという現象があるといわれています。

含み損が大きくなるとパニックを起こすことがあります。上がるはずだと思って買っている株価がミルミル下落する。自信たっぷりで買った期待は見事に裏切られます。自信をなくした投資家はもうすぐあがることを夢見て、いつしかお祈りを始めます。

祈った所で株価が上がるはずもありません。株価はひとの都合など考えて動いてくれないのですから。投資家が取れる行動は、買う、売る、様子見、保有だけです。もしあなたが株価が上がるように祈っているとすれば、気づいてください。祈りはパニックを起こしている証拠です。

含み益があるのと含み損があるのでは精神状態に雲泥の差があります。 もし予想の範囲を超えて下落ている場合、株価を見ずに逃げたくなるかもしれませんし、株に手を出したことを後悔するかもしれません。 しかし、逃げだすのなく現実に立ち向かう。

これができるかどうかで更なる悲劇からのがれるかどうかはきまります。買った株が下がりはじめた時にどれだけ早く売れるかが株式市場で生き残るコツです。買った値段を考えずに下がり始めたら売ることだけを考えることで冷静な判断ができる筈です。

何度も経験することで少しずつできるようになるよりもはじめからどういう気持ちになりどう判断したらいいかを想定しておくことで大損する可能性を少しでも減らせます。信用取引をしている場合は特に厳密に損きりをしないと1度の失敗で取り返しのつかないことになります。

こういう私も何度含み損状態で冷静さを失い、大損したことか。何度経験しても絶対に大損しなくなるということはないかもしれませんが、冷静を心がけることは株取引をする上で必要なことのひとつです。


致命傷を負わない方法とは

三菱証券で資産運用を成功させたいとおもうなら 知ることに力を注ぐことです。 真剣であればどんな壁でも開かれます。

お金のない人生に希望はあるのだろうか。 この先に明るい未来は感じられますか。 やってすぐできることなんて少ないはずです。

努力をせずに祈ることが多いと気づいたなら 自分にシビアになればいい。 株の購入は

致命傷を負わない方法とは


わからない株用語があれば こちら からご質問ください